スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【パリ特集】Grand Appetit|グランダペティ

2009年10月02日

バスチーユ駅からセーヌ川の方に向かう大通りから、一本横道に入ると
こんな重厚でオシャレなアパルトマンが建ち並んでいることにも驚きますが、
その一階がまるごと、マクロビオティックのお店であることにもビックリ。



一度目訪れたときは閉店していましたが、
二度目、平日の日中は営業していました。

しかし、パリのこういう建物って、シンプルなのに本当に絵になるわ。
歩行者も、ただ歩いているだけで可愛かっこいいし。
東京も、どこかの一地区を丸ごとこういう建物で統一してみたらどうだろう、
と思ってしまう。

でも、パリっ子はなにげに東京の混沌とした雰囲気に憧れているっぽい。

(若いイラストレーターが出版した「僕の東京在住記」みたいな大型本が、本屋で平積みにされていたのを見て、
やっぱり自分が育った環境というのは空気のように当たり前になるんだな、と思いました。)




右がレストラン。
店内は、アパルトマンの外観から期待するようなおしゃれ感は漂ってなく、
結構素朴でした。





入り口の横にかかった黒板には、メニューと思いきや、営業時間が書かれてます。

ベジタリアンレストラン。
イートインもテイクアウトもあり。
月~木 12時~21時
金 12時~14時
月~木 ディナーが19時~21時
土日は閉店
コース料理は予約にて。

これですら、複雑でちょっと分かりにくいのだけれど、
実はさらにランチとディナーの間は閉店になるようです。
15時過ぎに到着して入ろうとしたら、「今は休み時間」と言われました。


右は、自然食品店。



本や食材、それからさすがパン・パティスリー文化の発達したお国だけあって、
タルトやパンなども売っていました。

店内の雰囲気は、私はレストランよりもこちらの方が気に入りました。

私が店内を物色しているとき、
常連らしき素敵なマダムが若い女性を何人か引き連れて店内に入ってきて、
「この食材は、こういうレシピに使うのよ」とはしゃぎながらいろいろ買い込んでいて
スタッフらしき草食系中年のフランス人男性が、ゆったりとその対応をしていました。






より大きな地図で [パリ]ベジフレンドリーなお店 を表示save


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/600-cb7fe774
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。