スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄返還から普天間基地首相退任まで時代のうねりを越えて「沖縄食堂」早稲田

2010年06月08日

思えば、このお店を私が1月末に訪ねたころには、
普天間基地問題で名護市は大揺れに揺れていたわけですが、
そのときは新聞の記事で目にする遠い場所の出来事でしかなく、
私の頭の中は、
「マクロビ風の沖縄そばってどんなものだろう」という素朴な疑問で
占められていたのでした。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

最近近場の国内出張をするようになって気づいたのだけれど、
屋根って、地域によって結構特徴あるなあ。
沖縄は、もともと違う王国だっただけあって、独特。
↑これが伝統的な沖縄建築なのかは分かりませんが。。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

奥に細長い店内の壁には選挙ポスターがかかり、
天井からはライトのコレクションがぶら下がり、
眺めていて飽きません。

↓お、奥のホウレン草の箱の下に、中野サンプラザのサイン色紙みっけ!
さすが、ベジタリアンロッカー、ディープなマクロビスポットには出没済み。


▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo




店内入口付近は、私物らしきものも積み重なっていて、
じろじろ見るのが憚られましたが、
こういうごちゃごちゃした雰囲気は一朝一夕で醸し出せるものでもないので
ある意味、貴重。

例えば、外国人の方なんかは、おしゃれできれいなお店よりも、
こういうアットホームな場所をすごく喜んだりするし、
覚えておこう。

本棚とジャケットの陰から垣間見えるのは、
リマクッキング(マクロビオティック調理教室)の師範科修了証です。

ここは、
長年同じ場所で営業し続けてきた女性店主の仕事場でありつつ、
自分の信念や想い出の詰まった
プライベートスペースでもあるのかもしれません。


▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo


▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

カウンターの厨房側で一際目立つ、黄色くハイライトされた手書きの文章。
「1972年5月15日沖・・帰(本土返還)が果た・・・
それを記念して、OKIS・・月15日に沖縄そば・・・ます。」

肝心のところが読み取れませんでしたが、40年近く前の沖縄返還の重みを
忘れまいとする店主の思いが伝わってきます。

さて、肝心の沖縄そばの登場。
玄米だったか七分づきだったか失念しましたが、
(マクロビ系だから、おそらく玄米かな)
ご飯がついたセットです。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo_

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

おそばというより、うどんに近いかな。
麺はしっかりした太さとコシで、汁はあっさり。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

店主のおばさんは、愛想をふりまくタイプではないようなので、
「ベジ対応に・・・」と頼むのを一瞬躊躇してしまうかもしれませんが、
↓ ほら、きちんとヴィーガン向けのはり紙もしてあるので、ご心配なく。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo


こういうお店が時代の波にのまれず、何十年も残っているというのは、
移り変わりの早い東京で貴重な存在ですね。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo


沖縄返還どころか、普天間基地問題さえもほとんどフォローしていなくて、
はっと気づいたら、8ヶ月で首相退任という事態に及んでいたことに呆然。
自分の不勉強を反省して、
ここのところ2ヶ月に一度くらいしかつけなかったテレビを見る頻度を
意識的に少し増やして、NHKのニュース特集などを見るようにするつもり。

先日見た番組では、元外交官の岡本行夫さんが、
歴史の重みを踏まえつつ、感情論でない正論を述べてました。
小泉内閣でイラク問題の総理大臣補佐官をされていたときに
生のトークを一度聞いたことがあるのですが、
そのときも明確な論調に感心したことを思い出しました。
ま、私はその分野のド素人なので、論点がずれていても見分けつかないのでしょうが。

うわ、ラスプーチン佐藤優とこんな対談本を出している。
こ、濃さそう。。。
文庫か新書サイズだったら読むけどなあ。

■知の超人対談―岡本行夫・佐藤優の「世界を斬る」 (単行本)



沖縄食堂 (沖縄料理 / 早稲田(都電)、早稲田(メトロ)、面影橋)
★★★☆☆ 3.0


ふらりと気楽に大衆台湾素食料理「健福|Chien-fu」(立川)

2010年06月02日

年に一、二回、立川に行く用事がありつつ、
立ち寄る機会を逃していた「健福」で
ようやく今年の1月、食事をしてきました。

駅に直結したビル、グランデュオ立川の中にあるということは知っていたけど、
グランデュオの7階が「立川中華街」という中華料理店のモールになっているとは
足を踏み入れるまで、まったく予想だにしませんでした。



横浜中華街とはもちろん比べようもないけれど、
でも商業ビルの利用として、こういうテーマモールっていいかも!
ただ、食事は一度に数カ所立ち寄ることは普通ないだろうから、
古本屋モールとか、古着屋モールなんかがあればいいのに。
(あ、古着モールは下北沢にそれっぽい場所があったかも。)

なんてこと思いながら、フロアをぐるっと一周したら、
「健福」にたどりつきました。



私の目は、店の外に陳列されているメニューサンプルにくぎづけ!



