スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリートにピザに、とどめは絶品ヴィーガンチチョコケーキ「DevaDeva Cafe」吉祥寺

2010年03月14日

ナチュラルジャンキーなメニュー開発で定評のあるDevaDeva Cafeが、
3月限定メニューでブリートを出すと知り、急いで駆けつけました。

▼DevaDeva Cafe


▼DevaDeva Cafe
▼DevaDeva Cafe

ブリートは、
カリフォルニア在住中、テイクアウトランチや夜食でしょっちゅう食べていた
いわばメキシカンおにぎり。

トルティーヤという、小麦粉と油脂で作った、ナンよりも薄いパン(というかクレープ)に、
豆、牛肉、野菜、お米などをぎっしり巻いてもらうのが基本。

なんでもっと日本で広まらないのだろう、といつも疑問に思っていたので、
べジだろうとノンべジだろうと、ブリートメニューのあるお店が増えるのは嬉しい。

そしてそのブリートを、どんな風にヴィーガンアレンジしたのか、興味津々。

▼DevaDeva Cafe

付け合わせのサラダと、アボガドとコーントルティヤチップスの色合いが鮮やか!
カリフォルニアのメキシコ料理店ではお目にかかったのことのない雰囲気。

ファヒータ(野菜ソテー)、バルバコア(BBQチキン)、カルネアサダ(ビーフステーキ)の3種類から選べるとのことで、
ここがベジタリアンカフェだと重々も承知しつつ、
思わず、「チキンって、肉は入っていないんですよね?」と聞いてからバルバコアを注文。

でも聞いておいてよかった。
もちろん肉は使っていませんが、↓これを見たら一瞬どきっとしちゃう。
いやあ、やっぱりこの食感とボリュームがブリートにはぴったりくるね。

▼DevaDeva Cafe

黒豆とご飯と野菜がそれぞれソースやスパイスで味つけされて組み合わされているので、
単調でなく複雑な一口一口を楽しめる。
これまで食べたブリートとは、別次元の世界かも。

ちょっと残念だったのが、ブリートの下半分が冷たかったこと。
やっぱりブリートは、ほくほくあったかいのが基本。
そういう意味では、おにぎりでなく、焼き芋かな。
冷たくても食べられるけど、やっぱりあったかい方が断然美味しい。
全席ほぼ埋まっていてキッチンも大忙しのようだったので、温度まで手が回らなかったかな。

あと、グワカモレ(アボガドディップ)の塩気がちょっときつかったけれど、
肝心のブリトーの味つけとボリュームには大満足。

「あー、やっぱりこのお店のナチュラルジャンキーメニューって秀逸だわ」
と、4年前に初めて訪れたときの感動が呼び覚まされ、
別の日に再訪問。


これまで頼んだことのなかったピザにトライ。

まず、ピザカッターおじさんが登場。

▼DevaDeva Cafe

ほどなくして、ピザが登場。

▼DevaDeva Cafe

自宅であまり使うことのないものを、と思って選んだ、ソイセージとルッコラのピザです。

普通のチーズとヴィーガンチーズを選べるので、ヴィーガンで。

▼DevaDeva Cafe

おじさん、逆さになって一仕事。クリスピーな薄い生地なので、すいすい。

▼DevaDeva Cafe

頑張ったおじさんは、横になって休む。

▼DevaDeva Cafe

とろけるチーズというより、リコッタチーズ風ね。
ソイセージって初めて、と思いながら口にしたら、
小さいときに駄菓子屋とかで食べた記憶のある、魚肉ソーセージの味がした。
大豆で作っても同じような味にたどりつくのが不思議。

