スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸コネコネ、酵素玄米モチモチ 「寿」 大阪

2008年11月01日

関西特集の発端は、確か大阪情報リクエストだった気がするのだけれど、

いつの間にか、京都特集と化していました。

その間、大阪にもいくつか見つけました。


陶芸教室とオーガニックカフェ、という目新しい組み合わせのお店。

kotobuki.png

陶芸って、土に触れられるし、実用的な形として残るし、

始めたら、はまりそう。

(毛糸に触れられて、実用的な形として残る、癒し系趣味の編み物に長年はまっている私としては、

すごく親近感がわく。)


kotobuki2.png


メニューで目をひいたのが、長岡式酵素玄米

玄米を発酵させることで、消化しやすくなる、、、

っていうところまでは理解できるのだけれど、

ぬか床のように、発酵させた玄米にどんどん(特別な方式で?)炊いた玄米を足していく、

という手法や、

講習会を受けなくてはいけない、

というルールや、

ン万円する特別なお鍋などを買わなくてはいけない、

という規制が、

なんとなくハードル高くて、手を出していない。


奇遇なのだけれど、

ついこないだ久しぶりに会った(一時マクロビをやっていた)知り合いが

陶芸の道に進むことにした、という報告と共にたまたま教えてくれたのが、

この長岡式酵素玄米。


彼女はすでに講習会も受けて、道具も買ったそう。


実は私、ここ半年ほど、100%玄米は常食していなく、

精米器で5分づきとか白米とかにして食べているのだけれど、

消化さえ良いなら玄米をまた食べたいなあ、と思っていたところだったので、

興味津々。


でも、あまり面倒なことをやりたくないという気持ちもあるので、

以前にご紹介した赤坂のFangsong Cafeに行って、実物をトライしてこようと思っています。


(大阪の「寿」のメニューが具体的にベジ対応かどうかは、後日確認します♪)


↑一升炊くっていうのがすごすぎる、、、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif


コメント

  1. mina | URL | mQop/nM.

    Re: 陶芸コネコネ、酵素玄米モチモチ 「寿」 大阪

    長岡式にこだわらなければ、生き生き玄米でも酵素玄米おとりよせできますよ。
    http://www.ikyiky-genmai.jp/

    Fangsong cafeでたべた長岡式よりたべやすかったなと個人的にはおもいました。

  2. suko | URL | -

    生き生き玄米

    minaさん、
    へえ、いろんな方式があるんですね!
    興味大あり!
    情報ありがとうございます♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://extraveggies.blog71.fc2.com/tb.php/323-c2cb8447
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。