スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロビアンでもドジョウはすくえる「竹葉(ちくよう)|さぎの湯温泉」島根県

2009年06月12日

島根県の登場カウントを2に上げてくれたこちらの温泉宿、
(1つ目は縄文村でした)



女将さんが美人で、



マクロビオティックを取り入れた料理を提供しているだけでなく、



この観光情報がなにげに魅力!


ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで
山陰エリア唯一の三ツ星(わざわざ訪れる価値のある場所)と評価された
日本庭園(のある美術館)。



厄払いをしてくれるお寺で、



精進料理もいただける。



そして何より、これは外せない!



どじょうすくいが、島根県の伝統ダンスだったとは知らなかった。

川魚のドジョウか、砂鉄の土壌か、由来の説は定かでないようですが、
民謡「安来節(やすぎぶし)」をもとにした出雲地方発祥の踊りで、
「ひょうきんな表情と微妙な腰の動きが特徴」。

その保存会のメンバーは全国に8500人おり、
年一回開催される「安来節資格審査会」でランクづけがされ、
さらに、毎年8月に「安来節全国優勝大会」で競うのだそうです。

そんなドジョウすくい、いや、安来節をあなたも体験できます。

もしくは、企業の社員教育にだって使える。
そのメリットはずばり、

「どじょうすくい教室に参加することで、内向的な性格を明るく積極的な性格に改善し
同時に、どじょうすくい踊りを隠し芸として身につけることが出来る」



社員教育という切り口で法人顧客獲得に乗り出す意欲に三ツ星だ!


↑忘年会のかくし芸がみんなドジョウすくいになっちゃうのが難点、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif
スポンサーサイト

有馬温泉でマクロビトライ「月光園|游月山荘」神戸市

2009年06月11日

神戸って洋風でハイカラ(死語?)で港、みたいなイメージが濃いから、
あまり和風の温泉宿を連想しないのだけれど、
そうだ、有馬温泉って神戸市だ。

・・・という思考プロセスを既に一度たどった気が。

あ、やっぱりそうだ。
由緒正しきスパとビーガンコース「慶月」兵庫県・有馬

一つの宿が取り入れたら、他の宿も情報キャッチするのかな。



こういうしっとりした風景は、
日本人が思う以上に、外国人にウケがいいということを
最近知りました。



すごくきれいで高級であるよりも、
ちょっと生活感と古さが漂うくらいの方が面白いらしい。



そして、日本の旅館やホテルのビュッフェも、
品数と種類が多くて、すごいコーフンするらしい。
料理の内容を説明する側は大変ですが。

ビュッフェだとベジ対応のものが限られているので、
私のホテルビュッフェに対する通常の反応としては、
「食べ過ぎ防止にはちょうどいっか」。

でも、こちらのマクロビュッフェプランの写真を見て、
一瞬、テンションがすごいあがりました。
結局食いしん坊なもんで。



ただし、説明をよく読むと、

隣町三田の農協より仕入れた「安心」「安全」野菜を使用したマクロビ料理 を初め、
創作大皿料理など、約60種のメニューがお楽しみ頂けます。

とあるので、マクロビ料理は一部のようで、
さらに、

マクロビオティック(Macro-Bio-Tique)は、“長生きする為の食事法”

とか、

人間の生命力を最大限に引き出す料理が"マクロビオティック"の考え方です。

という説明も微妙ですが、
温泉宿に行ったら、とにかくまったり、のんびり、おおらかモードに切り替えて楽しめば、
正式な解釈にとらわれない意外なマクロビメニューに出会えるかも?



↑概念を正確に普及させるのってなかなか難しいものだね、と実感したらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

沖縄の空と風と島野菜を満喫「彩食レストラン しゃじん|ホテルタニュー」沖縄県

2009年06月10日

海がウリの沖縄で、山の上に立つホテルですが、
沖縄で一番空に近い宿、というキャッチがうまい!

私は海より(うっそうとしていない、すがすがしい)山が好きなので、
こういうロケーションはツボです。



洋室和室和洋室、と客室のスタイルが豊富で、
家族や友達とわいわい泊まるなら、
ログハウスコテージ
犬ちゃんも一緒にならペット同宿プランもあります。



6月はローシーズンのようで、一室8000円という
超お得なプランもみっけ。
ポイントは、一名じゃなくて一室。
4名までOKなので、最安で一人2000円!

