スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄返還から普天間基地首相退任まで時代のうねりを越えて「沖縄食堂」早稲田

2010年06月08日

思えば、このお店を私が1月末に訪ねたころには、
普天間基地問題で名護市は大揺れに揺れていたわけですが、
そのときは新聞の記事で目にする遠い場所の出来事でしかなく、
私の頭の中は、
「マクロビ風の沖縄そばってどんなものだろう」という素朴な疑問で
占められていたのでした。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

最近近場の国内出張をするようになって気づいたのだけれど、
屋根って、地域によって結構特徴あるなあ。
沖縄は、もともと違う王国だっただけあって、独特。
↑これが伝統的な沖縄建築なのかは分かりませんが。。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

奥に細長い店内の壁には選挙ポスターがかかり、
天井からはライトのコレクションがぶら下がり、
眺めていて飽きません。

↓お、奥のホウレン草の箱の下に、中野サンプラザのサイン色紙みっけ!
さすが、ベジタリアンロッカー、ディープなマクロビスポットには出没済み。


▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo




店内入口付近は、私物らしきものも積み重なっていて、
じろじろ見るのが憚られましたが、
こういうごちゃごちゃした雰囲気は一朝一夕で醸し出せるものでもないので
ある意味、貴重。

例えば、外国人の方なんかは、おしゃれできれいなお店よりも、
こういうアットホームな場所をすごく喜んだりするし、
覚えておこう。

本棚とジャケットの陰から垣間見えるのは、
リマクッキング(マクロビオティック調理教室)の師範科修了証です。

ここは、
長年同じ場所で営業し続けてきた女性店主の仕事場でありつつ、
自分の信念や想い出の詰まった
プライベートスペースでもあるのかもしれません。


▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo


▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

カウンターの厨房側で一際目立つ、黄色くハイライトされた手書きの文章。
「1972年5月15日沖・・帰(本土返還)が果た・・・
それを記念して、OKIS・・月15日に沖縄そば・・・ます。」

肝心のところが読み取れませんでしたが、40年近く前の沖縄返還の重みを
忘れまいとする店主の思いが伝わってきます。

さて、肝心の沖縄そばの登場。
玄米だったか七分づきだったか失念しましたが、
(マクロビ系だから、おそらく玄米かな)
ご飯がついたセットです。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo_

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

おそばというより、うどんに近いかな。
麺はしっかりした太さとコシで、汁はあっさり。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

店主のおばさんは、愛想をふりまくタイプではないようなので、
「ベジ対応に・・・」と頼むのを一瞬躊躇してしまうかもしれませんが、
↓ ほら、きちんとヴィーガン向けのはり紙もしてあるので、ご心配なく。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo


こういうお店が時代の波にのまれず、何十年も残っているというのは、
移り変わりの早い東京で貴重な存在ですね。

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo

▼沖縄食堂|Okinawa Shokudo


沖縄返還どころか、普天間基地問題さえもほとんどフォローしていなくて、
はっと気づいたら、8ヶ月で首相退任という事態に及んでいたことに呆然。
自分の不勉強を反省して、
ここのところ2ヶ月に一度くらいしかつけなかったテレビを見る頻度を
意識的に少し増やして、NHKのニュース特集などを見るようにするつもり。

先日見た番組では、元外交官の岡本行夫さんが、
歴史の重みを踏まえつつ、感情論でない正論を述べてました。
小泉内閣でイラク問題の総理大臣補佐官をされていたときに
生のトークを一度聞いたことがあるのですが、
そのときも明確な論調に感心したことを思い出しました。
ま、私はその分野のド素人なので、論点がずれていても見分けつかないのでしょうが。

うわ、ラスプーチン佐藤優とこんな対談本を出している。
こ、濃さそう。。。
文庫か新書サイズだったら読むけどなあ。

■知の超人対談―岡本行夫・佐藤優の「世界を斬る」 (単行本)



