スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな黄色い愛の巣に入り浸る「Loving Hut|ラビングハット」四谷三丁目

2010年03月27日

ずっと前にホームページを見つけたときは、茶化し気味の紹介をしましたが、
今年に入って既に3、4回リピートするほど、お気に入りのお店になりつつあります。

▼Loving Hut|ラビングハット

四谷三丁目の交差点から1ブロック離れた小さなビルの二階。

▼Loving Hut|ラビングハット

▼Loving Hut|ラビングハット

▼Loving Hut|ラビングハット

このテレビで、例の10数か国語字幕が流れています。

▼Loving Hut|ラビングハット

ランチタイムは500円ワンコインのお弁当販売のみ。
テイクアウトかイートインできます。
▼Loving Hut|ラビングハット
▼Loving Hut|ラビングハット▼Loving Hut|ラビングハット

揚げ物はちょっとグテッとしていたけれど、
4種類のお惣菜にそれぞれしっかりと中華風の味つけがされていて、
これで500円とはかなりお得!

でも、このお店に夕方17時以降ディナータイムに訪れて、
是非味わうべきなのが、このバーガー!


▼Loving Hut|ラビングハット

大きさは結構小ぶりなのですが、
これまで私が食したべジバーガーの中で一番の美味しさ!
と言い切っちゃいます。

▼Loving Hut|ラビングハット

パテの材料は、大豆ミート、豆腐、おから、野菜など、だそうです。
ピクルスのみじん切りがアクセントになっているのもポイント高く、
さらに、これはイケる!と思ったのが、バン。
ふわふわ系でなく、しっかりとしたクルミパンなのです。
べジバーガーにどうしても不足がちな満足感を
クルミの風味と歯ごたえが、ばっちり穴埋めしてくれていて、
ナッツはこう使うべきなのか!と目からウロコでした。

▼Loving Hut|ラビングハット▼Loving Hut|ラビングハット

スイーツは、このサツマイモのケーキが目をひきました。
どっしりしつつも、可愛い!

▼Loving Hut|ラビングハット

中はサツマイモとサツマイモのペーストがたっぷり詰まっていて、
隅々まで、しっとり★ 

▼Loving Hut|ラビングハット
▼Loving Hut|ラビングハット

ショコラケーキも、かなりの存在感です。
あ、あれ・・・? ピントがなぜかバーガーに合ってしまっている。
バーガーかチョコケーキかだったら、前者が主役級なのは間違いない!
でも、このチョコケーキもいい感じです。

▼Loving Hut|ラビングハット
▼Loving Hut|ラビングハット▼Loving Hut|ラビングハット

これ全部チョコスポンジ生地だとちょっとtoo muchだなあ、
と思いながら食べていたら
途中で中からチョコラズベリーのようなシロップが
ナイスタイミングで染み出てきて、やるなぁと感心しました。

▼Loving Hut|ラビングハット

雑誌Veggyベジタリアンレストランガイドなど、置いてある書籍を読むのも
楽しみの一つです。
セルフサービスでお水だけでなく温かいジャスミン茶が飲めるのも嬉しい。

▼Loving Hut|ラビングハット▼Loving Hut|ラビングハット
▼Loving Hut|ラビングハット▼Loving Hut|ラビングハット

台湾発の小さな黄色いお店の、すっかりファンです。

Loving Hut (野菜料理 / 四谷三丁目、曙橋、四ツ谷)
★★★★ 4.5

スポンサーサイト

世界最速成長台湾系連鎖菜食飲食店「Loving Hut」 四谷三丁目

2008年09月27日

「四谷3丁目という立地にそぐわずかわゆいお店」と、にょっきさんがおすすめするこの完全べジのお店。

職場から遠くないので、行こうと思いつつ、ちょっとまだ行けていないのですが、

その代わり、すごいホームページを発見してしまいました。


ここ、実は台湾系のべジチェーン店の日本一号店なのだけれど、

その会社の英語ホームページです。


lh.png

金キラリンな感じがチャイニーズ、

でもちょっとマンガちっくなラブリーな感じが、台湾だわ。。。


About」を読むと、

Loving Hut is currently the fastest growing International vegan fast food chain in the world.
Loving Hutは、現在世界で最も急速に成長をとげているヴィーガン・ファストフード・チェーンである。


と言い切っている。

どれどれ、と支店のリストを見たら、

lh5.png

台湾に10数店舗
(「愛家国際連鎖食飲」って書いてあるから、中国語ではLoving Hut =「愛家」なのね)

ベトナムに1店舗、

香港に1店舗(よく読むと、香港は2週間限定のオープンだったらしい)

日本に2008年6月にオープン、

アメリカのシリコンバレーに2008年7月に1店舗オープン、

それからどうもタイにも近々オープンするらしい。


次から次へと、確かに最速かもしれん。


で、おもしろかったのが、日本店オープンの動画。

ニュース番組風にアレンジされている。

動画オープニングも、やっぱり金キラリン。
lh1.png

東京

lh2.png

四谷三丁目店。


lh3.png

お客さんのインタビュー。
日本語しゃべってるけど、中国系の方。

lh4.png

映画のエンドロールのごとく画面を埋め尽くす、おびただしい量の文字は、

なんと14カ国語の字幕。

英語
ドイツ語
フランス語
スペイン語
イタリア語
ロシア語
タイ語
ロシア語
韓国語
中国語
広東語

その他、よく分からないものもあったけれど、

なぜか、日本語がない!

いや、インタビューは日本語で答えているからいいのだけれど、

このニュース動画のナレーションは英語なんで、

日本語字幕があっていいと思うのだけれど。。


いやあ、おもしろすぎる。



台湾のべジ店めぐり、行ってみたいなあ。



↑台湾の前に四谷三丁目に行きなよ、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。