FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬温泉でマクロビトライ「月光園|游月山荘」神戸市

2009年06月11日

神戸って洋風でハイカラ(死語?)で港、みたいなイメージが濃いから、
あまり和風の温泉宿を連想しないのだけれど、
そうだ、有馬温泉って神戸市だ。

・・・という思考プロセスを既に一度たどった気が。

あ、やっぱりそうだ。
由緒正しきスパとビーガンコース「慶月」兵庫県・有馬

一つの宿が取り入れたら、他の宿も情報キャッチするのかな。



こういうしっとりした風景は、
日本人が思う以上に、外国人にウケがいいということを
最近知りました。



すごくきれいで高級であるよりも、
ちょっと生活感と古さが漂うくらいの方が面白いらしい。



そして、日本の旅館やホテルのビュッフェも、
品数と種類が多くて、すごいコーフンするらしい。
料理の内容を説明する側は大変ですが。

ビュッフェだとベジ対応のものが限られているので、
私のホテルビュッフェに対する通常の反応としては、
「食べ過ぎ防止にはちょうどいっか」。

でも、こちらのマクロビュッフェプランの写真を見て、
一瞬、テンションがすごいあがりました。
結局食いしん坊なもんで。



ただし、説明をよく読むと、

隣町三田の農協より仕入れた「安心」「安全」野菜を使用したマクロビ料理 を初め、
創作大皿料理など、約60種のメニューがお楽しみ頂けます。

とあるので、マクロビ料理は一部のようで、
さらに、

マクロビオティック(Macro-Bio-Tique)は、“長生きする為の食事法”

とか、

人間の生命力を最大限に引き出す料理が"マクロビオティック"の考え方です。

という説明も微妙ですが、
温泉宿に行ったら、とにかくまったり、のんびり、おおらかモードに切り替えて楽しめば、
正式な解釈にとらわれない意外なマクロビメニューに出会えるかも?



↑概念を正確に普及させるのってなかなか難しいものだね、と実感したらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/567-ade7f22e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。