薄くて脂っこくないので、ぺろりと一枚食べても胃にもたれない。
アメリカ人も、このくらいのボリュームのピザで満足するようになれば、
肥満人口が減る気がするなあ。


▼DevaDeva Cafe

お腹に余裕があるのをいいことに、スイーツも頼むことに。

▼DevaDeva Cafe

キッチンのカウンターに実物がいろいろあって、目移り。

3月限定、ストロベリーフロスティングのカップケーキを狙っていたのだけれど、
残念ながら品切れ。

▼DevaDeva Cafe

ならチョコケーキかな、と定番デザートを選択。
あ、正確にはチョコでなくてキャロブで、乳製品等なしのヴィーガンね。

▼DevaDeva Cafe

深く考えずに頼んだこのキャロブケーキですが、二口ほど食べて(心の中で)絶叫。
今まで食べたチョコ(じゃなくてキャロブだってば)ケーキの中で一番かも!!

私は、もともとチョコレートやスイーツ全般に疎くて、
比較対象の引き出しが少ないので、スイーツに関するコメントはいつも短めなんだけど、
このケーキに関しては、やかましく言わせてもらう。

スポンジ部分は粉っぽくなく、スカスカでも濃厚すぎることもなく、
クリームとパーフェクトに調和。
甘さも、もちろん白砂糖のどぎつさはなく、
かといって「穏やかな甘さを味わいとって」という控えめなタイプでなく、
すぱっと主張を言い通す、芯の通った強さ。

▼DevaDeva Cafe

これ、これ作りたい!
クッキーやマフィンだけでなく、いつかはホールケーキだって焼いて、
ノンベジの友人などに「美味しい!」と言わせたいと密かに思っているのだけれど、
このケーキなら間違いない!
レシピ本出すか、教室開催するかしてほしい!!

今後の動向がますます見逃せないので、お店のブログtwitterもフォロー中。

と、いきなり気になるイベントが。
4月3日(土)夜にビュッフェパーティーを開催するそうです。

料理15種類にスイーツ2種類!

パイ、ベジローフ、ケバブ、コロッケ、サラダ、サブジ
すし、クスクス、グリル、ピラフ、サンドイッチ、ホットドッグ
ティラミス、タルト


すごい!と興奮を覚えた方がいたら、一緒に行ってみません?
興味ある方、sukoあっとsweet-earth.netまでご連絡ください♪

お店のべジ度ですが、
「メニューの80%がヴィーガンで、一部に乳製品使用。
 肉、魚、卵、レンネットやゼラチンは一切不使用」
です。

お店の場所は、吉祥寺から歩いて、8分くらい。
吉祥寺界隈はいつも多くの買い物客などでにぎわっている上、可愛いお店が多いので、
人をよけつつ、きょろきょろ見回しながらだと15分かな。

▼DevaDeva Cafe

▼DevaDeva Cafe

DevaDeva Cafe (自然食 / 吉祥寺)
★★★★ 4.0



コメント

  1. sanae | URL | -

    Re: ブリートにピザに、とどめは絶品ヴィーガンチチョコケーキ「DevaDeva Cafe」吉祥寺

    はじめまして!度々記事を拝見させて頂いています^^為になる情報が多くて嬉しいです。私もDevaはお気に入りのカフェで先日ブリトーを試したのですが 私のは冷製でした。^^; それでも美味しく頂きましたが、基本は温かい食べ物なのでしょうか? お豆のケーキも美味しかったですよ~!ヴィーガンとは思えないボリュームが嬉しいですね。

  2. suko | URL | F4JG/kx6

    冷製・・・

    sanaeさん、
    コメントありがとうございます♪
    冷製ブリートというのは、新種のローフードメニューとかでない限り、ちょっと聞いたことがないです。。
    本場のメキシコでどうなのかは知りませんが、少なくとも北カリフォルニアに数多くある、ブリート店では、トルティヤは保温してあって、オーダーした時点で、肉や野菜を入れて巻いて、アルミに包んで渡してくれるので、基本的にホカホカでした。

    どちらにせよ、DevaDevaのメニューはよくできていますよね。お豆のケーキも気になる!レシピ本を出すか料理クラスをやってほしいなあ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/624-4e7f3bc3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。