スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【閉店】マクロビオティックとローフードの共存「SEIJO TARA CAFE」成城

2008年02月29日

2009年2月末 閉店

すっかり認知度が広まったマクロビオティックと、

少しずつ日本でも耳にするようになったローフードの

両方のメニューを出す成城のカフェを

fumieさんSweet Earthの掲示板で教えてくれたので

さっそく登録しました。


seijotaracafe.jpg



マクロビオティックがこうで、ローフードがああで、

という解釈や議論もあるかもしれないけれど、

動物性油脂、卵、乳製品、砂糖、化学調味料は一切使わない、

という共通テーマのもと、たくさんの美味しいメニューを提供してくれれば、

それでいいよ、というベジタリアン・ビーガンが大半だと思います。


SEIJO TARA CAFEは、

マクロビシェフの料理会や料理教室、そして占いなどのイベントも開催したりして、

いろいろな人のアンテナにひっかかるよう工夫してるな、と思います。


今後、ますます、こういった、ビーガンフュージャンとでもいうべき

お店や料理が増えてくる予感がする。


そういう新鮮な情報を拾い上げて、Sweet Earthに掲載していくためにも、

fumieさんのようなこまめな情報提供者は、とてもありがたいです★

掲示板、あまりにも機能的にレベルが低いので、

早くちゃんとしたのを設置しなくては、と思っています。


それまでは、がまんしてSweet Earthの掲示板

もしくは、このブログのコメントでも結構ですので、

ベジタリアンフレンドリーなカフェ、レストラン、

また、お取り寄せや料理教室などありましたら、

自薦他薦かまわず、気軽に書きこんでください♪


↑多様性ウェルカム、フュージャン万歳、と思ったら、ぽちっと。
スポンサーサイト

仕事帰りに一息「Kanbutsu Cafe」代々木上原

2008年02月28日

代々木上原というと、

小田急線と千代田線の乗り継ぎ駅以外のイメージが湧かない人も多いかも。

でも、世田谷区と渋谷区のボーダー地域だけあって、

実は、流行が、大人の定番として落ち着く場所だったりする。


駅からほんの数歩(Tsutayaの向かい)のところにある、Kanbutsu Cafeも、

そんな代々木上原の価値を再認識させられたお店。


店内はこぢんまりとしたデリで、
SBSH0045_convert_20080226062124.jpg


ビーガン(卵不使用)・ベジタリアン(卵使用)スイーツや、お食事セットなどが頼める。
SBSH0047_convert_20080226062240.jpg


イートインスペースもある。
SBSH0046_convert_20080226062222.jpg



ちょっと前仕事帰りに寄ったときに、お店のスタッフの方が、

お客さんと話していて、

「そうなんですよ、夜もうちょっと遅くまで開けてもいいんじゃないかと思って、

オーナーに提案しているところなんです」

と言っていたのだけれど、

いつのまにか、本当に夜の営業時間が延長になっていた!

ので、Sweet Earthの情報を更新しておきました。


これまでは、火曜定休、11時から夜8時営業だったけれど、

2月より、祝日以外の夜は10時まで営業し、

さらにお酒なども飲めるように。


確かに8時ってなにげに仕事帰りの時間としてはちょっときつかったりする。

夜遅めに立ち寄ると、お総菜が少し安くなっていたり、ちょっと良いことがあります★


↑仕事が遅くなった日でも、翌日のお弁当のお惣菜をゲットできる♪と嬉しくなったら、ぽちっと。

【閉店】アッパーすぎない自然フレンチ「タンドロン」自由が丘

2008年02月27日

閉店しました。

自由が丘のフレンチ、といわれると、

ちょっと身構えてしまうかもしれないし、

逆に、

パチンコ屋や居酒屋が並ぶ、駅前の道のビル2階、というロケーションに

おっ、結構下町? と、とまどうかもしれないけれど、

中に入ると、

ほどよくアットホームで、かつ、落ち着いていて、

ゆったりと食事を楽しめる。



Ci080225201940.jpg


HPなどにはなぜか載っていないけれど、

予約をすればマクロビオティックなコースがいただけます。



珍しい野菜のオンパレード
Image245_convert_20080226040407.jpg

肩のこらない、でも確実に美味しいベジ・メニュー
Image246_convert_20080226040437.jpg


コース最後のホットドリンクは、数十種類もの紅茶から。
Image248_convert_20080226040527.jpg



↑「駅前は近くて良いロケーションじゃん」と思ったら、ぽちっと

マイペースな老舗「ありしあ」下北沢

2008年02月26日

下北沢の老舗自然食レストラン「ありしあ」の

定休日と営業時間が変わっていたので、

Sweet Earth上の情報を更新しました。

これまでは

営業時間:11:30~19:30
定休日: 水曜日・木曜日

だったのが、


営業時間:11:30~20:00
定休日: 土・日・祝日


飲食店にとって、週末と祝日って、

一番の書き入れ時だと思うのだけれど

そこを潔くお休みにしてしまうあたり、

オーガニックだロハスだという流行のはるか(25年!)前から

動物性の材料を使わない日替わり定食やパイなどを提供してきた

老舗の落ち着いた自信が感じられる。


えー! 週末じゃないと行けないのに!! 

