スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶目なおじさんパワーみなぎる台湾素食メニュー「萬和楼|Banwaro」横浜中華街

2010年01月26日

台湾ベジ素食メニューが豊富なこの老舗店のことは、
マクロビ系のブログだけでなく、口コミサイトでもしばしば目にしていて、
非常に気になっていたのですが、
人混みが苦手なので横浜中華街の喧噪に分け入る気力が湧かず、
先延ばしにしていました。

用事がキャンセルになってぽっかり空いた天気の良い週末、
鎌倉の祖母に久々に会いに行こうと思い立ち、その道がてら、
横浜中華街に立ち寄ることに。

ランチのピークが来る前にと、11時半頃めざして行きました。

が、自分の方向音痴と周囲の人混みに攪乱され、
到着したのは結局お昼少し前。

▼萬和楼|Banwaro

イメージしていたどおり、年季の入ったアットホームなお店でした。
おしゃれでは決してありませんが、
日々真っ当に働いて築き上げてきた歴史を感じます。

▼萬和楼|Banwaro

中華料理は、やっぱりご飯よりも麺類が秀でてると思うので、メインは麺類
それから、自作を試みるほど最近密かにはまっている、大根餅

と、あらかじめ決めていたので、
「ベジタリアンメニューでおすすめの麺は?」と聞いたところ

「麺なら麻醤麺が絶対におすすめだよ!ゴマダレのかかった麺ね。
最初はお客さんにいくら説明しても誰も注文してくれなかった。
でも、ゴマが健康にいいって、みのもんたがテレビで言ってから、
みんな、これ体にいいって気づいたんだよ」


と難なく決定。
みのもんた節がこんなところまで轟いているとは、おじさんパワー侮れない。

青菜ともやしと麺にゴマダレがかかったシンプルな一皿。

▼萬和楼|Banwaro

ガッと下まで混ぜると、ゴマダレがたっぷり出てきてます。

▼萬和楼|Banwaro

ゴマダレは見た目よりもあっさりとしていて、全然しつこくありません。
するっと平らげました。

そして本命の大根餅は、ぷるんとした食感といい、
肉やホタテ疑惑が浮上しそうなほどリアルなディテールといい
(本当に肉やホタテだったりして・・・汗。
いや、でも「ベジ用の大根餅ね」とおじさん自ら確認してくれたので間違いないはず。
変化自在な大豆ミートの妙でしょう)

大満足


▼萬和楼|Banwaro

「うーん、美味!
 自分で作ろうとしても、なかなかこうはいかないんですよね」


と感嘆の声をあげると、

「台湾のお米じゃないとダメよ。もち米でもダメ」


と盲点をずばり突かれました。

台湾のお米って、タイ米のように日本米よりもあっさりしているのかな。
葛粉あたりを駆使してもダメかな、といろいろ考えながら、
一皿フィニッシュ。

▼萬和楼|Banwaro

なお、ここの大根餅は、夏場は作らないそうで、
寒い時期限定のメニューだそうです。

12時を回ると、常連さんやベジタリアンメニュー目当ての方などで、
あっという間に店内は、ぎゅう詰め。


最初私が到着したときは、まだ店内が空いていて、
おじさんも余裕があり、
数十年の常連客というご夫婦と記念写真を撮ったり
(撮影を頼まれたのは、その時点で唯一のほかの客だった私・・・笑

ブログに載せる写真の撮影許可を求めた私に
ネット上の口コミのことを根ほり葉ほり聞いたり、

常連さんに運びかけた餃子を
「あ、ちょっと写真撮っておくから」
自分も撮影モードに入ってみたり、

とお茶目キャラ全開だったのですが、

▼萬和楼|Banwaro
(↑餃子を撮影するおじさん)


続々とお客さんがさらに4組ほど来店し、
小さな店内がぎゅうづめ状態になってくると、
おじさんもきびきびと無駄を省いた動きに。


▼萬和楼|Banwaro
(↑写真でメニューを説明するおじさん)
奥の台所に注文を伝え、
料理を運び、
焼き餃子を頼んだ常連さんには
「水餃子の方が時間かからないよ」
巧みにメニュー変更を迫り、
ベジタリアンメニュー目当てのおばさま方に
メニューの説明をして、
と大忙し。

の真っ最中に、いきなり私に「ちょっとこっち来て」と店の奥から手招き。
もしやホール係手伝えとか?と思いきや、

「個人のホームページでこのお店を紹介してくれるんでしょう? 
 一緒の写真撮りましょう。記念撮影は本当は常連さんだけ。
 だっていきなり怪しいでしょ。でも特別ね」


