スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全菜食の薬膳ラーメンで体ぽかぽか |ちゃぶ膳(下北沢)

2012年01月24日

しばらくベジ食べ歩きから遠ざかっている間に、近所の下北沢~代々木上原周辺に幾つかナイスなお店が出現していた!

まずは、下北沢北口方面の住宅街にいつのまにか現れた、薬膳のカレーとラーメンの小さなお店。

店主が薬膳にはまったのは、自身が肺気腫を患った際に出会った医師から薬膳について教わったのがきっかけだそう。

お店を始めてから、ツイッターやfacebookの声でヴィーガン(完全菜食主義)という概念を知り、 お客さんの要望に応えるために、スパイスを一から組み立て直して、 動物性食材なしでも濃厚感やスパイスの香りで負けぬよう、 ヴィーガンメニューを開発したそう。

下北沢経済新聞で「ビーガン向けのカレー&ラーメン 薬膳料理店が独自開発」という記事になってた!

確かに、かなりスパイスが効いていて、体が即効ぽかぽかしてくる! 麺も卵等を使用していない、完全ヴィーガンのものを使っているそう。

ノンヴィーガンのメニューと同じ値段で提供するのは、正直きついけれど、そこは踏ん張るだって!

偉い!

すっかりヴィーガン料理についても興味を持ち、いまや下北周辺の飲食店仲間に ヴィーガンメニューの宣伝(ベジ系女子が結構来るぞ!みたいなw)や コンサルをしているとか。

偉い!

店内にやたら宮崎あおいのポスターが貼ってあるのは、 「ファンなんです。なんとなく薬膳系って感じがして」だって。

完全に1人で切り盛りしているので、結構大変そうだけど マイペースに長く続けてほしいものです。

ベジおでんのメニューが気になり注文したら、 店先に出ていた保温鍋の中から具を取りに出て行った(笑)。

ちゃぶ膳、下北沢ちゃぶ膳、下北沢
ちゃぶ膳、下北沢

ありゃ、こんな「ある意味、史上最強」バージョンもあったのね。 今後頼みたいわ。

ちゃぶ膳、下北沢ちゃぶ膳、下北沢

下北沢北口の一番街から少し歩くけれど、 最近一番街もすっかりオシャレになったし、ぜひ足を伸ばして行ってみて欲しい。

15時半から17時半までお休み。 週末はこの時間帯もやってくれると有り難いなあ、と個人的には思うけれど、1人だからしょうがないか。

ちゃぶ膳、下北沢ちゃぶ膳、下北沢
スポンサーサイト

アロマの香りに包まれたべジ料理「メリッサ・オーガニックカフェ」日本橋

2010年05月25日

メリッサというベジなお店(同姓同名だけど別人)が、以前は二つあったのですが、
新しかった神谷町の方が閉店してしまい、
現時点では、メリッサといえば日本橋のこのお店です。

▼Melissa|メリッサ▼Melissa|メリッサ

凍えるような寒さの中、訪れたので

(と今日のような夏日に書くと、すごく違和感ありますね・・・
やっぱり、行ってすぐ更新しないと迫力?半減だわ。)

あったかい暖色系の店内がすごく心地よく感じました。

▼Melissa|メリッサ

奥のピンクの壁に座って、入口と厨房カウンターの方を向いた図。

とってもガーリーですが、私が最初に訪れたときは、
なんとお一人さまの男性が2人、あとから入店されてました。
常連さんが多いようです。

「なんと」なんて言ってはダメですね。
男女、べジノンべジ関係なく、べジな料理を楽しめるお店があることを、
特別視せず、さらっと流せるのが理想!

▼Melissa|メリッサ

一度度目に食事したときは、豆乳リコッタドリア。

▼Melissa|メリッサ

▼Melissa|メリッサ

他のお店や料理教室で、
ハイレベルな豆腐クリームを駆使したドリアやラザニアなどを食べたことがあるので、
このドリアの「豆腐乗せ」は工夫の余地あるかなあ、と思いました。


二度目訪れたときは、キッシュを注文。

▼Melissa|メリッサ

アスパラの先っちょって、万年筆みたいでかっこいいよね。
野菜の味を引き出すだけでなく、
見た目の個性も生かした料理を作れるようにいつかはなりたいなあ、
なんて妄想。

今写真見て思い出したのだけれど、キッシュを包んでいるのは玄米だ。
フィリングは美味しかった記憶があるけれど、玄米皮はどうだったけかな。
上手く焼かないと、硬くなりすぎる気もするけど、
アイデアとして真似たい。

ところでこちらのお店、実はアロマセラピーのカフェ版、という位置づけなので、
お料理はどれも、アロマな味がします。
一度食べれば慣れるけれど、不思議な経験でした。

このクッキーも、ちょっと不思議ちゃん。
スピルナという「熱帯性の藻類(wikipedia)」のクッキーだそうです。
▼Melissa|メリッサ▼Melissa|メリッサ

栄養補助品として日本の会社が開発したようです。
クロレラみたいな感じかな。



カフェの入口は明るいキュートなイラストで飾られています。
▼Melissa|メリッサ▼Melissa|メリッサ

カフェのお隣の、クールでキュートなドアはメリッサ鍼灸室の入口!

