スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつ行っても落ち着くミニカフェにイートイン空間拡張「kanbutsu cafe|カンブツカフェ」代々木上原

2010年06月01日

代々木上原のカンブツカフェのビル3階の料理教室が、
いつのまにか広々としたイートインスペースに変身していました。



カフェキッチンとテイクアウト&カウンター席の店舗は今まで通り1階で、
外の階段・エレベーターを使って3階にあがるので、
母屋と離れのような関係です。

かなり悠々とした空間なので、ちょっとしたイベントにも使えそう。
あ、やっぱりレンタルスペースとして貸し出ししてる★
靴を脱いで上がるので、床がすごくきれいで、ヨガなんかもできるね。




kanbutsu cafeのメニューは、ヴィーガンよりベジタリアン寄りで、
乳製品や卵を使っていますが、
頼めば快く丼の卵を抜いてくれるし
ヴィーガンメニューもあります。
出汁は確認したことないので、気になる方は聞いてみてね。

この日、私は車麩の丼(卵抜き)を注文。



丼というより、少し大きめのお茶碗サイズだけれど、
トロンとしてジューシーな車麩は濃厚で十分満足!





私実は2年ほど前ここで、
タカコナカムラ先生からヴィーガンお節料理を習いましたが、
ダイナミックかつ示唆にとんでいて、とてもおもしろかったですよ。
今は西馬込と福岡でスクールをやっているみたいです。

お、新しい本も出版されてて、
相変わらずエネルギッシュに活動中のご様子でなにより。

■“Kanbutsuカフェ”の魔法のレシピ ~乾物のススメ~ (大型本)


せっかくなので、kanbutsu cafeの1階の店舗カフェスペースもご紹介。
ビルは、代々木上原駅の目の前なので便利。


以下の写真は、お店が開店した年(2007年)に撮ったものなので、
多少ディテールは変わっているかもしれませんが、基本的な雰囲気は同じです。



一人だったら、このカウンターで十分。



3階スペースで食べたいといえば、案内してくれますが、
最初に書いたとおり、1階と直結しているわけでないので、
注文してから食事が運ばれてくるまで時差があります。

カフェなんだけれど、乾物をテーマにしているだけあって、
筆書きの値札など、どことなく和風で落ち着く。
乾物だけでなく、メープルシロップや本格カレースパイスなど、
調味料の物販も充実しています。




2007年の冬に訪れた日は、
こんな素敵な野菜クラッカーが期間限定で売られていました。




Kanbutsu Cafe (カフェ / 代々木上原、代々木八幡、代々木公園)

★★★☆☆ 3.5



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/638-3ef32da5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。