と、近くにいたお客さんにカメラを渡して、私とあっという間にツーショット。

その屈託のない人柄が、このお店の魅力の一つであることは間違いなし。

麻醤麺以外では、
大豆肉を利用した「牛肉と野菜の炒め」とか「エビチリ」などがおすすめのようでした。
「ベジタリアンで卵抜き」の素食メニューがかなりの数
(もちろんノンベジの料理もたっくさん)あるので、
友達大勢で押し掛けるのもいいかも。

▼萬和楼|Banwaro▼萬和楼|Banwaro
▼萬和楼|Banwaro▼萬和楼|Banwaro

6人くらいまでなら、予約すれば一つのテーブルを囲めそうでした。

朝陽門から中華街大通りを進んで5つ目の道を左に入って、
次の大通りの手前左側にありますが、
私はこのルートで道のカウントができずに迷ったので、
次回は、天長門を下って4本目の右、で行きます。


▼萬和楼|Banwaro
▼萬和楼|Banwaro▼萬和楼|Banwaro

4本目の右角にきらびやかな関帝廟がそびえたっているので、
これならさすがに迷わない・・・はず!
こんな地図で予習して、中華街の門の場所と全体像も把握しておけば、なおよし。

萬和樓 (台湾料理 / 元町・中華街、石川町、日本大通り)
★★★★ 4.0

スポンサーサイト

酵母を育てて食べ物への愛情を育てる「ポタジェララ」神奈川県小田原市

2009年05月29日

神奈川県のお店はこれまで14軒紹介してきているので、

都道府県の中では多い方なのだけれど、

湘南地域のお店がほとんどで、

相模湾の静岡県寄り方面は「山翠楼」くらい。

箱根行きを計画中のfumieさんがあの方面のベジ系食事処を探しているけれど苦戦中とのことなので、

どなたか箱根付近の良いお店があれば、ぜひ!

(ベジ専用メニューがなくても、頼んだら快く対応してくれた、という情報も歓迎です♪)


箱根ではないけれど小田原付近で見つけたお店を

fumieさんがいくつか教えてくれました。



オーガニックな天然酵母パンと、マクロビオティックメニューのあるカフェです。

4月に6周年を迎えたベテラン店のようです。



アットホームでのどかなバイキングがいい感じ、

と思ったら、どうもこれは6周年記念の特別バイキング企画の風景で、

通常は、モーニングとランチそれぞれのセットのようです。

▼▼(ほとんど湘南エリアだけど)神奈川県のベジフレンドリーなお店はこんなにあります▼▼
八百屋と雑貨とママキッズカフェ 「まいにスープ」神奈川県茅ケ崎
情熱たっぷりのスローイタリアン 「ア・リッチョーネ|A Riccione」 神奈川県鎌倉市
自慢のベジプレートとお味噌汁 「Farmer's table たさき」 神奈川県茅ヶ崎市
海岸通りの特等席「麻心」鎌倉
精神的に進化すると書いて精進「不識庵」稲村ケ崎
ナンバー1お寺のレシピ「鎌倉五山」 鎌倉
ベジタリアンなんて言葉が普及する前から普及していたソウル・フード「谷口屋」鎌倉
新陳代謝の生命エネルギー「cafe Life Force」鎌倉
リピーター率高い小町通りの和食店「なると屋+典座」 鎌倉
自由な大人の週末カフェ「navy yard」鎌倉
葉山に穏やかな虹が咲きました「Rainbow Cafe|レインボウカフェ」神奈川県葉山
20年来のマクロビオティックご近所スペース 「マニホージュ」 神奈川県秦野市
「萬和樓」横浜中華街
空と山の蒼でフレッシュさ充電 「ゆば懐石 山翠楼」神奈川県足柄市郡湯河原町


↑うわ今までの関連記事のリンクがすべて検索結果リンクになっていた、と恥ずかしい事実に今頃気づいた私に、なぐさめのぽちっを。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

葉山に穏やかな虹が咲きました「Rainbow Cafe|レインボウカフェ」神奈川県葉山

2009年05月28日

気になるけれどブログだけでホームページが見あたらないし、

もう少し情報が集まってから紹介しよう、

と後回しにしているうちに、閉店してしまって残念な思いをした

ほのかふぇ
の教訓をかみしめ、

速やかに紹介せねばと思ったのが、葉山に4月初旬オープンしたこちらのお店。


葉山在住ライターの方がオープン直後にレポートされてました。




あ、憧れのライカM8フォトだあ!

