スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベイエリア】ヴィーガン・ホットドッグの遠吠え「Underdog」

2010年05月15日

半日の間にどこのベジを回るか迷ったけれど、ここは最初にホームページを見つけた時からかなり気になっていたので、市内の西端のサンセット地区で少し遠かったけれど、バスを乗り継いで行ってみました。

▼Underdog
▼Underdog▼Underdog


「アンダードッグ」って「負け犬」とか「試合で勝ち目がないと思われてるチーム」という意味ですが、ヴィーガンホットドッグ専門店というマニアックさをアピールしている明るさ。

6席ほどの日本基準でも小さな部類のお店ですが、専門店だけあってヴィーガンドッグの種類が豊富です。

▼Underdog

一人で店番をしていた、東南アジア系のイケメンティーンエージャーにおすすめを聞いたところ、「ポテトを混ぜた、新しい食感のホットドッグが美味しいよ。スパイスの入っている量で3種類選んで」とにこにこして説明してくれたので、ミディアムスパイシーにあたる、レッドペッパードッグを注文。

パンはライ麦か小麦の2週類。

しばらくすると、バンにベジソーセージを挟んで上に何ものっけないホットドッグをバスケットに入れて持ってきてくれるので、自分でピクルスやサワークラウト、玉ねぎ、ケチャップ、マスタードなどでアレンジ。
▼Underdog
▼Underdog
▼Underdog

ホットドッグの王道には、ぷりぷりで肉汁したたるソーセージが欠かせないというホットドッグファンからは批判がありそうですが、先入観を捨てれば、確かに魚肉ソーセージのような食感とたっぷりのスパイスの組み合わせで上手にホットドッグに仕上がってる。

▼Underdog▼Underdog

数年前にとった単発クラスで、ナカムラタカコ先生が「あらびきコショウを入れると、連想で肉っぽさが強調されるのよ」と言っていたのを思い出し、うなずきながら堪能しました。

このお店、そのまま下北沢に移植しても全く違和感なく繁盛しそう。

▼Underdog

鯛焼きや2店要らないから、誰かヴィーガンベジバーガーとかホットドッグも出す屋台のようなお店を下北沢でやってくれないかなあ。


住所: 1634 Irving St (17th Ave & 18th Ave)
         San Francisco, CA 94122
         Inner Sunset地区 【地図
電話:(415) 665-8881
口コミ(英語): Yelp

▼Underdog

ところで、ホットドッグと一緒に買った、このアガベドリンク。
白砂糖は使っていなく、ショウガ味なので、至ってヘルシーなのですが、
甘すぎっ!!!
おえっ、となって、ほんの少ししか飲めませんでした。。。


▼Underdog

▼Underdog

▼Underdog


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/632-6ed4e587
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。