スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシンと書斎とハンバーガー「Fire House|ファイアーハウス」本郷三丁目

2010年02月15日

2010.06.11 記事最後に追記

べジ向けバーガーをメニューに載せているハンバーガー専門店は、
どちらかというと本格こだわり派で、
座ってしっかり食べてもらおう、というスタイルが多い気がします。

本郷のこちらのお店も、結構その世界では有名なお店で、なおかつ
メニューにベジタリアンバーガーが載っていたので気になっていました。

ホームページから想像していたポップなアメリカンテイストではなく、
落ち着いたカフェのような、焦茶と白のゆったりした雰囲気。

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

道路から数段おりたスペースなので、行き交う車の喧噪はほどよくシャットアウトされつつ、
心地よい柔らかな光が広い窓からたっぷりと差し込んでいました。

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

座ったテーブルから店内の写真を広角で撮ろうと、
テーブルの下で足を少し踏ん張ったら、足下がゆらゆら。

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウスんん?と下をのぞいたところ、
自分が選んだ席がなんと
足踏み式ジャノメミシンだったことに
初めて気づき、
手芸好きな私としては、
思わず顔がほころぶ。

他にも見回せば、書斎風のコーナーがあったり、

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

シャープなモノトーン配色のカウンターバーがあったりと、

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

なにげにインテリアのセンスとしては高度だわ、
と感心しながらきょろきょろしていたら、
注文したベジバーガーが登場。

上半分の比重がやたら多く見えるのは、
私のカメラの広角レンズのせい、、、

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス


ではなく、本当に上半分が大きいからです。
バンがふっかふか。

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

パテなしで、メインの具材はアボガドです。
個人的には、やっぱり
穀物や豆腐などを駆使したべジバーガーパテの方が満足度が高いですが、
ウェッジポテトフライもたっぷりついていたし、
バンも野菜もかなりのボリュームだったので、多いにハッピー。

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

マヨネーズとチーズは頼んだら抜いてくれました。
バンには、ふかふか度から察するに卵が入っていると思います。


▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

平日ランチタイムと週末祝日の午後は禁煙★


本郷三丁目の駅から白山通り・東京ドーム方面へ春日通りを進んだ
最初の交差点の右側角にある、レンガ色の大きなビルの一階角です。

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス


▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス


隣が小学校なので、緑のおばさんと小学生がたむろって、ほのぼの。
階段を下りた店舗入り口前に、いくつも並ぶ可愛いハンバーガーは、椅子がわりかな?
おそらく週末などの混雑時と、喫煙者用のスペースと思われます。

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス

▼ FIRE HOUSE|ファイアーハウス


自分の抱いていたイメージを良い方向に裏切ってくれるお店に出会うと、
「ネットで調べて妄想を膨らませるのも楽しいけれど、
 実際に訪れてみる楽しみには代え難いな」
とつくづく感じます。

■2010.06.11追記

ハンバーガーチェアを偶然ネットで発見!!

■

ベジタリアンの私は、このコーンのチェアにも反応してしまった。

■

そんだけです。くだらない追記ですが、なぜか私って昔からフードレプリカに弱いのです。

FIRE HOUSE (ハンバーガー / 本郷三丁目、春日、後楽園)
★★★★ 4.0


スポンサーサイト

森林浴とエステとヴィーガンコース 「アマデウス」 ウェスティンホテル大阪

2008年10月09日

ずーっと垂れ流し状態だったブログ記事に、

場所のタグをつけて整理をし、

ついでに、幅の広い3カラムのテンプレートに変えてみました。

バナー画像を自分で撮った写真に差し替えて、カスタマイズ終了。

本当はタグの順番を自分で決めたいのだけれど、

方法が解明できなかったので、とりあえず、登録数の多い順番に並べてあります。

都道府県と、(主に東京のお店に関しては)細かい地域名とで分類。


東京のお店は、いつのまにか100軒突破していたんだ。

そして次点は、chocoさんの情熱のこもった情報提供のおかげで、福岡県。


今、集中的に関西の情報を収集しているので、

そのうち大阪か京都が2位浮上ってこともありえます。


ぜひ、ドキドキしながら見守っててください。



ということで、引き続き関西ですが、

大阪のウェスティンホテルの洋食レストランでは、

ベジタリアンやマクロビオティックのコースがいろいろ充実しているようです。

ピクチャ 1

ピクチャ 3


Tenderさんのブログ記事によると、

朝食付宿泊プランの、朝食ブュッフェも和定食も、マクロビコースへ変更可能で、

メインの白魚も野菜にできるとのこと。

さらに、

「レストランの外は緑がたっぷりで、ホテルのサービスも行き届いていて、最高だった!」

とのこと。

ランチとアロマエステというコースまで用意しちゃって、

大阪ホスピタリティ、やるじゃん!