私は20代前半のころ、
「30になったら30万円ほどする(アナログの)ライカを買うんだ」
と豪語していたのだけれど、

いざ30になったとき、貯金はありつつも、
それだけの大金をカメラにつぎ込む一心不乱な思いが薄らいでいて、
結局買わなかった。

でも、
60になったら、60万円ほどする(デジタルの)ライカを買う、、、
ことは多分ないかなあ。
10数万円の中古だったら手が出るかも。



シェフがベジタリアンのようで、

夜はこの記事↑のようなベジおつまみやメインディッシュの他、

葉山ビールを飲みつつ、がっつりお肉も食べれる」そうで、

ランチはマクロビをベースとしたベジ系メニューです↓。



ついこないだ読み終えたばかりの「春画」(そうです、椎名誠の私小説です)に、
日本人は山彦か海彦のどちらかだ、
なんてことが書いてあって、
「確かに! 私は完全は山彦だ」とあっさり納得したところだったので、
「うみいぬ・やまいぬ」というブログのタイトルがツボでした。


▼▼他にも虹や太陽が印象的なお店がいくつかあります▼▼

虹色の鳥はあなたの裏庭にいるかも「Rainbow Bird Rendezvous」中目黒
すっきりハワイアンなヴィーガンカフェ 「enjoy cafe OHANA」 岐阜県
路地裏で正直に「Good Honest Grub」恵比寿


↑ハイキングして火照った肌に山のひんやりした空気がたまらない、という山派はぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

20年来のマクロビオティックご近所スペース 「マニホージュ」 神奈川県秦野市

2009年05月13日

もんくすふーずも20年超の歴史がありますが、

こちらのマクロビオティックレストランも、1988年に開店した、

ベテラン組です。



お料理教室や、

スイーツのネット販売などにも力を入れているようですが、

二階はレストランスペース。



ランチセットのイラストがニュースレターに載っていました。




こちらの記事に載っている写真で見るかぎり、

近所の友達の家にちょっとお邪魔してお食事、

的な雰囲気が漂っていて、まさにアットホーム。





店名の不思議な響きのする言葉、マニホージュの意味を調べたところ、

(って、ついこないだも同じようなやってますが)

こんな説明をアロマテラピー関連のホームページで発見。

「摩尼宝珠」は丸くて先のとがった形をしており、
火炎が燃え上がっている様子を表していいます。

「摩尼」とはインド語で、珠という意味のほかに、
如意、つまり「心の思うまま」という意味があります。

また、かぐや姫が、大納言に手に入れてきてくれるようにと
難題を出したのが、「摩尼宝珠」です。

そう、摩尼宝珠とは、思うままにたくさんの宝物が入ってくる、宝の珠
こと。



へー、かぐや姫って、そういう話だったっけ?

竹から出てきて、月に帰ってしまう、

という「起」と「結」しか覚えていないわ、私。



お店オーナーシェフの川内翔保子さんは、

何冊かマクロビオティックレシピ本も出されています。




↑古典ベースの昔話のディテールってなにげに複雑、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

八百屋と雑貨とママキッズカフェ 「まいにスープ」神奈川県茅ケ崎

2009年05月01日

ベジフレンドリーな外食先を紹介するこのブログの利用方法として、

「乳児・幼児がいて外食があまりできないから、
 このブログを見て外食する気分を味わう」

という裏ワザがあることを、

shikuraさんやminaさんから教えてもらい、

いやはや、子育て中のお母さんたちのプチ癒しになれていたなんて

意外でうれしいな♪


そうそう、実はしばらく前に、

こんなママキッズカフェを発見していたのです。

30年前から営業している八百屋スペースを改築して、

入口エリアでは地元の野菜や雑貨、

奥は、キッズルームやおままごとエリア、

「ネンネハイハイさん優先」の座敷などが完備されたカフェ。











ここだったら、子供を野放しにして遊ばせて、

お母さんも少しはお茶をゆっくり飲めそうだし、

今まであまり見たことのないコンセプトのカフェだし、

紹介したいなあと思い、

ベジメニューがあるか問い合わせしてみたところ、


残念ながら、結構な確率でお肉を使用したメニューをお出ししています。
ただ、軽いベジタリアンの方は、おにぎり定食を注文されます。

内容は、塩おにぎり、具沢山お味噌汁、小鉢、お飲み物です。

けれど、飲食店というよりは、
「子連れで気軽に行けるコミュニティ広場でご飯も食べられて楽チン」
というようなお店なので、
メニューでお客さんが来てくださるのは少し気がひけるほど、普通の味です。笑



それから、お子さんのようの食事やおやつの持ち込みは原則NGで、

お子さん用の食事も注文するのが、暗黙の決まり事です。

いろんな手間をかけて運営されているお店なので、

このルールは、お客さんのマナー範囲のことですね。


ということで、厳格なベジタリアンの方以外なら、

十分利用価値のある、素敵なカフェだと思います★



↑ドッグカフェやら猫カフェもいいけれど、ヒューマンキッズカフェこそもっと増やそうよ、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif
Technoratiのタグ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。