スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り料理、野菜菜園の次は手作り建物「なないろの空」福島県相馬郡

2008年07月25日

福岡ネタは尽きたと九州をあとにした途端、

福岡県でもう一軒かなりよさげなお店を発見してしまったのだけれど、

とりあえず、東北一周してから。


福島県の山奥で、

あいがも農法の田んぼで無農薬・無化学肥料のお米をつくり、

野菜やきのこなども同じように手をかけて育て、

そんな新鮮な食材のお料理を出すお店の建物まで手作りしちゃった、という

やる前はおそらく周囲から「そんな無茶なことはやめなさい」という人が続出したに違いない

ハードコアな取り組みを、上手に軌道にのせたようなご夫婦。


screenshot-03_20080726004405.jpg


最終的な夢は宿泊施設も作ることだとか。


お二人がこれまでに実現させてきたものの形を見れば、

その夢を無茶だという人は、おそらく誰もいないでしょう。

お店の周囲の素敵な風景の写真などは、こちらのブログに。

お食事の写真がたくさん見たければ、こちら

お肉・魚は使わず、卵は、平飼い鶏の新鮮なものを使っているみたいです。


↑建物を一度手作りしてみたいなあ(猛暑の中は無理だけど)、と思った人は、ぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
 裏で進めているアップグレード作業、8月にまとまった時間をとって取り組めそう。
sweetearth_logo.gif
スポンサーサイト

創作南米ペルー料理を東北のロッジで「タンボロッジ」福島県

2008年05月03日

夏の逃避計画をそろそろ立てねばと思っていたら、

アンデス・ベジタリアン食事でもてなしてくれる、こんなロッジを福島県に発見!

tambolodge-s.jpg


創作南米ペルー料理で、しかもベジタリアンという

意表をついた組み合わせに、好奇心をかきたてられる。


南米は、オーナー夫婦が仕事などで昔から思い入れのあった地域だったからなのだけれど、

なぜ自然食にこだわり始めたのか、という理由については、ここに具体的に書いてあって、

自分の五感を活かしながら人生を切り開いていってるんだな、と共感した。



screenshot-05_20080503172623.jpg


ロッジは、オーナー夫婦がなんと1年8ヶ月かけて作りあげたとか。

実用派の手作り作業に、なぜか血が騒ぐ私としては、

手作りロッジというのは、ある意味究極の憧れ。


screenshot-06_20080503172628.jpg


携帯も完全圏外になってしまうようだし、

全館禁煙のようだし、

こういうところで数日、パソコンも携帯も持たないで過ごしたら

ばっちり睡眠周期も健全な朝型に切り替わって、すっきりしそう・・・。


アンデス食べ歩き情報ページ
が最高で、

ペルー北部の小さな町にもベジタリアンレストランがあるんだ!

と「世界不思議発見」を見ているようなわくわく感を覚えた。



screenshot-07_20080503172634.jpg



なので、レストランではないけれど、前からベジなお宿情報も載せようと思っていたので、

ベジマニアの下に「ベジお宿」というカテゴリーを作って、とりあえずこの一軒を追加

(こないだ紹介した明神館なども近日中に追加します。)

素敵なロッジ滞在レポートも二つ発見したので、ついでにリンクしておきました。


タンボロッジで夏休み(野菜の音)

シットリ米粉のご縁でタンボロッジさんに行ってきました。(啓子の部屋)




↑東京から沖縄、ロスと守備範囲を脈絡なく広げたあげく、次は南米情報も載せちゃえ!という
 ごちゃまぜ拡大路線も、まあいいか、と思ったら、ぽちっと。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。