スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱たっぷりのスローイタリアン 「ア・リッチョーネ|A Riccione」 神奈川県鎌倉市

2009年03月26日

スタッフやボランティアが耕した畑から採れる野菜を使う、

自給自足のお店だし、

おそらくベジタリアンフレンドリーだと思ったのだけれど、

念のため、

ベジタリアンがいただけるメニューの有無と、事前予約が必要かどうか、

問い合わせてみました。

riccione2.jpg


「勿論事前にご相談いただいてからの来店が良いかとは思いますが、

海外からの観光客の方も多い土地柄、

ご来店されてからのご注文にもお応えできるように準備はしております。

(食べられる物をお伺いして、ご対応できるメニューをその場で考えます)

肉魚の塊は避ける(動物性の出汁や、卵や乳製品は大丈夫という)方でしたら

食べられる物はございます。

ですが、動物性の脂肪分(ラード)や卵が食べられないようですと

サラダ程度の限定されたメニューに限られてしまいます。



という、丁寧なお答をいただきました。

店内の風景は、こちらの鎌倉サイトや、

riccione.jpg

こちらのブログなど。




↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif


【Sweet Earthの更新情報】

▼お店HPのサムネイルも一気に登録したよ。
VEGAN PEACE HEARTS CAFE
レストラングルッペ
from Earth Cafe Ohana
Rainbow Bird Rendezvous
ゴーヴィンダス
香林坊
Sobe's cafe
あさひ
SOiL CAFE
菜懐石 仙
野菜カフェのどか
おむすび茶屋
ラーメンどん
天使の愛ス
エヴェダイニグ
SIO菜
野菜王国
紅い櫨の庵
スポンサーサイト

地上130mでゆったりと 「リストランテ・ヒロチェントロ」 丸ビル

2009年03月21日

高層ビルは、エコやロハスやスローでは決してないけれど、

ある意味、地球ガイア的な思想と相反するわけでもないかも。

なぜなら人間は昔から本能的に、

高く高く、上へ上へ、空や宇宙へをの憧れを募らせてきたのだと思うから。

人間の力を誇示して、頂を制覇したいという面よりも、

下界に広がる空間と、そこに存在する人間のちっぽけさを認識することで、

人間だって大きな環境の一部なんだ、という安心を求めてきたのかもしれない。

hiro1.jpg

丸ビルの35階から、

建物一つ一つの灯りを眺めていると、

その一つ一つに、一人、そして一家族の人生があるんだなあ、、、

と飽きない。

hiro3.jpg

hiro2.jpg

hiro4.jpg

ランチに、ベジタリアンメニュー(デザートメニューのすぐ上)があり、

ディナーは、事前相談でベジ対応が可能です。


↑窓際ゲットが命だね、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif


【Sweet Earthの更新情報】
▼京都付近を集中的にがっつり、ざっくり登録しました。(写真収集中なので、更新リストのうしろに。)
 
MOMI CAFE
Village
おばんざい
ケララ
阿じろ
割烹きよす
大徳寺一久
半兵衛麸
彌光庵(みこうあん)
よらむ
Yak & Yeti (ヤク&イェティ)
Yak & Yeti (ヤク&イェティ)
Sunshine Cafe
天龍寺篩月(しげつ)
やお屋の二かい
hale(晴)
ファラフェルガーデン
Sunny Place
HARU|ハル
のん|Non

ナポリピッツアのデリバリー 「Salvatore Cuomo」 都内あちこち

2009年01月01日

お節料理を母親とがんばってたくさん作ったので、

朝から、お腹いっぱい食べてしまった。。。


で、今日も夕飯はごく小量もしくはナシにしようと思っているのだけれど、

おせちを消化できたころに、ものすごく食べたいものが急浮上。


ピザ! しかも、デリバリーピザ!


特にチーズが食べたいわけではないのだけれど、

急に「ピザが食べたい!」と思うということは、体が乳製品ほしがっているのかなあ、

と少し考えてみたのだけれど、どうもそうでもない。


なので、できればチーズ抜き、もしくはチーズ小量のデリバリーピザを探してみました。


その結果分かったことは、メジャーなデリバリーピザ屋は基本的にどこも、

プレーン=チーズピザ、だということ。

ベジタリアンピザがあるところもいくつかありましたが、

これはベジフレンドリでイケそう!と私がたどりついたデリバリーピザが、ここ。

cuomo1.png


他と比べてそれほど値段が高いわけではないけれど、

こちらの食べログの口コミでは、

「とにかくピザが美味い!
数あるデリバリーピザの中では群を抜いて美味しいと思う。」


と絶賛されているし、

メニューの写真を見ていても、なんとなくセンスがよさそう。

cuomo3.png


そして、まさにヴィーガン(チーズなし)のマリナーラピザもあります。

少しくらいのチーズがOKなら、マルゲリータも。

cuomo5.png


残念なことに、今日はお休みだったので(当たり前か)

オーダーはお正月後半トライしてみます。


デリバリーピザがだめだと分かったあとも、しばらく諦められず、

自分でピザ生地を作ればいいじゃん、と唐突に思いつき、

ずっと前に買ってあった天然酵母+お湯を瓶で混ぜたのですが、

これって発酵するのに26時間かかるんでした。

しかも酵母がやや古いからどこまで膨らむか微妙。



結局、トーストwithトマトソースとかに落ち着きそうな雰囲気です。。



こんな、行き当たりばったりの私ですが、

今年もどうぞ温かく見守ってください♪



そして、どこかおすすめの、ベジ系ピザがあれば、教えてください★

数歩ゆずって、フォカッチャでもいい!