というファン(私もその一人)の悲鳴を見越してか、

平日の夜は今までよりも30分遅く、8時まで営業。


SBSH0027_convert_20080225105704.jpg

日替わり定食も、もちろん美味しいけれど

SBSH0029_convert_20080225105904.jpg

サンドイッチセットも、
めちゃくちゃ美味しいことを
最近になって発見!

SBSH0030_convert_20080225105931.jpg

パンがすごくもっちりして、
テンペカツと、雑穀コロッケが
ボリュームたっぷり!




↑これからも末永く下北沢の老舗でいてほしいと思ったら、ぽちっと。

HP・英語はダメでも、ベジ対応は完璧「Cuisine Naturelle Les Brindes」神楽坂

2008年02月25日

ホームページは2006年2月以来の作りかけの状態なもんで、

screen 00-36


閉店しているのかなと、Sweet Earthへの登録を一瞬迷ったけれど、

食べログには2007年夏の書き込みがあるから、

おそらく営業しているってことで、登録しました。



生粋ベジタリアンの外人の接待に使ったという人の、

食べログの口コミはとても説得力があります。


是非、一読を


英語メニューがないのでメニュー通訳が大変だったが、

ベジタリアン対応は完璧で、ベジ外人ゲストも大満足。

さらに、非ベジゲストも、

「東京でこんなにおいしいディナーはこれまでで初めてだ」と絶賛したそう。




あと、全席禁煙という情報も貴重。

Sweet Earthのタグとして、最近追加したばかりなので、

今は、2店だけですが、

結構ベジ店+禁煙というのは多い気がするので、

もしそういうお店があったら、ぜひ教えてください♪



HP更新を促してあげたいと思ったら、ぽちっと★

イッツ チャイニーズだ!「It's Vegetable ダイエット中華苓々菜館 」錦糸町

2008年02月24日

店名をSweet Earthに登録するときに、こんなに混乱したのは初めて(笑)。

要するに店名は、苓々菜館(りんりんさいかん)だと思うのだけれど、

その前に「健康中華」というのがくっついている状態で、あるサイトに紹介されていて、

「健康中華苓々菜館」として登録しようと、

店のホームページを探していたら、ぐるなびしかなくて、

そこでは、「ダイエット中華苓々菜館」となっていた。

「健康」じゃインパクト足りないから、「ダイエット」に格上げか!?

(ていうか格上げなのか??)


screen 00-05



ちなみに、ぐるなびページの端っこに「業態:台湾式健美菜食」と書いてあって、

さらに、ハンコのようなロゴには「純台湾素食」とある。

ダイエット中華より、そのどっちかで良かったのでは・・・。


と、まあ、ツッコミたくなるポイントが満載なのだけれど、

こういう「頑張ってアピールするぞ!」という混沌パワーが、私は結構好き。


日本語名だけでも十分ちぐはぐ、いや、カラフルなんですが、

英語名はなんと、It's Vegetable.

な、なぜ? 

Itって何を指しているの?

と一人でウケてしまった。

いや、でもインパクトは十分。



サイトによっては、「イッツ・ベジタブル/ダイエット苓々菜館」として載っていますが、

Sweet Earthではページ名をアルファベットにしているので、

「It's Vegetable ダイエット中華苓々菜館 」で無事登録





あと、ぐるなびページ上の

苓々菜館のここがすごい!

という記述(口コミでなく自己アピール・・・笑)は、このお店のやる気がみなぎっているので、

ぜひ読んであげてほしいのだけれど、


screen 00-12



その5番。

5、 都内にわずか4店舗!
   完全菜食のお店は都内でたった4店舗。
   でも、苓々菜館ほどたくさんのメニューがあるお店は他にない!


