スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふらりと気楽に大衆台湾素食料理「健福|Chien-fu」(立川)

2010年06月02日

年に一、二回、立川に行く用事がありつつ、
立ち寄る機会を逃していた「健福」で
ようやく今年の1月、食事をしてきました。

駅に直結したビル、グランデュオ立川の中にあるということは知っていたけど、
グランデュオの7階が「立川中華街」という中華料理店のモールになっているとは
足を踏み入れるまで、まったく予想だにしませんでした。



横浜中華街とはもちろん比べようもないけれど、
でも商業ビルの利用として、こういうテーマモールっていいかも!
ただ、食事は一度に数カ所立ち寄ることは普通ないだろうから、
古本屋モールとか、古着屋モールなんかがあればいいのに。
(あ、古着モールは下北沢にそれっぽい場所があったかも。)

なんてこと思いながら、フロアをぐるっと一周したら、
「健福」にたどりつきました。



私の目は、店の外に陳列されているメニューサンプルにくぎづけ!



うわ、これも、あれも、全部ヴィーガン!?
ま、迷う!と入店する前から舞い上がる。
実際には、ここに収まりきらない数のメニューがあります。



店内入口付近のカフェ風テーブルは、残念ながら喫煙席。
左奥に禁煙席のテーブルがたくさんあります。



スイーツがついてくる麺セット(確か酸辣湯麺)を頼んだら、
おっきな器にあふれんばかりの大量の麺!
けちけちしていないからなのか、雑だからなのかは受け止めようですが、
私はこの盛り付けセンスに異国情緒を勝手に嗅ぎ取りました。



具材の戻し加減など、全般的にややテキトーなところもありましたが、
そのいい加減さが気楽で、私の性分には合いました。
イカもどきやハムもどきなど、大豆加工食品のリアルさはさすがにすごく、
ここでの驚きが、横浜中華街の「ばんわろう」へ足をのばすきっかけとなったのでした。





麺の量は多かったですが、予想していたより重たくなく、するするっと完食。
スイーツは、見た目に反して、ものすんごく甘くて、
甘い物がそれほど得意でない私には完食無理でした。
台湾はトロピカル風土だから、スイーツは徹底的に甘いのね、と学習。

わざわざここで食事をするために立川に行く事はないだろうけれど、
こういう大衆的なべジ料理店が下北沢の駅近く、
たとえば、北口のピーコックのビルの2階の中華料理店のあたりにあれば、
絶対常連になるのになー。


去年、お店がレシピ本を出していて、
これからも積極的に展開しそうな雰囲気なので、
下北沢店もあながち夢でない!?

■医食同源!台湾式菜食レシピ--素食レストラン「健福」の野菜たっぷりベジ中華 (単行本(ソフトカバー))

健福 グランデュオ立川店 (台湾料理 / 立川、立川南、立川北)
★★★☆☆ 3.0

スポンサーサイト

大和撫子なヴィーガンらあめんナナコ2010「らあめん花月」新宿

2010年03月26日

毎年恒例となった、全国ラーメンチェーン店らあめん花月の
期間限定ベジらあめんナナコが今年も登場。



「走る走るー俺たちー」のサンプラザ中野がベジタリアンロッカーだったとは。



去年は、トマトとバジルでイタ リアンなRossoでしたが、
今年は、大根おろしとなめこで純和風です。

11時から15時までの禁煙タイムを狙って、新宿西口店でお味見に行ってきました。
べジメニュー普及も嬉しいけれど、飲食店の禁煙環境の普及もすごく嬉しい!