うわ、これも、あれも、全部ヴィーガン!?
ま、迷う!と入店する前から舞い上がる。
実際には、ここに収まりきらない数のメニューがあります。



店内入口付近のカフェ風テーブルは、残念ながら喫煙席。
左奥に禁煙席のテーブルがたくさんあります。



スイーツがついてくる麺セット(確か酸辣湯麺)を頼んだら、
おっきな器にあふれんばかりの大量の麺!
けちけちしていないからなのか、雑だからなのかは受け止めようですが、
私はこの盛り付けセンスに異国情緒を勝手に嗅ぎ取りました。



具材の戻し加減など、全般的にややテキトーなところもありましたが、
そのいい加減さが気楽で、私の性分には合いました。
イカもどきやハムもどきなど、大豆加工食品のリアルさはさすがにすごく、
ここでの驚きが、横浜中華街の「ばんわろう」へ足をのばすきっかけとなったのでした。





麺の量は多かったですが、予想していたより重たくなく、するするっと完食。
スイーツは、見た目に反して、ものすんごく甘くて、
甘い物がそれほど得意でない私には完食無理でした。
台湾はトロピカル風土だから、スイーツは徹底的に甘いのね、と学習。

わざわざここで食事をするために立川に行く事はないだろうけれど、
こういう大衆的なべジ料理店が下北沢の駅近く、
たとえば、北口のピーコックのビルの2階の中華料理店のあたりにあれば、
絶対常連になるのになー。


去年、お店がレシピ本を出していて、
これからも積極的に展開しそうな雰囲気なので、
下北沢店もあながち夢でない!?

■医食同源!台湾式菜食レシピ--素食レストラン「健福」の野菜たっぷりベジ中華 (単行本(ソフトカバー))

健福 グランデュオ立川店 (台湾料理 / 立川、立川南、立川北)
★★★☆☆ 3.0

いつ行っても落ち着くミニカフェにイートイン空間拡張「kanbutsu cafe|カンブツカフェ」代々木上原

2010年06月01日

代々木上原のカンブツカフェのビル3階の料理教室が、
いつのまにか広々としたイートインスペースに変身していました。



カフェキッチンとテイクアウト&カウンター席の店舗は今まで通り1階で、
外の階段・エレベーターを使って3階にあがるので、
母屋と離れのような関係です。

かなり悠々とした空間なので、ちょっとしたイベントにも使えそう。
あ、やっぱりレンタルスペースとして貸し出ししてる★
靴を脱いで上がるので、床がすごくきれいで、ヨガなんかもできるね。




kanbutsu cafeのメニューは、ヴィーガンよりベジタリアン寄りで、
乳製品や卵を使っていますが、
頼めば快く丼の卵を抜いてくれるし
ヴィーガンメニューもあります。
出汁は確認したことないので、気になる方は聞いてみてね。

この日、私は車麩の丼(卵抜き)を注文。



丼というより、少し大きめのお茶碗サイズだけれど、
トロンとしてジューシーな車麩は濃厚で十分満足!





私実は2年ほど前ここで、
タカコナカムラ先生からヴィーガンお節料理を習いましたが、
ダイナミックかつ示唆にとんでいて、とてもおもしろかったですよ。
今は西馬込と福岡でスクールをやっているみたいです。

お、新しい本も出版されてて、
相変わらずエネルギッシュに活動中のご様子でなにより。

■“Kanbutsuカフェ”の魔法のレシピ ~乾物のススメ~ (大型本)


せっかくなので、kanbutsu cafeの1階の店舗カフェスペースもご紹介。
ビルは、代々木上原駅の目の前なので便利。


以下の写真は、お店が開店した年(2007年)に撮ったものなので、
多少ディテールは変わっているかもしれませんが、基本的な雰囲気は同じです。



一人だったら、このカウンターで十分。



3階スペースで食べたいといえば、案内してくれますが、
最初に書いたとおり、1階と直結しているわけでないので、
注文してから食事が運ばれてくるまで時差があります。

カフェなんだけれど、乾物をテーマにしているだけあって、
筆書きの値札など、どことなく和風で落ち着く。
乾物だけでなく、メープルシロップや本格カレースパイスなど、
調味料の物販も充実しています。




2007年の冬に訪れた日は、
こんな素敵な野菜クラッカーが期間限定で売られていました。




Kanbutsu Cafe (カフェ / 代々木上原、代々木八幡、代々木公園)

★★★☆☆ 3.5

ミッドタウンの癒し系物件に入居したての新顔「uKafe」(六本木)

2010年05月31日

六本木ミッドタウンにベジっぽいカフェができてたよ、
と情報をキャッチしてくれた友人と行ってみました。

ちなみに、
以前取り上げた「Salon de Shu Sanctuary」があった場所だそうですが、
マクロビスイーツも取り扱っていたらしいシュウウエムラのカフェレストランは
結局未訪問のうちに閉店してしまいました。




