スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おむすびころりんから始まる大転換「おむすび茶屋」神保町

2008年05月17日

神保町のおむすび屋。

screenshot-02_20080518010757.jpg


鎌倉の谷口屋のときにも書いたけれど、

おむすびは、握る人の気持ちがぎゅっとこめられた、ソウルフード。


おそらく一昔前だったら、お金を出して買うものの対象には入らないくらい

当たり前の食べ物だったのだろうけれど、

今はおむすび専門店が成り立ってしまう時代です。


screenshot-05_20080518085016.jpg



お店のブログには、旬の野菜を使ったおむすび新メニューが随時アップされていて、

今は、春の新作、タケノコとニンジンのおむすびが登場しています。

screenshot-06_20080518090658.jpg



忙しいOLやサラリーマンに美味しそうなおむすびを提供してくれるだけで、

十分社会貢献だけれど、実はこのおむすび屋、

ビッグかつディープな社会転換を思い描く「メダカの学校」というNPO法人が

手がける事業の一つです。


「メダカの学校」の提案と事業展開のページは、実にパリッと明快で、

こういった社会活動にありがちなウェットな感情論はなし。


screenshot-03_20080518084758.jpg



環境や食のことなどについて熱い思いを抱く人やグループは世の中たくさん存在するけれど、

社会にある程度インパクトを与えるためには、こうやってきちんと目的を整理して

小さくても目に見える形にしていく実行力と粘りが必要なんだな、

と勉強になりました。



↑最終的には、論より、おむすびが美味しいという証拠が一番説得力あるね、
 と思ったら、ぽちっと。

追記:
最近、夜更新しようとうとすると込み合う時間らしく、FC2ブログの画像アップロードがスリーズしてしまい、らちがあかないので、更新が次の日にずれこんでいます・・・。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。