▼らあめん花月▼らあめん花月


ラーメンに大根おろしって、良いアイデアかも。

▼らあめん花月

奇抜でも派手でもないけれど、ラディッシュ、ゆず、ねぎの彩りで十分キュートじゃない♪

▼らあめん花月

具も麺もたっぷりだけれど、あっさりしているので胃にもたれません。
じゃこもカツオブシも使っていなく、アレルゲン情報ページを見る限り、
卵や乳も不使用で、完全植物性=ヴィーガンのようです。

▼らあめん花月

店内で流れている広告放送で、
「普段ラーメンを食べない方たちや女性の間で話題になっている、
 ベジらあめんナナコ!」
と謳っていたのが、面白かったです。

週に数回はラーメンを食べる人たち、という男性を中心とした人口が
おそらく日本にはかなりの人数いるわけで、そういう人たちからしたら、
「普段ラーメンを食べない方」というのは不思議な存在で、
ぜひともラーメンの世界に引き込んでみたい対象なんだろうな。
そのために、クラシカル・ラーメンの基本である
豚骨や鶏ガラという常識を切り崩して頑張ったぞ!
みたいな誇らしげな達成感が漂っていて、
「頑張ってくれて有り難う!」と褒めてあげたくなりました。


▼らあめん花月

野菜の具材のみのギョウザも、同様に期間限定で登場していました。

ギョウザに関しては、豆腐やオートミールをベースにした美味しいべジレシピが
かなり出回っていて、自分でも作っているので、
肉を入れずにニラ等野菜だけを残しました、というのでは、やや物足りなかったかな。
コスト的に、このメニューにしか使えない変わった具材を取り入れるのは難しいのだろうけれど、
今後いろいろ模索してみてほしいです。

▼らあめん花月

数年前まではかなりレアな存在だったヴィーガンラーメンも、
新宿東口「麺創房 玄|Gen」の玄菜麺など、少しずつ本格派が台頭してきているので、
今後の底上げが楽しみです!

ナナコも来年、さらにパワーアップしての再登場を期待しています♪

らあめん花月 嵐 西新宿店 (ラーメン / 新宿、都庁前、新宿西口)
★★☆☆☆ 2.5


お茶目なおじさんパワーみなぎる台湾素食メニュー「萬和楼|Banwaro」横浜中華街

2010年01月26日

台湾ベジ素食メニューが豊富なこの老舗店のことは、
マクロビ系のブログだけでなく、口コミサイトでもしばしば目にしていて、
非常に気になっていたのですが、
人混みが苦手なので横浜中華街の喧噪に分け入る気力が湧かず、
先延ばしにしていました。

用事がキャンセルになってぽっかり空いた天気の良い週末、
鎌倉の祖母に久々に会いに行こうと思い立ち、その道がてら、
横浜中華街に立ち寄ることに。

ランチのピークが来る前にと、11時半頃めざして行きました。

が、自分の方向音痴と周囲の人混みに攪乱され、
到着したのは結局お昼少し前。

▼萬和楼|Banwaro

イメージしていたどおり、年季の入ったアットホームなお店でした。
おしゃれでは決してありませんが、
日々真っ当に働いて築き上げてきた歴史を感じます。

▼萬和楼|Banwaro

中華料理は、やっぱりご飯よりも麺類が秀でてると思うので、メインは麺類
それから、自作を試みるほど最近密かにはまっている、大根餅

と、あらかじめ決めていたので、
「ベジタリアンメニューでおすすめの麺は?」と聞いたところ

「麺なら麻醤麺が絶対におすすめだよ!ゴマダレのかかった麺ね。
最初はお客さんにいくら説明しても誰も注文してくれなかった。
でも、ゴマが健康にいいって、みのもんたがテレビで言ってから、
みんな、これ体にいいって気づいたんだよ」


と難なく決定。
みのもんた節がこんなところまで轟いているとは、おじさんパワー侮れない。

青菜ともやしと麺にゴマダレがかかったシンプルな一皿。

▼萬和楼|Banwaro

ガッと下まで混ぜると、ゴマダレがたっぷり出てきてます。

▼萬和楼|Banwaro

ゴマダレは見た目よりもあっさりとしていて、全然しつこくありません。
するっと平らげました。

そして本命の大根餅は、ぷるんとした食感といい、
肉やホタテ疑惑が浮上しそうなほどリアルなディテールといい
(本当に肉やホタテだったりして・・・汗。
いや、でも「ベジ用の大根餅ね」とおじさん自ら確認してくれたので間違いないはず。
変化自在な大豆ミートの妙でしょう)