マクロビオティックやビーガンカフェなどが増えている今日、

都内の完全菜食のお店はたった4店舗と言い切ってしまうあたりが、

素晴らしい。

そして、私は他の三店舗を知りたい(笑)。


中華ダイエットに挑んでみたいと思ったら、ぽちっと。


喧噪の中のオアシス「BiO cafe」渋谷

2008年02月23日

なんたること。

BiO cafeを登録していなかったことに気づき、大慌てで登録。

渋谷の喧噪は苦手なのだけれど、

スペイン坂の途中にあるBiO cafeは、ほっと一息つける場所。



お一人様用の席に座ると、キッチンがガラス窓ごしに全部見えるのだけれど、

キッチンスタッフは結構大変そう・・・。

キッチンスペースが狭いし、週末なんかてんやわんやだし。

渋谷はやっぱりそういう場所なのかも。
  generated by feedpath Rabbit

少しくらいのワガママもOK「Union Square Tokyo」東京ミッドタウン

2008年02月22日


ベジタリアンが外食するときに役立つサイトを、というのが、

Sweet Earthを立ち上げたそもそものきっかけで、

巷にどんどんベジタリアン対応のお店が増えているのは嬉しいことだけれど、

本当に必要な情報というのは、

「メニューには載っていないけれど、

頼めば臨機応変にベジタリアンメニューを出してもらえるお店」

なんだと、しばらくして気づいた。


東京ミッドタウンのレストランは大半が「ベジタリアン対応」となっていて、

その中の一つ、Union Square Tokyoでは、



メニューには載っていないけれど、その場でこちらに合わせてオーダーをとってくれた。






ざくろ!



グリル野菜のパスタ

実は、メインを頼むとき、

「グリル野菜がご用意できます」と言われたのだけれど、

グリル野菜じゃちょっと物足りないな、と思った私は、

めざとく、普通コースのメインのパスタに目をつけ、

「このスパゲッティのトッピングを、その野菜グリルにしてもらえませんか?」と

頼んでみたところ、快くOKしてくれ、

出てきたのが、上の豪快鮮やかなベジパスタ♪


そう、ベジ注文の強みというのは、

肉や魚に比べれば野菜のほうが安上がりだから、

お店側もいやがらずに、こちらのリクエストにのってくれるということ。


そして、

出汁も肉系はだめ、とか、クリームやチーズも一切だめ、

といった細かいことは言わないければ、

それなりにちゃんとしたお店だと、

シェフが「ベジ・チャレンジ」に奮起して

かなり美味しい料理を出してくれることが多い♪


  generated by feedpath Rabbit

マクロビオティックなキッズカフェ「ありがとうカフェ」沖縄

2008年02月21日

ccioさんのブログTORIに紹介されていた、

 「ありがとうカフェ」をSweet Earthに登録しました。
arigatou cafe


そのうち東京以外の場所のベジ店なども掲載するぞ、

たとえば京都とかたくさんありそうだし、、、と常々思っていたのだけれど、

いきなり沖縄デビューです(笑)。

 東京のお店は、最寄駅でタグをつけているのだけれど、

沖縄はとりあえず「沖縄」だけです。

 他にも沖縄ベジ店情報あれば、ぜひ♪


それから、ccioさんが鎌倉で主催しているお料理教室、toricot、も

 Sweet Earthのベジマニア、料理教室のコーナーに登録してます。



沖縄かー、と一瞬癒されたら、ぽちっと。
  generated by feedpath Rabbit

ベジピザメニューが豊富な「Pizzakaya」六本木

2008年02月20日

六本木のピザ屋さん「Pizzakaya ピザカヤ」をSweet Earthに登録しました。

Pizzakaya

「肉類が苦手な人へ」というメニューがあって、

ベジタリアン(チーズはもちろんのってます)ピザが8種類。

万が一、体調などの関係でどうしてもチーズがだめだという場合は、こういうところだと、おそらく、「チーズ抜き」といえば抜いてくれる気がする。


しかし、日本語は普通に「肉類が苦手」と書いてあるのに、

なぜか、英語では「Meat Haters」!

Pizzakaya menu

「Hate」って結構強い言葉だけれど、

 「Meat Avoiders(肉を避ける人たち)」なんて書いてもぴんとこないしね。

シーフード・ピザもこの分類にいれているから、

「肉なし!」ということを一発で説明するにはこの言葉しかなかったのか・・・。
  generated by feedpath Rabbit

田舎野菜料理のカフェ「CAFE KOBILU カフェ小昼」仙川

2008年02月19日

しろうささんのブログに載っていたCAFE KOBILUをSweet Earthに登録しました。

しろうささんのブログ、マクロビ・ベジお店報告など情報満載で、いつも楽しみにしています。
ちなみに、しろうさんは、マクロビオティックリンク集も運営しています。
Kobilu

KOBILU =「小昼」
という、

たんぽぽをつむ、小さな女の子のイメージのような言葉が

なんとも愛らしくて素敵。
地野菜を使った田舎野菜料理とおやきの店
、ということで、

お店のHP兼ブログに、「本日のご飯」が載っています。
Kobilu menu

2月15日付けのエントリーの、
バレンタインデー。コビル全然関係ないっす。
というくだりに、思わずくすっと笑いながら、

 (行ったこともないくせに)

「うんうん、Cafe KOBILUとして正しいスタンスだ」

と思った。
  generated by feedpath Rabbit



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。