スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆっくりピタピタ歩んで来た16歳「Pita the Great|ピタ・ザ・グレート」(溜池山王)

2010年01月31日

都内でおそらく最老舗のファラフェル店と思われます。

ベジタリアン向け英語ブログで「残念ながら閉店してしまった」と書かれていて、
行ってみようと思っていたのに~、と自分のフットワークの悪さを猛省しつつ、
お店ホームページに閉店のお知らせが載っていないので
念のため電話してみたところ、外国人の男性が応対。

「あのお、そちらが閉店したと聞いたのですが・・」
と切り出したところ、
「私は聞いていませーん」
と明るく即答されてしまいました。

ならば行くぞ、と決意。

平日のみの営業なのですが、駅のすぐ隣なので、
オフィス間を移動するときに少し遠回りして行ってみました。

▼Pita the Great

「こんにちは~」と、
電話と同じ明るく人なつっこい声のおじさんに迎えられた私は、
店内を見渡しながら、思わず「改装中ですか?」
といきなりぶしつけな質問を投げてみました。

▼Pita the Great

「いつもこうで~す」

と冗談とも本気ともつかない調子でかわされてしまったのだけれど、
そのあと話した雰囲気だと、お店の内装は自分でいじっているらしいので、
その大がかりプロジェクトなのかも。

(↓カウンターの上枠は、南北線のレールだそう。
 そういう解体済みパーツを入手できるところがあるんだって。)

▼Pita the Great

このお店の状態を外から見た人が「ほかのお店が入るのか」と勘違いして、
「閉店した」というガセネタが出回ったのかもしれません。

イスラエルから来日し、1993年よりここで営業してきたというおじさん、
明るい不思議ちゃんキャラです。

完全ヴィーガンメニューのお店なので、目移りしてしまい、
「どれがおすすめ?」
と聞いたら、
「それはビッグピタです。美味しくなかったらお金返します」
と自信たっぷりなので、看板メニューに決まり。

「スパイシーにしますか?」と言われ、
本場仕込みの激辛はちょっと無理だけど、少しくらいは、、、と思いながら
「あんましスパイシーじゃなくていいかも」
歯切れの悪い答えをし、
ピタだけでおそらく十分だろうな、と思いつつも
せっかく来たので、セットで
ビッグピタと野菜コロッケと野菜ジュースを注文。

注文受けてから丁寧にファラフェルを揚げて、
ざっくり切って、ピタに挟んで、出来上がり。

▼Pita the Great

ピタは、ザワークラウト(キャベツの酢漬け)がアクセントに効いていて、
美味しい。
辛さはほとんどなかったので、今度は「中辛」あたりを頼もうかな。

▼Pita the Great

野菜コロッケも、野菜の甘みがひきたつ美味しさだったけれど、
予想通り、ピタだけで十二分なボリュームだったので、
セットで注文する必要はないかも。

ドリンクですが、小さな紙コップに、
自分で冷蔵庫もしくはコーヒー・ティーポットから好きなドリンクを注ぐ、
というセルフサービス。
ウーロン茶や野菜ジュースは市販の野菜ジュースの紙パックでしたので、
単独ドリンクに160円払う場合は、冷蔵庫の中をよく吟味すること。

▼Pita the Great

午後遅めという中途半端な時間だったにも関わらず、
私が食事中に、テイクアウトのお客さん2名と、イートインが3名来店していました。
オフィスのランチタイムだったら、超混みそう。

どうも、おじさん一人で切り盛りしているようで、
1人か2人分の注文を受けた時点で、それを一通り全部作り終えてから、
次の注文を受けるというペースで進めていたので、
タイミングによっては、注文が出来上がるまでに結構かかるかも。

ちなみに私は待つのが嫌いですが、本さえあれば何時間でも没頭できるので、
本は携帯の次くらいに必需品。
(今、財布と書きかけて思ったのだけれど、
モバイルスイカが携帯に入ってるから、財布の優先順位って意外と低いわ。)

おじさんてば、平行処理できないタイプなのね、と思いきや、
注文が空いたすきま時間、せっせとフムスを小さな容器に詰めたりして、
カウンターの下の大きな冷蔵庫(冷凍庫?)に入れていました。
ネットと店頭で行っている物販にもちゃんと精を出しているようです。
フムスの他、ピタ、ファラフェル具材セットなどがあります。

カボチャ、カリフラワー、ナスといったピタメニューはお店のみなので、
今度行って一つずつ試したい。

オフィスが近くだったら、間違いなく週一回は通うであろう、
スローなファストフード店でした。(お店自ら、壁のサインでそう宣言。)

ピタ・ザ・グレート (西アジア料理(その他) / 溜池山王、赤坂、国会議事堂前)
★★★★ 4.0

スポンサーサイト

焼肉コースもベジコースも充実「雑草家」溜池山王

2008年03月03日

肉が大好きな人でもがっつり食べられて、

ベジな私でもたっぷり食べられて、

しかもちょっとお上品なお店というのは、

目上の人との食事などに重宝すること間違いなしなので、

この韓国薬膳料理店は貴重!


screen 10-19

即効、自分の頭とSweet Earthにインプット




screen 10-20

シックなインテリアもポイント高し。
足がちょっとつらいかな、と思いきや、
あるレビューサイトによると、
グリルのついた大きな掘りごたつ式テーブルを囲んだお座敷席がほとんど
だそう。



screen 10-22

野菜精進コース、焼肉のコース、お粥のコースなど、それぞれ五千円代(各コース2名より)と、
この雰囲気にしては、リーズナブルなお値段。




↑ノンベジな人と楽しく会食できる場所がもっと増えればいいな、と思ったら、ぽちっと。

ベジポケットサンドの皇帝「Pita the Great」溜池山王

2008年03月02日


ロシアのピョートル大帝(Peter the Great)をもじった店名が、好き。

screen 09-02


ピタだけにとことん特化した潔さと、シンプルで分かりやすいメニュー構成が、グッド。

screen 09-03



全メニュー植物性食材のみだけれど、
おそらく肉魚を排除したメニューをわざわざ開発したというより、
そもそもそういうレシピだからというフツーなテンションが、いい。

screen 09-04




1993年から営業しているこのベテラン店をSweet Earthに登録しつつ、

Sweet Earthのページにも、各お店のHPのサムネイル画像を載せた方が、

ビジュアル的に刺激されるよねー、と思った。

まとまった時間がとれたら、取り組もうっと。


↑ピタ・エンペラーの世界制覇だってありうる、と思ったら、ぽちっと。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。