大満足


▼萬和楼|Banwaro

「うーん、美味!
 自分で作ろうとしても、なかなかこうはいかないんですよね」


と感嘆の声をあげると、

「台湾のお米じゃないとダメよ。もち米でもダメ」


と盲点をずばり突かれました。

台湾のお米って、タイ米のように日本米よりもあっさりしているのかな。
葛粉あたりを駆使してもダメかな、といろいろ考えながら、
一皿フィニッシュ。

▼萬和楼|Banwaro

なお、ここの大根餅は、夏場は作らないそうで、
寒い時期限定のメニューだそうです。

12時を回ると、常連さんやベジタリアンメニュー目当ての方などで、
あっという間に店内は、ぎゅう詰め。


最初私が到着したときは、まだ店内が空いていて、
おじさんも余裕があり、
数十年の常連客というご夫婦と記念写真を撮ったり
(撮影を頼まれたのは、その時点で唯一のほかの客だった私・・・笑

ブログに載せる写真の撮影許可を求めた私に
ネット上の口コミのことを根ほり葉ほり聞いたり、

常連さんに運びかけた餃子を
「あ、ちょっと写真撮っておくから」
自分も撮影モードに入ってみたり、

とお茶目キャラ全開だったのですが、

▼萬和楼|Banwaro
(↑餃子を撮影するおじさん)


続々とお客さんがさらに4組ほど来店し、
小さな店内がぎゅうづめ状態になってくると、
おじさんもきびきびと無駄を省いた動きに。


▼萬和楼|Banwaro
(↑写真でメニューを説明するおじさん)
奥の台所に注文を伝え、
料理を運び、
焼き餃子を頼んだ常連さんには
「水餃子の方が時間かからないよ」
巧みにメニュー変更を迫り、
ベジタリアンメニュー目当てのおばさま方に
メニューの説明をして、
と大忙し。

の真っ最中に、いきなり私に「ちょっとこっち来て」と店の奥から手招き。
もしやホール係手伝えとか?と思いきや、

「個人のホームページでこのお店を紹介してくれるんでしょう? 
 一緒の写真撮りましょう。記念撮影は本当は常連さんだけ。
 だっていきなり怪しいでしょ。でも特別ね」


と、近くにいたお客さんにカメラを渡して、私とあっという間にツーショット。

その屈託のない人柄が、このお店の魅力の一つであることは間違いなし。

麻醤麺以外では、
大豆肉を利用した「牛肉と野菜の炒め」とか「エビチリ」などがおすすめのようでした。
「ベジタリアンで卵抜き」の素食メニューがかなりの数
(もちろんノンベジの料理もたっくさん)あるので、
友達大勢で押し掛けるのもいいかも。

▼萬和楼|Banwaro▼萬和楼|Banwaro
▼萬和楼|Banwaro▼萬和楼|Banwaro

6人くらいまでなら、予約すれば一つのテーブルを囲めそうでした。

朝陽門から中華街大通りを進んで5つ目の道を左に入って、
次の大通りの手前左側にありますが、
私はこのルートで道のカウントができずに迷ったので、
次回は、天長門を下って4本目の右、で行きます。


▼萬和楼|Banwaro
▼萬和楼|Banwaro▼萬和楼|Banwaro

4本目の右角にきらびやかな関帝廟がそびえたっているので、
これならさすがに迷わない・・・はず!
こんな地図で予習して、中華街の門の場所と全体像も把握しておけば、なおよし。

