スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お取り寄せ】【期間限定】 潮風のこみちクッキー (ツリープ treep)

2009年01月05日

年末をハワイで過ごした知り合いからいただいたクッキーに、

トフィーの小さなかけらが星屑のようにちらばっていて、

あますぎず、上品すぎず、ヒットだったのだけれど

たまたまバター以外の乳製品(つまり卵)が入っていないもので、嬉しい驚きでした。


なぜ、そんなノンベジクッキーの話をここでするかというと、

それをいただいた後、今日のネタを探し始めたら、

なんとそっくりのクッキー(そっくりだけど別物だよ)、しかも年賀限定バージョンを見つけたから。


クリスマスケーキでも登場した鎌倉のツリープさん。

shiokaze1.png


鎌倉の由比ヶ浜とかって、本当に「潮風が漂うこみち」がたくさんあるんだよね。



これ、これ、見た目がまさに、こういう感じだったの、ハワイ土産のクッキー。

shiokaze2.png


お年賀のパッケージが素敵。


この紙の容器を見ると、高校留学時代に、

全寮制だった学校のカフェテリアの食事に辟易して、

しょっちゅう近所のチャイニーズデリバリーを頼んでいたことを思い出す。

当時の私の定番は、野菜ポットスティッカー(餃子)とホット&サワースープだったなあ。




↑昔の思い出って、ひょんなきっかけで、大量のディテールと共に怒濤のごとく押し寄せてくるよね、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif
スポンサーサイト

【期間限定】 京きなこの焼き芋ロール 「Kick Back Cafe」 仙川

2009年01月03日

お年賀スイーツというフレーズを初めて知りました。

年賀状の代わり(時差代用?)である寒中お見舞いのように、

お歳暮の代わりにお年賀スイーツというのは、いいかも。

あるビジネスウーマンが、

「お歳暮に物を送ったって、他の人が送ったものに埋もれるだけだから」と考え、

お歳暮はやめにして、代わりにバレンタインチョコを取引先の会社の社長などに贈ったところ、

めちゃくちゃ大反響を呼んだ、

と聞いたことがありますが、

確かに、お歳暮よりもお年賀スイーツかバレンタインの方が目立つね、確実に。



kickrollcake.png

去年、アメリカ人の友人を東京案内していたとき、

新宿伊勢丹のデパ地下 (外人を喜ばすおすすめスポット)に立ち寄ったのだけれど、

ロールケーキを見て、「あれ、何?」と聞かれてびっくりした。

そういえば、アメリカでは見たことないかも。

まさかカステラのように、日本に帰化したスイーツなのか、、と思って調べたら、

そうではなく

英語ではスイスロールと言うらしいので、スイスのお菓子みたい。

で、フランスでは、ご存じ、薪の形をしたクリスマスケーキ、ビュッシュ・ド・ノエルの台としても使われてる。


そんなロールケーキが日本で、抹茶とかではなく、

きなこ&焼き芋というフレーバーで登場しているあたり、

ロールケーキが日本の市民権を獲得して、ほぼ完全順応している証拠。


スイーツに関しては、日本ってすごくオープンで国際的だよね。


あ、ちなみにこのロールケーキ、お取り寄せではなく、予約店頭販売のようです。

場所は、前に紹介した、、、、と記事にリンクをはろうとして今気づいた!

なんと、まだ紹介していなかった!?


オーノー!

ということで、順番が逆になりますが、次の記事で改めて紹介します。



↑お取り寄せの年賀スイーツ特集、、、はちょっと今からではきつい、と残念に思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。