↑アメリカのウェスティンで、こんなヴィーガンフレンドリーなサービスやっているところってあるんだろうか、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

パーフェクトビーガン鉄板焼き「MADOy」赤坂

2008年04月17日

巷では、ビーガンというのは、

欧米で話題となり、日本でも急増中の

と思われているわけね。

かなり大昔からビーガンという食生活を選ぶ人たちが欧米ではいたけれど、

確かに日本では、まだまだ、その言葉すら聞いたことない人が少なくないのが現実。


まあ、でも細かい事はよく分かってくれなくても、

そういう食生活を選んだ人たちも、普通にお肉などを食べる人たちも、

一緒に楽しく外食できるお店作りをしてくれることは嬉しい。






日本の高級鉄板焼きは、

ステーキをたくさん食べていそうなアメリカ人などが、目をまんまるくするほど美味しい。

だから、ベジタリアンの外国人の方を接待するときはもちろん、

思いっきり肉食な外国人を接待するときも、

このお店はすごく利用したい。

screenshot-07_20080418013335.jpg


通常のコースとずれないようにサーブしてくれるという、

パーフェクト・ビーガン・コース。


screenshot-06_20080418013311.jpg


英語メニューもばっちりです。

screenshot-08_20080418013323.jpg




ところで、MadoY・・・って、アンジェリナ・ジョリの養子の名前じゃなかったっけ?

と、どうでもいいことが気になって調べたところ、

YとXの違いで、Maddoxだった


そして、さらにどうでもいいのだけれど、この写真のアンジェリナ・ジョリって

叶恭子にそっくりじゃない?



↑ほんとどーでもいいっていえばどーでもいいけれど、確かに似てると思ったらぽちっと。

有名バーガー店だってベジ対応「FIRE HOUSE」本郷3丁目

2008年04月15日

たまに、がっつりと食べたくなるハンバーガー。

ハンバーグ、じゃなくて、ハンバーガーが食べたくなるんだよね。

つまり、お肉っていうことよりも、

少しトーストされた丸いバンと、

しゃっきとしたレタスと

ジューシーなトマトと

オニオンなんかも入っていればなおさら良く、

その間に鎮座するパティ、

というにぎやかでエネルギッシュな雰囲気を味わいたい。


どうせ、ポテトフライも食べるから、

手がケチャップやその他の汁でべとべとになったって全然平気。


食べたあと、また街に繰り出す、ということが前提のフードだからこそ

多少カロリーが高くたって、許せる。


ベジなお店が作るベジバーガーも、もちろん美味しいのだけれど、

バーガー専門店が作るベジバーガーも、おそらくかなり美味しいはず。


幾つか(ネット上で)見かけた中では、

このお店がどうも、バーガー専門店としてかなり有名らしい。



screenshot-03_20080415154253.jpg


ホームページのグラフィックスが、かなり印象的。

店内は超モダンポップなのかと思いきや、

screenshot-06_20080415154638.jpg


ウェスタンカジュアルな雰囲気。


screenshot-05_20080415154302.jpg


迫力あるバーガーの数々。

あえて照明等の細工を何もせず、
きれいに見せるのではなく
そのままのハンバーガーを紹介できるよう
撮影してあります

という直球勝負のスタンスが、人気の秘密かな。

ベジバーガーの写真は載っていないけれど、

右のアップルバーガーってのが、すごく気になる。

ベジバーガーのチーズの代わりにアップル入れて、

とかって頼んだら、やってくれるかな?


ベジバーガーの写真は、こちらまなフランシスさんのブログに載っていましたので

スナップ引用。

screenshot-08_20080415154318.jpg



お父さんが頼んだダブルバーガーを、レタスパワーで圧倒?

screenshot-07_20080415154311.jpg


このハンバーガースツールに座って食べたい!




↑お肉パワーがちょっと欲しいときは、こういう肉汁がたちこめるお店に行って深呼吸して
 間接的に補充するっていうのもテかも、と思ったらぽちっと。

年上におごってもらいたいマクロビオティック・フル・コース「カフェカリフォルニア」シェラトン都ホテル・白金台

2008年04月06日

Mystery Science Theater」という1980年代のアメリカのテレビ番組は、


mysterysciencetheater.jpg



3人のキャラが昔のB級SF映画にツッコミを入れるだけで成り立っていた

カルト的コメディー番組なのだけれど、

このブログも、

他の人が書いたベジ店食べ歩きブログの写真やコメントを引用させてもらって成り立っている

という意味では、同じラインか?? 

と、ふと思った。



特にしろうささんとfumieさんのブログには、

お世話になりっぱなしなのですが、

お二人共が、すごく素敵な写真を載せていて、

前から気になっていて、

Sweet Earthにも以前から登録していたお店が、ここ、カフェカリフォルニア


予約しなくても、こんなフル・マクロビオティック・コースが注文できるとは、

驚き!!



しろうさんのブログより、今年2月のランチ。


screenshot-04_20080406144357.jpg


う、美しい・・・。

screenshot-05_20080406144405.jpg



そして、fumieさんのブログより、去年9月のランチ。

screenshot-06_20080406144411.jpg


ほんと、こんな凝ったお料理は外食ならではの贅沢。

screenshot-07_20080406144417.jpg





じわじわと職場の人などにも、私が

「肉、魚、え?? 卵もダメ!?」な人

であることが浸透してきた今日このごろ。


そして、なぜか

「○○プロジェクトがうまくいったら、好きなものおごってあげるよ」

とか

「打ち合わせを兼ねてお食事でも」

みたいなことを言われることが重なる、今日このごろ。


ときめきデートというシチュエーションでは全くない(きっぱり)という点が

ちょっと哀しいところですが、

とりあえず、今、おごってほしいナンバーワンのお料理は、

カフェカリフォルニアのマクロビオティックコースってことで★



↑「カフェ」という気軽な店名で油断させて、6000円超のコースをおごってもらうのは
 ずるいけど賢いぞ、と思ったら、ぽちっと。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。