萬和樓 (台湾料理 / 元町・中華街、石川町、日本大通り)
★★★★ 4.0

計量感覚を研ぎ澄ませてレッツ・バイキング「苓々菜館|Rinrinsai-kan」錦糸町

2010年01月14日

錦糸町を経由する用事ができたため、
ずっと前に見つけて、そのツッコミ満載なネーミングで一人盛り上がった
苓々菜館(りんりんさいかん)に寄ってみました。

R0012342

意図せず偶然に、年明け2店連続で台湾素食(ベジタリアン食)です。

コテコテ中華系と思いきや、家庭的な定食屋さん風でした。

R0012346

R0012350

ランチの売りは、時間・容量制限ありのバイキング

小・から「中」の容器を選び、
たくさんのお総菜の前で一瞬たたずんでいたら、
お店の方が「もしかして初めて?」と声をかけてくれ、
ルールを説明してくれました。

R0012349

容器の真ん中に入れられるのはお米だけ。
白米玄米チャーハンカレールーのどの組み合わせでもOK。
カレーは14~15種類の野菜を煮込んだもの。

ふむふむと説明を聞きながら、お総菜全種類制覇すべく、
慎重かつ貪欲にお総菜を容器に詰めていたところ、

「そこで一度計ってみたほうがいいかもしれません。
お総菜の上限量が中サイズの容器だと350gなので」


と指摘してくれたため、慌てて計ってみると、
なんとぴったり350g

すごいですね、と褒められ、ちょっと嬉しい。

ご飯は、チャーハンと玄米を半々ずつ入れて、カレーを少しかけて、
合計530gくらい。

上限600gなので、ご飯をもっと入れることもできましたが、
さすがにこれで十分。

R0012344

(後から入ってきた女性のお客さんたちは皆、「小」の容器だったので、
私はやっぱり大食いの部類に入るのだなあと実感。)


各お総菜の内容は、お店のおじさんが丁寧に一つずつ教えてくれました。

野菜のかき揚げ里芋を使ったバーグ麦ツナとオクラなど、
自分のお弁当に応用してみたいおかずのサンプリングとしても楽しめました。

メニューは基本的にヴィーガン(完全植物性)ですが、
この日のメニューではカレーに少し乳製品が入っているとのことでした。

台湾素食というより、全般的に日本仕様にアレンジしているので、
ノンベジの人でも馴染みやすい気がしました。
実際、若い男性や女性、また中年のサラリーマンなどが、
普通の定食屋に通う雰囲気で次々と来店していました。


R0012347

積極的にいろいろご指導してくれたおじさんがオーナーなのかと思っていたら、
帰り際のレジで、

「このお店を開いたのはね、ベジタリアン歴27年のこちらの女性」

とレジに立っていた女性を紹介されました。

台湾ではこういうお店がそこらじゅうにあるんですか? と聞いたところ、

あの小さな国土になんと3000以上も素食(ベジタリアン)のお店があるのだそう。
素食専門店でないカフェなんかでも、たいていベジ対応のメニューがあるとか。

そこまで普及しているのは、仏教など宗教的な影響なのかと思ったら、
それもあるけれど、20年ほど前に、国民の健康悪化傾向が社会問題となり、
食生活を見直そうという流れが強まり、昔から台湾にあった素食が復権したんだって。

たとえば彼女の姪が台湾で通っている小学校では、
入学のときにベジタリアン対応給食にするかどうかの選択肢を
あらかじめ登録できたそう。


うーむ、やるなあ台湾
よく考えたら飛行機で数時間と近いし、今年一度足を運んでみようかな★

R0012360

R0012357
駅の北口を出て線路沿いに左方面へ進み、信号を一つ超えて、さらに進んだら右側。
駅からすぐなので、乗り換えのついでにちょっと寄るのにぴったりでした。


