スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶漬けのバリエーション「八十八楽・茶らく」都内あちこち

2008年04月16日

おにぎり屋さんがあり、けんちん汁の専門店があれば、

お茶漬け専門店があっても、確かにおかしくない。


おにぎり+お味噌汁とは、また違った、

さらさらっとした腹ごしらえができそう。




ありそうでなかった、

お米外食のこの切り口を思いついただけでも偉いと思うけれど、

都内に何店舗も展開し、

しかも丸っきりのファーストフード的な画一的なチェーン店というわけではなく

お店ごとに内装などは異なり、

定食感覚のお茶漬けを出す「お茶漬け膳」、

お寿司感覚のお茶漬けを出す「ひとくち茶漬け」、

さらに「創作茶漬け」

などと細やかにブランディングしているあたりに、

和の心が感じられて、応援したくなる。

screenshot-04_20080416215231.jpg


出汁は、かつおorとんこつなので、完全ベジの人は無理だけれど、

お茶漬けのトッピングは、梅、ザーサイ、岩のりなど、

おにぎりの具と同じく、そもそもベジなものが多い。

screenshot-05_20080416215242.jpg





お茶漬けだけでなく、お酒やサイドメニューもそろえているのが、

こちらの姉妹店。

九条ねぎとみょうがのゴマ昆布のお茶漬け、おいしそー。

screenshot-03_20080416215219.jpg




この一連のお店を経営している会社の経営理念がここに載っていて、

screenshot-07_20080416215548.jpg




「私たちは日本人です。
また、お客様の大部分も日本人です。
そのことを理解し、お客様に”日本人“という娯楽を楽しんで頂くための手助け(経験)を(提供)するのです。」

となかなか良いことが書いてあるのだけれど、

「お客様の大半は日本人」て決め込まずに、

もっと外人のお客さんにもお茶漬けでホッとしてもらえるように

英語メニューとか英語ホームページを作ればおもしろいのに。


でも、人にやれっていう前に、

自分ができることをやったほうが早かったりするから、

私はとりあえず、Sweet Earthの英語バージョンを

(そのうち、、春か夏かそのあたりには・・・)

作るぞ★





↑赤坂通り店と銀座本店は、朝の3時とか4時までやっているようなので、
 夜遊びしたときに役立つかも、と思ったら、ぽちっと。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/63-9afe9181
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。