スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【パリ特集】 Chez Marianne|シェ・マリアン

2009年08月27日

夏休みに訪れたパリで、足を運んだベジフレンドリーなお店を幾つか、
そして閉まっていたけれど良さそうなお店を幾つか、
さらに次パリを訪れる機会があったら行ってみたいお店を幾つか紹介します。

まずはユダヤ系レストラン街が並ぶ、
マレー地区のロシエ通り(rue de Rosier)の入り口のシンボルともなっているこちらのお店。

蔦のからまった赤いテント屋根が目印。



ファラフェルの他、トマトとナスの煮込みなど、
ベジタリアンフレンドリーなお総菜が幾つかあるので、
組み合わせてプレートで。



ファラフェルが美味しいことで有名なはずなのですが、
私が訪れたときは残念ながら
ファラフェルは爆発してて
(レモンとハラペーニョの奥に転がっている横長の物体がその一部)
しかもサクサクではなくガリガリという歯ごたえに揚がっていてイマイチだったけれど、

ベジお総菜3種類は
(お皿の上で同化混在しているように見えますが)
それぞれ美味しかったし、
通りに面したテラス席でゆっくり休めたので満足。

ちなみに、少し先に行くとはす向かいに無印(MUJI)のお店。



店内を偵察したところ、
日本の1.5倍以上の値段でしたが
地元住民らしき人たちでとてもにぎわっていて
皆さんたくさん買っていました。

シンプルで合理的で美しい無印商品を生み出した
日本人の美意識と生産能力を
素直に誇らしく思った瞬間でした。

より大きな地図で [パリ]ベジフレンドリーなお店 を表示


コメント

  1. ayako | URL | -

    Re: [パリ特集] Chez Marianne|シェ・マリアン

    下調べをせずパリに行ったとき、食べられる物がなくて大変だったので、こういう情報は大変助かります!

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. sukotokyo | URL | -

    ayakoさん

    パリのベジ店情報は、アメリカ人のベジタリアンブログにたくさん載っていることに気づき、必死に情報収集しました(笑)。滞在中は自炊していたことと、8月だったので多くのお店がお休みで、思ったほど多くのベジ店を回れませんでしたが、いけたところは一通り載せましたので、ご参考にしてください★

  4. sukotokyo | URL | -

    鍵コメさん

    すごくかわいいサイトですね★ぜひ近日中に紹介させてもらいます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/596-174d70ca
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。