▼Melissa|メリッサ

このさらに手前に戻って、角を曲がると、アロマのお店があります。

オーガニックカフェ・鍼灸室・アロマの3つとも、メリッサです。
結局、メリッサは一つでは治まらない運命なのかも!

どうもアロマが一番核のようで、
質にかなりこだわったアロマオイルを取り扱っているようです。

▼Melissa|メリッサ




Melissa organic cafe (カフェ / 三越前、新日本橋、日本橋)
★★★☆☆ 3.5


2010年のはじまり

2010年01月01日

明けましておめでとうございます。

R0012196

去年は実質的にExtra Veggies/Sweet Earthの更新をお休みし、
意識的にパソコンとインタネーットから離れ、その代わり以前よりも
(料理や編み物などで)手を動かしたり
(ベジ、映画、アウトドア系などのイベントで)外を出歩いたりしながら、
自分の中で様々なことの優先順位を整理し続けた一年でした。  

心の整理だけでなく、
居住空間と持ち物の整理(とその維持の仕組み)にも時間と労力をかけたので、
数年前に比べて生活がかなりすっきりとしてきました。

今年は、すっきりとしたバランスをさらに追求しつつ、
安定したアウトプットを増やせていければいいなと思っています。

その一歩として(というか去年の整理の続きですが)、
去年最後に訪れたべジ店をこの後レポートします。

二ヶ月ぶり

2009年08月27日

いろいろなことが重なり、
時間のやりくりや精神的なゆとりのキャパを超えてしまったので、
しばらくブログ更新をぷつんと辞めていました。

そもそも本家サイト用の定期的な情報収集が目的だったので
一年少し続けて数百軒の情報を集めた時点で
その役目は一通り果たした気もします。

ブログ更新に熱中してしまい、
本家サイトの更新に手が回らないという本末転倒の状態に陥ったのも
マヌケな話なので、
これから先は、本家サイトのメンテナンスを優先させ、
このブログはその作業の記録・連絡用に使おうかなと思っています。

仕事などで時間がきついことには変わりないので、
一緒に本家サイト作りに携わってくれるパートナー探しも始めようと思っています。

ま、これもご縁なので、いつまでにとかいうことではないですが。

・・・とお店紹介ブログとして幕を閉じるような挨拶をしておいてなんですが、
ちょっと海外情報をこのあと少しだけ載せます♪

相変わらず行き当たりばったりですが、
一週間に一回くらいは更新しようと思っているので
お暇なときにのぞいてみてください★










[サンフランシスコ特集] Underdog|オーガニック肉とヴィーガンのホットドッグ専門店

2009年06月24日

ハンバーガーとピザの人気にはどうしても勝らないけれど、
常にしぶとくアメリカ人の好きなフード3位から5位あたりにランクインするのが
ホットドッグでしょう。

ロスのPink'sや、
NYのホットドッグ大食い大会のNathan'sなどが有名ですが、
サンフランシスコになんとオーガニック/ヴィーガンホットドッグ専門店がありました。

その名も「アンダードッグ」。
「負け犬」「勝ち目のない人」と明るく開き直っている、、というより
ふざけた名前にしちゃおうぜ、というノリかな。






このお店のウリは、
オーガニック肉を使ったホットドッグと、
ヴィーガンのホットドッグ。

ヴィーガンホットドッグは以下の4種類。



ベジタリアンではもちろんないけれど、
オーガニック肉って一体?と疑問に思い調べたところ
この説明を見つけました。

狂牛病騒動のあと、
牛の脳や骨髄、また血液やpoultry litter、生ゴミを飼料にするのは禁止されていますが、
ノンオーガニックの家畜にはいまだに以下のものが飼料として与えられているそうです。
・ゼラチン(牛のひづめなど由来)
・牛その他の動物から抽出した油脂
・鶏肉
・豚や馬由来のタンパク質

で、オーガニック肉は原則、そういったものを与えないで育てた家畜の肉。

Poultry litterって鶏のゴミ?と、これまた分からなかったので
さらに調べたところ、いや本当にそのまま「鶏のゴミ」を指すようで
鳥・家禽に与えた餌が、地面や床にこぼれ、
それが、排泄物や、ホコリ、羽などと一緒に、ゴミ化したもの
こちらのブログ記事に説明されていました。

タイトルがやや排他的なのがいまいちですが、
数年前に読んだこちらの本にもそういえば、
家畜産業のおっかない実情がたくさん載っていました。

平均的な実情なのか、極端な例を引っ張り出しただけなのかは
分かりませんが、間違いなくキョーレツなインパクトがあります。



だから肉はよくない、と思い込んで
肉を一方的に忌み嫌うのもちょっと違うかな、という違和感を
私は内心抱えているのだけれど、

そうだ思い出した、この本を読もうと思っていたんだ。



ということで早速いま、
図書館のサイトで予約しました。
内澤さんの脱力系細部イラストの世界に浸るのが楽しみ。


↑ 思い立ったらすぐ、を可能にしてくれるネットはやっぱり便利だね、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。