沖縄食堂 (沖縄料理 / 早稲田(都電)、早稲田(メトロ)、面影橋)
★★★☆☆ 3.0


スポンサーサイト

つぶつぶ雑穀おかずを一軒家カフェで「Tsubu Tsubu Cafe|つぶつぶカフェ」早稲田・牛込柳町

2010年03月06日

ボナつぶつぶの雑穀ソースが気に入ったので、本家カフェに行ってみました。

▼つぶつぶカフェ|Tsubu Tsubu Cafe

住宅街の一軒家を丸ごと、木や珪藻土など自然素材を使って作り上げた空間は、
”気”の通りがよくてアットホーム。

▼つぶつぶカフェ|Tsubu Tsubu Cafe


▼つぶつぶカフェ|Tsubu Tsubu Cafe

住宅街に、こんな広々としたカフェとは、贅沢です。

▼つぶつぶカフェ|Tsubu Tsubu Cafe

このカフェのオーナー、つぶつぶ(雑穀)料理の提唱者、大谷ゆみこさんのレシピ本
雑穀料理のすごさに開眼した私ですが、
本で見たときに気になりつつ、作るに至っていなかったメニューを
カフェタイムのフードメニューで発見。

▼つぶつぶカフェ|Tsubu Tsubu Cafe

「つぶつぶ雑穀おかず」に載っている、もちあわピザのバリエーションで、もちきびポテトのピザ。
このもちあわソースが果たしてチーズぽいのかどうか、ちょっと興味あった。

▼つぶつぶカフェ|Tsubu Tsubu Cafe

食した私の結論は、
「これをチーズの代わり、というのは無理があるけれど、濃厚でまったりとしてて、
 一つのソースとしてはアリ」
てなとこかな。

本当にチーズが食べたければチーズを食べればいい、と私は内心思うのですが、
いろいろな理由でチーズは食べられない・食べたくないけれど、チーズが恋しい人は、
アメリカのチーズ代替品の世界に足を踏み入れてみるべし。
アメリカのベジ系ブログを斜め読みしていると、
チーズやアイスクリームのヴィーガン製品に関しては、
日本人とは別次元の執着心で、開発が行われているようなので。



▼つぶつぶカフェ|Tsubu Tsubu Cafe

せっかく来たので、焼き菓子を幾つかトライ。
こちらの結論は、辛口ですみませんが、
「世の中のヴィーガンスイーツが、どんどん美味しく進化している時代に、
 このレベルではちょっと商品としては無理」

ボナつぶつぶの、あのムースは衝撃的に美味しかったのになあ。
まあ、得意な分野とか、好みとかもあるからね。


▼つぶつぶカフェ|Tsubu Tsubu Cafe

▼つぶつぶカフェ|Tsubu Tsubu Cafe

とにもかくにも、
物販や出版、セミナーなど、雑穀ヴィーガンの世界も活発の様子だったので、
今後も美味しく簡単なレシピを期待したいところです♪



ところで、今ごろ気づいたのですが、
パスタソースのレシピ本も出ていたのね。
ボナつぶつぶのお気に入りソースは、
こちらでチェックしてみればいいのか。

つぶつぶ雑穀パスタ―
野菜-雑穀のおいしさが味わえる驚きのパスタソース術






あと、
つぶつぶ中華レシピに特化した本もあって、
気になる。
つぶつぶ中華カフェがそのうち登場したりして。

つぶつぶ雑穀中華―野菜と和素材がベースの体にやさしい絶品中華料理レシピ


つぶつぶカフェ 早稲田店 (自然食 / 牛込柳町、若松河田、早稲田)
★★★☆☆ 3.0


沖縄で副都心「沖縄食堂」早稲田

2008年07月09日

わーい、このくらい涼しいとなんだか元気を盛り返す!

夏の雰囲気を楽しむ余裕もちょっと取り戻して、沖縄だ!

(場所は都内の早稲田だけど。)


前から気になっていたこのマクロビオティックな沖縄料理を出す食堂。

ホームページもないし、今もやっているのか分からなかったのだけれど、

こないだのHanakoの副都心線特集に載っていると、しろうささんのブログで知りました。


まだ実際には行ったことがないのですが、

こちらのブログに可愛い写真が。


screenshot-04 07-16-45



あ-、なんかイメージしていた雰囲気に近い。

入口の上の屋根が沖縄っぽい。


そうそう、マクロビで沖縄といえば、Sante Santeのakkoさんが、

ついこないだ、沖縄に出張してマクロビ料理を開いてました。

そのうちブログで報告があるかな?



↑温暖化が進めば東京も沖縄みたいな気候になるのかなあ、、なんてこと考えるくらいなら
 自分にできる温暖化対策を考えよう、と思ったら、ぽちっと。


↓本家サイトはこちら。裏でアップグレードに取り組み中。
 仕事がモーレツに忙しくなり、今週は手がつけられそうにない・・涙。
sweetearth_logo.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。