スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産のすぐ傍に心和むヴィーガンカフェ「野菜cafe廻|meguri」栃木県日光市

2010年02月11日

アウトドア観光で訪れた日光で、10年に一度という大雪に見舞われ、
当初目的のトレッキングは果たせませんでしたが、
すごく素敵なヴィーガンカフェに出会えたので、るんるんな週末でした。

日光におけるベジ食事の事前調査では
精進料店が一軒、
それ以外では日光名産ゆば料理かお蕎麦かな、
というそこそこの感触。

食事はどうにかなりそうなので、前日入りするための宿も探す。




楽天トラベル良さげなペンションを見つけ、

「ベジタリアンなのですが、夕食対応してもらえるようであれば夕食付きで。無理であれば素泊まりで」と予約の電話を入れてみたところ、


ペンションオーナーからまったく予期しない返事がかえってきました。

「うちではベジタリアン対応していないのですが
娘夫婦が近くでヴィーガンカフェをやっていますよ」


ヴィーガンという言葉を耳にするなんて思いもしなかったので、その驚きや、
てっきり英語オンリーと思って話しかけた外人が流ちょうな日本語で返事したような、
くすぐったい嬉しさの混じった感覚でした。

現地入りした午後、大雪と寒さにこれまた驚きつつ、
日光東照宮を少しだけ観光したあと、
暖と遅めのランチを求めてたどり着いたそのカフェは、

▼野菜cafe 廻|meguri

▼野菜cafe 廻|meguri▼野菜cafe 廻|meguri


予想を遙かに超える素敵なお店でした。

▼野菜cafe 廻|meguri

30年間放置されていたという古民家ギャラリーを(建物の看板はそのギャラリーの名残り)

▼野菜cafe 廻|meguri

自分たちの手で、壁塗りから窓際の飾り枠や小家具まで手作りリフォームしたという内装は

▼野菜cafe 廻|meguri

▼野菜cafe 廻|meguri▼野菜cafe 廻|meguri


ディテールへのこだわりと温もりに満ち溢れていて、


▼野菜cafe 廻|meguri
▼野菜cafe 廻|meguri▼野菜cafe 廻|meguri


バス停からの僅か200mが心細くなるほど視界の悪い雪吹雪で強ばった体から、
安堵と幸せのため息がもれました。

ここでしばらく体を温めるだけで幸せという気持ちだったのですが、
その後、オーナー夫婦の心のこもったサービスと食事にも感動することに。

ランチタイムは2時で終わっていたのですが、
「つけ麺ならお出しできますよ」
というお言葉に甘えて注文した看板メニューが、これまた期待を超える絶品。

▼野菜cafe 廻|meguri

新鮮な野菜の甘みと歯ごたえのバランスを味わえる、目にも美しい野菜。

▼野菜cafe 廻|meguri

栃木県産の無漂白地粉を使った、ぷりぷりの中華麺。

▼野菜cafe 廻|meguri

野菜だけでここまでコクが出るんだと感心させられるタレ。

▼野菜cafe 廻|meguri

某ラーメン雑誌から、
つけ麺の分類で掲載させてほしいと取材依頼が入ったそうですが、
ベジ・ノンベジ関係なく通用する満足レベルでした。

追加注文したチョコケーキは優しくも濃厚で、
ドリンクとセットで390円とお財布にも優しい。

▼野菜cafe 廻|meguri

これだけでも十二分に素敵なもてなしだったのですが、
奥さんのご実家であるペンション「あかりの宿」に
私がその晩宿泊すると知った奥さんが、
「夜ご飯大丈夫ですか? 
 タイカレーなら作れますので、あとでお届けしますよ」
と、何とも優しい心遣いを申し出てくれました。

これはあくまで、めったにない大雪の日に来てしまった観光客への気遣いであり、
通常頼めることではもちろんありませんが、
確かにこの天候では夜ご飯を求めて外を歩くのも危険なので
有り難くそのオファーを受けることに。

そしてその夜、
暖炉の火がゆらめくペンションのダイニングに届いたタイカレーが、

▼あかりの宿|akari no yado
▼あかりの宿|akari no yado▼星(あかり)の宿|akari no yado


しっかりエスニックな味付けで、すごく美味しかったもんだから、
もうすっかりこのカフェの大ファンに。

翌日、天候は回復したものの強風のため、
アウトドアのイベントが案の定キャンセルとなりましたが、
東照宮を今度こそじっくり回ったあと、

駅への帰り道、もう一度寄ってしまいました。

▼野菜cafe 廻|meguri

▼野菜cafe 廻|meguri▼野菜cafe 廻|meguri


▼野菜cafe 廻|meguri
ランチは11時半から14時までで、週末は、つけ麺か週替わりのカレー。
月・火・水は、野菜ご飯定食もあるようです。
メニューは完全ヴィーガン。
実はリマで学ばれたマクロビアンご夫婦です。

▼野菜cafe 廻|meguri

私が訪れた初日のような大雪が降る事はめったにないそうで、
二日目の晴れた冬空の中、歩き回った東照宮は本当に見事でした。
日本有数のパワースポットでもあるし、
東武特急スペーシアに乗れば浅草から約1時間半で行けるし、
日帰りもしくは週末旅行としてかなりおすすめ!


東武日光駅前からバス(いろいろあるけれど、東照宮方面に行く路線ならどれでも大丈夫ぽい)で
神橋(しんきょう)というバス停で降り、駅の方へ200mほど戻った左側。

東照宮や輪王寺をめぐったあと行く場合は、
表参道など二社一寺周辺のバス停から駅方面に戻るバスに乗り、
赤い太鼓橋(神橋)のすぐあとのバス停、神橋駅で降り、
そのまま駅の方へ200mほど進み左側。

ちなみにバス会社がいくつかあり、それぞれが周遊券を売っていますが、
よっぽど乗り降りを繰り返すのでなければ、
来たバスに乗ってそれぞれ運賃を払ったほうが手っ取り早い気がしました。

野菜cafe 廻 (カフェ / 東武日光、日光)
★★★★ 4.5





コメント

  1. fumie | URL | -

    Re: 世界遺産のすぐ傍に心和むヴィーガンカフェ「野菜cafe廻|meguri」栃木県日光市

    超おしゃれーーーー!
    天井の絵やお花の飾り方や食器の感じまで
    好みです。出会うものですね。
    感動もひとしおだっとのではとお察ししました。
    近くて交通費を考えてもいいですね日光。
    私も犬連れて山歩きしたい。いい山ありますか?
    素敵な情報をありがとうございます☆

  2. suko | URL | -

    日光の散歩道

    fumieさん、
    私も本当にびっくりしました。「こんなところに(失礼・・笑)こんなセンスのよいヴィーガン店があっただなんて!」と。

    日光近辺の山と言えば、男体山がパワースポットとしても有名ですが、かなり本格的な登山のようです。

    私は地元のガイドに教えてもらい、東照宮の裏(北側)を北西に上がって、滝尾神社まで行きました。雪が積もっていてもそれほど時間がかからなかったので、ワンちゃん連れの散歩にもちょうどいいかもしれません。滝があったり史跡が点在していたりと、神聖で気持ちのよい場所でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/617-32c3c320
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。