とまあ、かなりさまざまなツボをおさえたホテルなので、
ベジタリアンなツボもばっちしで、
マクロビオティック膳が予約可能。

オキナワン・マクロビオティックということで厳格な方は
詳細要確認ですが、
沖縄の島野菜を堪能できそう。




↑オフシーズンの旅行はお得だなあ、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

小田原の山と海のそばでセルフケア「おあしす」神奈川県湯河原

2009年06月05日

ここしばらく仕事がらみのもやもやしたストレスが重なり、

なんとなくずーんと気分が重たかったのですが、

仕事のストレスといってもそれほど大したことないのにおかしいなあ、

と考えたところ、

「これってもしかして単に元来の低血圧(87の50あたりが私にとって普通)が悪化しているだけ?」

と思い当たり、夕方、下北沢の街をぷらぷら散歩したら、

本当に元気が戻ってきて、自分の心と体の単純さにちょっと笑ってしまいました。



本当にダウンしたときは、医者なり代替医療系サービスなりに頼るのは大切だけれど、

やっぱり基本は、自分の心身のサインに早めに気づくことと、

自分なりの気晴らしなり体調を整えるコツを知っておくだなと実感。


あらゆる不調に効くコツといえば少食かな。

まあ、ストレスがたまるとジャンクなものを食べたくなるのも事実なので、

言うほど簡単ではないですが、

ヘルシーなものをお腹たらふく食べるより(→私は結構このパターンに陥りやすい)

ジャンクであっても少なめの量に抑えた食事を少し続けると、

それだけ頭も(当然からだも)すっきりしてくるのは事実だと思います。




fumieさんに教えていただいたこちらの温泉宿泊施設は、

半断食コースマクロビオティックコースがあり、

近くの山を登ったり、岩盤浴でデトックスしたりと、

自分なりのリフレッシュ方法を見いだすオプションが満載です。



湯河原駅から徒歩4分という便利な場所ながら、

とても静かな環境のようです。



↑新宿や渋谷は人が多すぎるけれど、下北沢とか吉祥寺くらいだと適度な刺激で良いリラックス&気晴らしになるんだろうね、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

ベジセラピーとベジタブルディナーでベジ潤いを「ハイアットリージェンシー箱根」神奈川県箱根

2009年05月30日

わー、聞いてみるもんですね!

って、まるで答えを期待していなかったような言いぐさですが、

たくさんまだまだ知らないベジフレンドリーなお店が

世の中には埋もれているんだという興奮と、

ブログを読んでくれている人がいるんだという嬉しさが混じった

本音です★ ありがとうございます!



数日分まとめて更新したりして、ややいい加減なブロガーではありますが、

これからもマイペースで続けていければいいなと思っています。


早速、みなさんが教えてくれた(皆さんじゃなくて、minaさんね)

箱根のスパリゾート情報。




野菜から抽出したオイルを使ったスパトリートメント「Veggie Therapyベジセラピー」と、

ディナーは野菜メニューのコース

minaさん情報によると、

デザートには乳製品を使っているけれど、

事前に伝えればフルーツのみのものに変えてくれたそうです。


ラウンジの暖炉のぬくもりと

緑が臨める大きな窓の透明感が印象的。










お安くはないけれど、おひとりさま利用も見込んでいるようなので、

「自分へのご褒美」週末一泊旅行を敢行したくなったら、ぜひ。


おっと、重要な情報を見逃すところでした。

このプランは、今年7月18日までの期間限定プランです。

人気があって、来年の春夏にカムバックするといいですね。


あと、私が勝手に憶測するに、こういうプランを一度提供したホテルは、

ベジな人たちに対する理解が深まり、プラン以外のときでも、

前もって食事の相談などをすれば、それなりに対応してくれる気がします♪



↑minaさんとmasaさんに教えてもらったお店を全部入れたら神奈川県はトップ3組に急接近だわ、とウキウキしている私に、応援のぽちっを。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。