苓々菜館 (台湾料理 / 錦糸町、亀戸、住吉)
★★★★ 4.0


この唐揚げの食感にはびっくり「尚天然|Shotennen」新大久保

2010年01月11日

ここの大豆肉(肉もどき)の唐揚げは、
これまで食べた中で一番美味しかった
とほぼ断言できます。

▼尚天然|Show tennen

本物の肉であれば、脂身?と思ってしまうくらいプルンとしていて、
何か特別な食材を使っているのだと思いました。

お店を一人で切り盛りする、在日数十年の台湾人おばさまから
大豆たんぱくだと聞いてびっくり。

▼尚天然|Show tennen
「みんな使い方間違ってるの。コツは、戻した後一度ゆでること」

と教えてくれました。
これは試してみたい!と思ったので、久々に大豆たんぱくを購入せねば。

肉もどきはベジ食への移行時に便利で、
私も生まれて初めて食べたときの新鮮な驚きは今でも覚えていますが、
しばらくするとその新鮮さも薄れ、
野菜や豆、穀物でじゅうぶん満足するようになり、
ほとんど使わなくなる
パターンが周りを見ても多いです。

なので
久しく食べていなかったから余計その食感に驚いたのかもしれませんが、
とにかくこれは一食の価値ありです。

以前は池袋でもっと小さいお店をやっていたという
オーナーシェフのおばさまは気さくでとても明るい方ですが、
いろいろ苦労もされています。

30年近く前に体を壊したことをきっかけにベジタリアンになり、
台湾のベジタリアン料理を日本でも広めたいと頑張り、
池袋店の倍広いお店を新大久保に開くことを決意。

▼尚天然|Show tennen

そのために台湾から料理人の女性を雇ったところ、開店まもなく、
ベジタリアンメニューを料理する気はない、とその料理人が言い出し、
勝手に台湾に帰国してしまったそう。

(以前こちらに訪れた方から、
「ヴィーガンメニューの日だったのに卵を入れた料理が出てきて、
そのことでお店の女性2名が喧嘩をしていた」
という情報をいただいたことがありますが、
おそらくこの過渡期だったのね。)


オーナーの女性はショックで、
このお店を一人でなんて切り盛りできない、
と数日間泣き暮らしたそうです。

でもしばらくして、
一人でやってできないことないかも」と気持ちを取り直し、
団体客の予約が入ったときだけバイトを頼むなど
臨機応変に対応しながら、前向きに奮闘中

こういうお店に来る人は皆本当にいい方たちで、そのおかげで頑張れる
とニコニコ。

混んでいるときはどうしてもサービスが遅くなりがちだそうですが、
ピーク時を外すとか、事前に一言連絡を入れておいてあげるとよいかも。

▼尚天然|Show tennen

なお、メニューはベジタリアンでヴィーガンとは限らないので、
卵は多少入っています。
(私が頼んだランチセットのスープの具と、唐揚げの衣もおそらく。)
でも事前に連絡すればヴィーガン対応にもしれてくれるそう。

それから、もちろん一押しは唐揚げです。

私は最初その事実に危うく気づかず、
「年末食べ過ぎて胃がもたれているから、揚げものはやめておこうかな」
と麻婆豆腐を注文したところ、
オーナー女性が一瞬もの言いたげな表情をしたのです。

それを見逃さず、
「なにがおすすめですか?もしかして唐揚げの方?」と聞いたおかげで、
期待以上に美味しい唐揚げを味わうことができました。
(そして「麻婆豆腐も作ってあげる」とオマケもしてもらっちゃいました★)

▼尚天然|Show tennen

実際にお店に足を運んで、好奇心旺盛に見聞きするってやっぱり原点だね。


▼尚天然|Show tennen

▼尚天然|Show tennen
新大久保駅を出て右側へ。大久保通りを明治通りまで進み、左折。
通り左側のバス停の手前、看板がいくつか出ています。
▼尚天然|Show tennen▼尚天然|Show tennen


尚天然 (台湾料理 / 東新宿、新大久保、大久保)
★★★★ 4.0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。