↑むっちりピザかさっくりピザか、好み分かれる世ねえ、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

評判高いイタリアン店が出す野菜コース「Ciao Bella」六本木

2008年06月13日

お手伝いした仕事がうまくいき、

「お礼にどこかお食事連れて行ってあげるから、場所考えておいて」

と言われて、

「えー、今ちょっとお腹の調子が悪いから、どうしよう・・・」

とか言いながら(お腹の調子が悪いのは本当)

即効、頭の中で、にょっきさんが以前コメントに書いてくれた

おごってもらいたいべジ店リスト」を思い浮かべながら、真剣に検討開始。



コンラッドはまだ行ってないけれど、ちょっと高すぎるかなあ。

ペニンシュラのヘイフンテラス、もう一度行ってみる価値絶対あるよね。。

メルロパノニカのあの白いすっきりとした空間も恋しいし。

アラクッチーナなら、職場から近いし。。


と、まだしばらく迷いそうなのだけれど、

もう一店、にょっきさんが後日教えてくれた、この六本木のイタリアンも候補に追加した理由は、

screenshot-01_20080614101302.jpg

Photos by Ciao Bella


おごってもらう相手が、年上の男性なので、

なんとなく、和食よりも洋食かなあ、という直感と、

職場に近すぎず遠すぎない、六本木という立地条件と、

あと、ノンベジブロガーの間での評判の高さ。


screenshot-02_20080614101308.jpg

Photo by Ciao Bella


そして、前日までに予約すれば、かなり充実した野菜オンリーコースがいただけるし、


ciao22.jpg

Photos by Many Happy Returns!


店の雰囲気も、落ち着いていて、よさげ。



screenshot-06_20080614101317.jpg

screenshot-07_20080614101326.jpg

screenshot-08_20080614101333.jpg

Photos by Ciao Bella


一点、ちょっと躊躇している理由が、

女性率9割以上、という巷のブログや口コミサイトでの書き込み。

確かに、エントランスの雰囲気は可愛く甘め。


ciao3.jpg

Photo by Going Kyonko's Way

screenshot-04_20080614101313.jpg

Photo by Ciao Bella


仕事のことでいろいろ話さないといけないこともあるから、

あまりそわそわされてもなあ。。。

うーむ、悩むところです。

今のところ、ここか、ヘイフンテラスが有力候補。。。



↑そこまで絞り込んだなら、あとは相手にどっちかを選んでもらえばいいのでは、
 と思ったら、ぽちっと。


↓本家サイトはこちら。これからレベルアップしていくので、乞うご期待★
 デザインの助っ人を見つけたぞ。
sweetearth_logo.gif

聖フランチェスコも舌鼓をうったかもしれないナチュラル・イタリアン「アッシジ」神楽坂

2008年06月08日

「マクロビオティック的においしいお店」・・というタイトルのブログ記事

にょっきさんが書いていて、

お、どこどこ? と思ったら

「美味しい」ではなく「惜しい」店だったのだけれど、

これも確かに貴重な情報。


体調・信念・宗教など、理由はさまざまにしろ、

出汁も含めて完全植物性でないと困る人もいるわけで、

どこまでそれに対応してくれるか、

こうやってまとめてくれて、ありがとう>にょっきさん。

(kurasse会員でないとブログにコメントが書き込めないので、ここで代わりにお礼を・・)


さて、このリストの中で、初耳かつ目をひいたのが、神楽坂のこのイタリアン居酒屋。

実は、私、高校生の時イタリアのアッシジに行った事があるのです。

ローマとフィレンツェの間くらいのところ。

Basilica di San Francescoていう教会で、聖フランチェスコの人生を描いた大きなフレスコ絵を見た記憶が・・・。

screenshot-01_20080609082717.jpg


てなことで、脳の奥にインプットされていた「アッシジ」という地名に反応したわけですが、

脳のもっと表面的なところでは、

「ホームページが絵本ちっくで可愛い!」

というミーハーなレスポンス。

screenshot-02_20080609080233.jpg



平成10年に恵比寿でオープンして以来、都内点々として、

去年、神楽坂のスナック居抜店舗にて再開したというこのお店のオーナーが選んだ

新たな切り口が、

和風ベースの「素材へのこだわり」と「シンプルな調理法」

ということで、


screenshot-05_20080609080241.jpg


にょっきさん情報によると、これが実は「アッシジ流マクロビオティック」。


ランチはさすがにマクロビ対応していないみたいだけれど、

ディナーは予約すればマクロビコースがいただけるみたい。


お店は赤いドアが目印だね。

screenshot-03_20080609080007.jpg




↑聖人といえどもイタリア人だから、やっぱり食べることには結構執着もっていたのかなあ、
 なんて罰当たりなことを考えてしまったら、ぽちっと。


↓本家サイトはこちら。これからレベルアップしていくので、乞うご期待★
 今週はほとんど手を加える時間がなかったけど、頭の中でいろいろイメージ。。
sweetearth_logo.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。