スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

房総夫婦の農あるパン屋さん「ターマリー|Tarmary」千葉兼いずみ市

2009年07月04日

若い夫婦が思い描いた夢を実現させ、2008年にオープンしたパン屋さん。

お取り寄せの他、
金・土・日の午後は千葉房総の実店舗で店頭販売をしています。

地域の農家とのつながりを大切にしながら作るパンのリストはこちら(PDF)
食材は完全植物性のようです。



チョコレートxピーナッツのハードパン。
酒種あんパン。
和食パン。

など、気になるパンがたくさん。

ブログを見ると、今ちょうど二人目のお子さんを出産する直前、
もしくは出産したばかりというおめでたいタイミングのようです★




↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

スポンサーサイト

アレルギー専門ケーキ屋さん「シェワタナベ|Chez Watanabe」静岡県沼津市

2009年07月03日

アトピーの子供を持つお母さんの愛情が原動力となって生まれた
アレルギー対応スイーツのお店。

こちらのお店のケーキはなんと、

厚生労働省アレルゲン「特定原材料」の
卵・牛乳・小麦粉・落花生・そば・大豆・山芋・くるみ・ゼラチンなど25品目全てを
除去して製造可能。

でもアレルゲンをむやみにシャットアウトするというのではなく、

「これらの食品の中に、食べられるものがある方には、
栄養の面からなるべく除去する食品を少なくしてお作りするようにいたします」

との追記に、細やかな配慮がこもっている。







ネットでお取り寄せできますが、
実店舗も静岡にあります。

オーナーシェフの渡邊香代子さんのレシピ集大成本が2008年に出版されているようです。



表紙のプチケーキ、華やかかつ可愛くて
子供だけでなく、大人にも通用する!


↑プチぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

ほっとけないマクロビ的スロースイーツ「KTEA|ケティ」

2009年07月02日

キャッチコピーのセンスのよさが光る、スロースイーツの小さなオンラインショップ。



マクロビのクッキーとスコーンとベーグル、
それから最近流行りのスイーツ雑貨などです。

お砂糖はパラグアイ産のゴールデンシュガーやフィリピン産のマスコバド糖など、
こだわりのフェアトレード品を使っています。


↑ほっておいても大丈夫という逞しさが目立ってしまう「ほっとける」キャラかも私、と開き直る私に、ぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif


キング・オブ・ポップならぬキンブ・オブ・パン「王様のパン」

2009年07月01日

オンラインショップは、実店舗のカフェなど以上に移り変わりが激しいので、
ちょっと前に見つけた店が、いざ紹介しようと思うと閉店や休業していたことはよくある。

でもここは逆に、初めて見つけたときは無期限の休業中で、
今回アクセスしてみたらなんとタイミング良く再開していた♪



マクロビオティックのパウンドケーキもっちり蒸しパンの、
大きく分けて二種類の品物です。

完全植物性で、お砂糖なども使っていないようです。


↑そういえばキング・オブ・ポップの食生活ってヴィーガンだったっけ?とふと気になったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif


ビオケーキはマクロビ対応「Select Eye Web Shop|セレクト・アイ・ウェブ・ショップ」

2009年06月30日

こだわりの素材を使った、大人向けのしっとりマクロビスイーツ二種類を
お取り寄せできます。



丸いホールケーキだと、ちょっと気合いが入りすぎで浮いてしまうイベントの時に、
パウンドケーキってちょうどいいよね。


↑ビオって発音すると可愛いけれど、アメリカ英語だとbio=バイオ=履歴書・プロフィールってなっちゃうのが難点だなあ、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。