さて、開店したばかりのuKafeは、さほど広くないけれど、
屋上の緑を臨む一面の窓と、木の枠棚に囲まれたスペースは明るくてすっきり。



北欧風という分類に入るのかな。
広々とした木のテーブルに、何一つ余計なもの置いていないのが、
潔くて気持ちよく、
棚の上の雑貨も、可愛いすぎなくて良い。



べジカフェではないけれど、日替わり玄米ランチセットがあるからそれを、
と思っていたのだけれど、
日曜日だったので、セットメニューはありませんでした。

そこでアラカルトの玄米サラダを注文。




色鮮やかでオシャレ。
ちょっと量は少なめかな。
ノンベジの友達が頼んだサンドイッチもお上品サイズで、
六本木の場所代上乗せだね、と大食いの遠吠え。

ドリンクも別料金なのが痛かったですが、
このアボガドスムージーは濃厚で満足。




屋上の緑と、連立するビルの風景は、限りなく人工的だけれど
人間の創意工夫の跡なわけだし、私は嫌いじゃないな、と思った。

友達とのおしゃべりランチはもちろん、
一人でぼーっとするのにも向いてる空間です。
でも、そんな客ばかりでは、ミッドタウン級家賃は厳しいのでは、
とお店の心配をしてみる。

ミッドタウンの中でも少し分かりにくいところにあるし、
単発のお客さんだけでは、ちょっと大変かと察します。
そこで提言。
ここは、積極的にイベントに活用してもらうべし!

在日外国人の方が経営する、青山にあるPink Cowというお店は、
ほぼ毎晩のように、いろいろなイベントの会場に使われていて、
一ヶ月に一度ほど、ヴィーガンビュッフェパーティの会場にも使われています。
このパーティに私もたまに行くのですが、
最近はなんと60人前後のべジ・ノンベジな人が集っておおにぎわい!
通常はノンべジの飲食スペースなのだけれど、ヴィーガンパーティのときだけ
完全ヴィーガンのビュッフェを出してくれます。

Pink Cowよりは断然、uKafeの方が場所もインテリアセンスも上級なので、
あとは単発客に頼らない、人集めの工夫な気が。

せっかく立ち上げたこの素敵な空間が、長く続きますように!

ukafe (カフェ / 六本木、乃木坂、六本木一丁目)
★★★☆☆ 3.5


アロマの香りに包まれたべジ料理「メリッサ・オーガニックカフェ」日本橋

2010年05月25日

メリッサというベジなお店(同姓同名だけど別人)が、以前は二つあったのですが、
新しかった神谷町の方が閉店してしまい、
現時点では、メリッサといえば日本橋のこのお店です。

▼Melissa|メリッサ▼Melissa|メリッサ

凍えるような寒さの中、訪れたので

(と今日のような夏日に書くと、すごく違和感ありますね・・・
やっぱり、行ってすぐ更新しないと迫力?半減だわ。)

あったかい暖色系の店内がすごく心地よく感じました。

▼Melissa|メリッサ

奥のピンクの壁に座って、入口と厨房カウンターの方を向いた図。

とってもガーリーですが、私が最初に訪れたときは、
なんとお一人さまの男性が2人、あとから入店されてました。
常連さんが多いようです。

「なんと」なんて言ってはダメですね。
男女、べジノンべジ関係なく、べジな料理を楽しめるお店があることを、
特別視せず、さらっと流せるのが理想!

▼Melissa|メリッサ

一度度目に食事したときは、豆乳リコッタドリア。

▼Melissa|メリッサ

▼Melissa|メリッサ

他のお店や料理教室で、
ハイレベルな豆腐クリームを駆使したドリアやラザニアなどを食べたことがあるので、
このドリアの「豆腐乗せ」は工夫の余地あるかなあ、と思いました。


二度目訪れたときは、キッシュを注文。

▼Melissa|メリッサ

アスパラの先っちょって、万年筆みたいでかっこいいよね。
野菜の味を引き出すだけでなく、
見た目の個性も生かした料理を作れるようにいつかはなりたいなあ、
なんて妄想。

今写真見て思い出したのだけれど、キッシュを包んでいるのは玄米だ。
フィリングは美味しかった記憶があるけれど、玄米皮はどうだったけかな。
上手く焼かないと、硬くなりすぎる気もするけど、
アイデアとして真似たい。

ところでこちらのお店、実はアロマセラピーのカフェ版、という位置づけなので、
お料理はどれも、アロマな味がします。
一度食べれば慣れるけれど、不思議な経験でした。

このクッキーも、ちょっと不思議ちゃん。
スピルナという「熱帯性の藻類(wikipedia)」のクッキーだそうです。
▼Melissa|メリッサ▼Melissa|メリッサ

栄養補助品として日本の会社が開発したようです。
クロレラみたいな感じかな。



カフェの入口は明るいキュートなイラストで飾られています。
▼Melissa|メリッサ▼Melissa|メリッサ

カフェのお隣の、クールでキュートなドアはメリッサ鍼灸室の入口!

▼Melissa|メリッサ

このさらに手前に戻って、角を曲がると、アロマのお店があります。

オーガニックカフェ・鍼灸室・アロマの3つとも、メリッサです。
結局、メリッサは一つでは治まらない運命なのかも!

どうもアロマが一番核のようで、
質にかなりこだわったアロマオイルを取り扱っているようです。

▼Melissa|メリッサ




Melissa organic cafe (カフェ / 三越前、新日本橋、日本橋)
★★★☆☆ 3.5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。