スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【休業】石けんとマクロビ食品「あらいぐまの台所」武蔵小山

2008年05月09日

2008年7月、人手不足のためしばらく休業。(ブログより)
自然食品は、今までどおり営業。



店名に使われるのは、

抽象的な言葉(ライフ、ビオ、ロハス、アースなど)や地名・人名が圧倒的に多い中、

「あらいぐま」という動物キャラは、かなりインパクトが強いので、

最初にネットで見かけたときから記憶に残っていました。


なぜ、アライグマなのかといえば、そもそも

ネットおよび実店舗の「自然食品と石けんの店 あらいぐま」があって、

その食堂バージョンだから、

あらいぐまの台所」。


ちなみに、アライグマって英語では「racoon」なので、

洗う仕草をするニュアンスは全く含まれず、

「Racoon's Kitchen」と訳したら、本来こめられたイメージは失われるけれど、

不思議さもあいまって、印象にはかなり残りそう。


ちょっと行ってみよう、というには場所がマニアックだな、と思っていたら、

行動派のにょっきさんがレポートしてくれてました。


araiguma2.jpg


あらいぐまの看板、でかっ!




screenshot-05_20080509231946.jpg


あらいぐまの顔を見て、さーんぺーいです(の手の動き)、をふと思い出した。古っ!



にょっきさんのレポートによると、

「ここは・・・・リマ東北沢店?!と思うくらいオーサワジャパンの商品が揃ってる」

そうですが、

なるほど、マクロビオティックの自然食品店って、

マクロビアンたちが、こうやって地域密着型のお店をそれぞれの思いとセンスで立ち上げていくことで、

広まっていってるんだね。




↑「リマ」より「あらいぐま」の方が、とっつきやすい言葉だよねと思ったら、ぽちっと。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。