スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サンフランシスコ特集] The Plant Cafe|決してこぢんまり大人しいタイプではありません

2009年06月22日

3泊3日のサンフランシスコ滞在中、
唯一訪れることのできたベジフレンドリーなお店がこちら。

サンフランシスコの北の先っちょに位置し、
おしゃれなショッピング街として有名なUnion Street界隈の近く。
(ユニオンスクエアとは全然別の場所です。)

ノンベジの料理もありますが、ベジタリアン・ヴィーガン対応のメニューもかなり豊富。
(v)がヴィーガンメニューで、(gf)がグルテンフリーのメニューです。

シェフは、数々の有名レストランで修業を積み、
あのジョージルーカス監督のパーソナルシェフも務めていたキャリアの持ち主。



せっかく行ったので、張り切ってたくさん写真を撮りました。



Lombard StreetとChestnut Streetの間に立ち並ぶ飲食店の一つで、
お店の前に大きな木が茂っているので、一回素通りしてしまいました。

店先にテラス席がいくつかあり、こぢんまりした雰囲気ですが、
一歩中に入ると、かなり広い!



オーダーカウンターも長い!
メニューの品数も多い!



奥にはテーブル席がたっぷり。
映っていないけれど写真右奥にもさらに席があり、
入店したときはランチタイム後半で8割の席が埋まっていましたが
それでも二人席に悠々座れました。



本当は朝食タイムに訪れて、ブルーベリーパンケーキのヴィーガン版と
ヴィーガンソーセージをトライしてみたかったのだけれど
(すごい予習してるでしょ)
実際に行ったときはランチタイム。

バーガーにうるさい本場アメリカのベジバーガーをいろいろ試食したいと
常々思っていたので、ヴィーガンメニューのPlant Burgerを注文。

メニューには、
 (made in house) from lentils, mushrooms, beets, cashews & bulgur wheat.
と、わざわざ「ちゃんと店内のキッチンで作ったベジバーガーだよ」とアピールしているということは、
つまり、飲食店用に出来合いのベジバーガーが出回っているということなので、
さすがベジ文化が普及している国だな、と感心。



なるほど、ビーツかあ! それを狙ったわけじゃないと思うけれど、
真っ赤な肉っぽい雰囲気が漂い、結構インパクトある。

油はあまり使っていないようだけれど決してぱさぱさせず、
しっかりとした味付けで満足。

ただパンは、もうちょっとがんばれるかな。
パン生地にぷちぷち混じっている穀物が固くて、ゆっくり噛まないと痛かった。
ま、ゆっくり食べるにはちょうどいいのだろうけど。




時差ボケの胃腸にはちょっときついボリュームでしたが、
きっちりいただき、お腹ぱんぱん。

スイーツも試したかったけれど、お腹の余裕がなかったので、
カウンターに並んでいたヴィーガンスイーツの写真を撮らさせてもらいました。



アメリカではどうもここのところカップケーキブームなんだよね。
ヴィーガンカップケーキはもちろん卵や乳製品は使っていないけれど、
油脂分はかなり使用しています。



そしてピーナッツバター好きだよねえ、アメリカ人。
私はあのまったり感がいまいちダメだったりする。
醤油と混ぜて和風ドレッシングにしたりすると大丈夫なんだけれど。



この三段重ねで一つのスライスという大きさにびびりつつ、
ちまちましていないところに、なんとなく頼もしさを感じもしちゃうんだよね。
なんだかんだいって、アメリカ文化の良い面の恩恵を受けて育ってきたもんで、
アメリカのずぼらなところもひっくるめて本質的には好きで、
こういうアメリカンサイズにも拒否反応はあまりなかったりする。
(大食いの原因もそのあたりだね。)

ちなみにこのお店、リニューアルオープン以前はレタスカフェという名前で、
Nachuさんのブログにもレポートがありました。


↑サンフランシスコよさそう、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/580-6a1536fa
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。