スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふらりと気楽に大衆台湾素食料理「健福|Chien-fu」(立川)

2010年06月02日

年に一、二回、立川に行く用事がありつつ、
立ち寄る機会を逃していた「健福」で
ようやく今年の1月、食事をしてきました。

駅に直結したビル、グランデュオ立川の中にあるということは知っていたけど、
グランデュオの7階が「立川中華街」という中華料理店のモールになっているとは
足を踏み入れるまで、まったく予想だにしませんでした。



横浜中華街とはもちろん比べようもないけれど、
でも商業ビルの利用として、こういうテーマモールっていいかも!
ただ、食事は一度に数カ所立ち寄ることは普通ないだろうから、
古本屋モールとか、古着屋モールなんかがあればいいのに。
(あ、古着モールは下北沢にそれっぽい場所があったかも。)

なんてこと思いながら、フロアをぐるっと一周したら、
「健福」にたどりつきました。



私の目は、店の外に陳列されているメニューサンプルにくぎづけ!



うわ、これも、あれも、全部ヴィーガン!?
ま、迷う!と入店する前から舞い上がる。
実際には、ここに収まりきらない数のメニューがあります。



店内入口付近のカフェ風テーブルは、残念ながら喫煙席。
左奥に禁煙席のテーブルがたくさんあります。



スイーツがついてくる麺セット(確か酸辣湯麺)を頼んだら、
おっきな器にあふれんばかりの大量の麺!
けちけちしていないからなのか、雑だからなのかは受け止めようですが、
私はこの盛り付けセンスに異国情緒を勝手に嗅ぎ取りました。



具材の戻し加減など、全般的にややテキトーなところもありましたが、
そのいい加減さが気楽で、私の性分には合いました。
イカもどきやハムもどきなど、大豆加工食品のリアルさはさすがにすごく、
ここでの驚きが、横浜中華街の「ばんわろう」へ足をのばすきっかけとなったのでした。





麺の量は多かったですが、予想していたより重たくなく、するするっと完食。
スイーツは、見た目に反して、ものすんごく甘くて、
甘い物がそれほど得意でない私には完食無理でした。
台湾はトロピカル風土だから、スイーツは徹底的に甘いのね、と学習。

わざわざここで食事をするために立川に行く事はないだろうけれど、
こういう大衆的なべジ料理店が下北沢の駅近く、
たとえば、北口のピーコックのビルの2階の中華料理店のあたりにあれば、
絶対常連になるのになー。


去年、お店がレシピ本を出していて、
これからも積極的に展開しそうな雰囲気なので、
下北沢店もあながち夢でない!?

■医食同源!台湾式菜食レシピ--素食レストラン「健福」の野菜たっぷりベジ中華 (単行本(ソフトカバー))

健福 グランデュオ立川店 (台湾料理 / 立川、立川南、立川北)
★★★☆☆ 3.0



コメント

  1. mogura | URL | -

    Re: ふらりと気楽に大衆台湾素食料理「健福|Chien-fu」(立川)

    つい先日、銀座松坂屋の地下で「健福」のお弁当を買って食べたばかりなので、立川中華街にお店がある知ってビックリ。お弁当のおかずで、特に感心したのは「酢豚」でした。ザ・大豆肉!なのに、食感を含めて、「酢豚を食べたぞ!」という満足感が・・・!超美味、というのではないけれど、低刺激でホッとする美味しさでした。

  2. suko | URL | F4JG/kx6

    moguraさん

    あ、そうそう、銀座松坂屋の地下にも出店していましたね。同じヴィーガンでも、チーズやアイスクリームなど乳製品の代用品の開発に情熱を傾けるアメリカ人、そして大豆肉の世界をとことん追求する台湾人、ほんとお国柄が出ておもしろいなあ、とつくづく思います。日本は普通に和食の原点に戻れば、ほぼベジタリアンなので、ある意味かなり自然体かも?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/639-8a2b0048
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。