スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サンフランシスコ特集]Monk's Kettle|ヘルシーじゃないベジだっていいの

2009年06月13日

ここしばらくどうにも忙しすぎたのでブログからプチ休暇をとっていましたが、
そろそろ復活します。

実は今、大学時代の親友の結婚式のために
3泊の弾丸ツアーでサンフランシスコにきています。

式は無事おととい終わり、
昨日は大学時代の別の友達に会いに出かけ、
まだ時差も抜けきっていない状態であと10時間くらいでSFをあとにします。

長年ベイエリアに住んでいましたが、SFのホテルに滞在したのは初めて。

少しの空き時間を利用して行ってみたいベジ系のお店がいくつかあったのですが、
結局別の用事に時間をとられて、行けたのは一軒だけでした。

でも、今度来るときの自分用のメモも兼ねて、
調べ上げたSFベジ店情報を超簡易式で一気に更新したいと思います。


お昼12時から夜中の2時まで営業しているこちらのバーでは、
ジャンキーでボリュームたっぷりのベジバーガーが有名らしいです。
ガーリック風味のポテトフライつき。

Monk's Kettle
3141 16st (Albion St)
(415)865-9523









スポンサーサイト

ベジお惣菜をおつまみに地ビール 「ToyToy|トイトイ」 山口県

2009年04月03日

「日本のビールは美味しい」と

と無難な会話を交わしていたつもりの日本在住の外国人が実は、

「日本の地ビールには、世界最高峰レベルとして通用するものが結構あるんだ」

と、聞いたことのない地名をすらすらと挙げるほどの、

かなりのビールマニアだったことが判明し、

へぇ、やっぱり日本のオタク文化・職人気質は、どんな分野でもかなりの線をいくんだ、

と人ごとのように思ったことがある。


本家サイト「Sweet Earth」にお店を登録するときに、

一軒ずつのメニューを改めてじっくり「読む」と、

玄米菜食のお店で、こだわりのお酒を用意しているところは結構多いということに気づき、

途中から、そういう情報も載せるようにしています。


こちらのお店のこだわりは、ずばり、

toytoy-hp300.jpg

日替わり定食は、たくさんの品数を楽しめ、

女子のランチにも、


toytoy-A1-150.jpg


toytoy-A2-150.jpg

toytoy-A3-150.jpg


ビール好きな男子にも、ウケがよく、


toytoy-B1-150.jpg

toytoy-B2-150.jpg

toytoy-B3-150.jpg


リピーターになる確率が高いみたい!

お店の名前は、アイヌ語で「土」。

「大地が生み出す自然の恵みを季節の移ろいと共に楽しみたい」

という想いが込められています。


↑地ビールは「ローカルのビール」という意味合いだと無意識に理解していたのに、小麦粉の「地粉」ってなんなんだろう、と長らく分からなかった、という天然な人は、ぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

ブリティッシュ・パブメニューが充実「Aldgate Pub」渋谷

2009年03月24日

夜、WBC決勝戦の再放送を見てコーフンして、

そのあと、いろんなニュースをハシゴしたりしたあげく、

疲れ果てて、コンタクトつけたまま寝てしまい、

当然朝も寝坊してしまいました。

本当なら、スポーツバーとかで盛り上がりながら見たほうが楽しいのだろうけれど、

小心者+非体育会系の私には、あのスリル満点の延長戦をリアルタイムで見るのは、

ちょっと心臓に悪いかも。


aldgate.jpg

こちら、渋谷のブリティッシュパブ。

サッカーほどではないかもだけれど、おそらくWBC観戦で盛り上がっただろうね。

aldgate-menu.jpg

ファラフェル+ピタ、クスクス+野菜ソースなど、

ベジのフィンガーフードが結構充実してます。


↑ところで、イギリスって野球すんの?と思ったら、ぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif


【Sweet Earthの更新情報】

▼お店の写真集集は時間がかかるので、その間「No Photo」画像ではそっけないので、ホームページがあるお店は、HPのサムネイルを登録しました。なので、一挙にほぼ全店、トップ画像がつき、にぎやか★ 

野菜が主人公の鉄板焼き 「ベジダイニング 芽」 新宿

2009年01月02日

年末に 赤坂鉄板焼きMadoYに行き、

焼き野菜の美味しさに改めて開眼したばかりなのだけれど、

新宿などにいくつか、野菜中心の鉄板焼き店を別途見つけました。

店名からは洋風のナチュラルレストランをイメージしますが、

vegedining1.png

落ち着いた、気さくな雰囲気の和風店舗。

vegedining2.png

実は元旦の朝、なぜかモーレツに焼きうどんか焼きそばが食べたくてしょうがなかった私としては、

(ピザ欲求に駆られたのは、午後から夕方。なんだったんだろう、あれは一体)

練り込みセロリの冷うどん、

旬野菜たっぷり焼きそば、

あたりが気になります。


個室、飲み放題あり

って、これは忘年会シーズンに紹介すべきお店でしたね。

ま、新年会にもぜひ!


↑飲み放題のかわりに、野菜食べ放題ってのはどうだろう、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

【閉店】大学生バックパッカー2人組の一年休学成果物 「Lohas' Packers」 大阪府

2008年11月13日

2009年6月に閉店しました。

今確認してみたら私のGoogleリーダー(RSSリーダーね)には154件のフィードが登録されているのだけれど、

リンクを実際にクリックしてオリジナル記事を丸ごと読むのは、ごく一部。

greenz.jpの記事もすべていつも読んでいるわけでないけれど、

lohas0.png

「大学生が始めたロハスなカフェ」、とくればもちろんチェック。

しかも、さすがgreenz.jp


「宇宙船地球号の一員として、地球をすべての生き物にとってハッピーな場所に変えていくことを第一の目的とするオープンなメディアです。また、そのような社会を目指す人々、NPO、企業などの善意をつなげるネットワークたくさんの人が気付き、つながり、自ら社会に変化を起こす、プラットフォーム」


と、壮大なビジョンを掲げているだけあって、

取り上げているのも、気合いの入った社会起業家的なカフェでした。

lohas1.png

このカフェのコンセプトは、こちらに書いてあるけれど、

ドリンク一杯ご注文ごとに、植林活動の一環として、苗木1本をタンザニア・キリマンジャロ山に植える、

という活動や、

店内で使う照明すべてを廃油からリサイクルして作ったキャンドルで灯す
(しかも廃油は同じビルの別のカフェの廃油だから、マイレージほぼゼロ!)

という取り組みを行っている。


取り組みの規模はまだ小さいかもしれないけれど、

言葉だけでなくて、

できるところから、実際に目に見える結果を出せるような行動を起こしているのが、

賢い。


(ホームページトップの、植林本数は21本ってことはないだろうから、
 HPはまめに更新してなさそうだけれど、その分たくさん行動してそう。)

lohas2.png

カフェとこういった取り組みを始めた大学生2人が、6ヶ月かけて

ユーラシア大陸横断・アフリカ大陸縦断を試みる様子が動画で見られます。

でも、ナレーションが入った動画よりも、

こちら↓の写真の方が、リアルな大学生バックパッカー臭ぷんぷんです。

lohas-pict.png

あ、そうだ。肝心のベジ対応度ですが、

ホームページに載っているフードメニューは二品だけで、

そのどちらもが、ベジタリアン(もしかしてヴィーガン)のようです。



↑2人組の顔を見たいと思ったら、ここをクリックしてご覧あれ、、、そしてそのあと、↑こっちもぽちっとよろしく。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。