スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体が喜ぶ食事をマイペースで続ける 「のら」 愛知県名古屋市

2009年05月20日

しつこく「オーガニックがおいしい。店」の頁をめくって読み込んでいますが、

「お、ここよさげ」と思ったら、

すでに自分で発掘して紹介していたお店も結構ありました。

まだ未紹介だったこちらのお店は、

愛知県で紹介する8店目となり、

これで愛知県は、沖縄県を抜いて

(このブログで紹介した)ベジ店数で都道府県中7位に浮上ですね・・・

と勝手に裏で都道府県バトルを戦わせており、

わずか1店しか紹介していない県

(青森、山形、高知、秋田、三重、岩手、大分、福井、富山、宮崎、
 長崎、鳥取、島根、徳島、香川、愛媛、滋賀、鹿児島、和歌山、石川、埼玉、
 って書きだしたら結構な数。まさにロングテールだわ)


の底上げを目論んでいますので、よろしく。


ベジ店がなかなか充実している愛知県名古屋にあるこちらのお店、



名前の由来は、

「体の弱い私(お店代表の女性で昔アトピーだった)でも、
 のらりくらいとしたペースだったらなんとかやっていける」

という意味がこめられています。



平日ランチは日替わり定食で、リピーターの方は回数券がお得。

テイクアウトのお弁当も、ディナーもあり、

豆乳スムージーや赤シソのカクテルなど、ドリンクも充実しています。

▼▼愛知県の他のお店はこちら▼▼

- 隠し味ではなく魔法の一つまみ「Pinch of Salt|ピンチ・オブ・ソルト」愛知県名古屋市

- 国産食材90%以上の緑提灯が灯ってます 「ロハス ひまわり」 愛知県犬山市

- 季節限定・精進揚げ御膳 「ひさご@ウェスティンナゴヤキャッスル」愛知県名古屋市

- 11階からお城の絶景とマクロビコースを堪能 「クラウン@ウェスティンナゴヤキャッスル」 愛知県名古屋市

- 開業保健婦さんが蒔いた種 「pupu kitchen」 愛知県名古屋市

- 引き継いだ種を大切に 「花小路」愛知県名古屋市

- 【閉店】もどき肉を使った老舗台湾料理といえばここ 「健福」 国立、立川、名古屋
 (ショック、つい先週閉店してしまったようです・・・こちらのブログ記事より情報入手)


↑名古屋って納豆コーヒーゼリーサンドみたいな奇抜飯から、ベジ料理のような地味飯まで許容範囲が広いんだね、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif
スポンサーサイト

隠し味ではなく魔法の一つまみ「Pinch of Salt|ピンチ・オブ・ソルト」愛知県名古屋市

2009年05月06日

連休中に実家の本棚を整理していたら、

私より一足先にマクロビにはまっていた姉が昔買い込んだと思われる、

やまもとようこさん編集長時代のオレンジページムックを大量に発見。










レシピはもちろん、やまもとようこさん編集本独特の大きくばっちりとした写真で

ダイナミックにおいしそうに載っていて、

さらに、オーガニック系のお店もたくさん紹介されていました。

数年以上前の本にもかかわらず、掘り出し物のお店情報満載で、

「掃除・整理をすると、風水的にもよいとかいう以前に、

ダイレクトにお得だわ」とほくそ笑みました。





左上の「素食がおいしい。Vol5」に載っていたのが

こちら、名古屋市内にあるマクロビ・オーガニックカフェ。

「なんで今までアンテナに引っかからなかったんだろう!?」と

やや悔しかったりして。


「塩ひとつまみ」を意味するお店の名前には、

野菜本来の味を引き出す、

というマクロビオティックの大切なコンセプトがこめられています。


オーナーは、マクロビで体質を改善した経験を持つご夫婦。




市内だけれど緑豊かで、広々とした広場があり、

東京でいえば武蔵野市吉祥寺あたりのような、穴場かな。

ランチメニューは、

マクロビランチプレートや、カレー丼、

スイーツはヴィーガンとノンヴィーガンの両方あります。


↑丁寧な取材が反映された紙媒体というのはやっぱり貴重だね、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif
save

国産食材90%以上の緑提灯が灯ってます 「ロハス ひまわり」 愛知県犬山市

2009年04月01日

過去に情報を入手していながら、紹介していないお店というのは、

たいて、お店専用のホームページがないところ。

少し待てば、どこかにHPらしきものができるかな、と後回しにするわけです。


こちらも、「東京都以外の他県ベジ店」を積極的に収集していたとき見つけていながら、

そんな理由であえてパスしたお店の一つですが、

待った甲斐がありました。


お店専用のホームページではないのですが、

面白い趣旨のサイトに登録されていたのです。

lohashimawari-hp2.jpg

まずはお店のベジ食事紹介ですが、

一日20食限定の日替わり「玄米菜食ランチ」。

砂糖や化学調味料は不使用の、完全ヴィーガン定食です。

(店内&お食事の写真は、グルメウォーカーや、自然医学総合研究所というサイトにも載っていました。)


で、登録されていた面白いサイトというのが、

「緑提灯」という日本の自給率促進を応援する活動サイト。



日本の自給率が低いことは、かなり前から取りざたされているけれど、

実際になされていることとえいば、

せいぜい、マスコミが少し取り上げたり、パンフレットを役所が配布したり、という程度。


もっと、形に見える、そして楽しい形で自給率アップを応援しよう、と

2004年4月に北海道農業研究センター所長が思いついたのが、

「日本の食材50%を使用した店舗を、緑提灯でアピールする」

というナイスなアイデア。


midori-chouchin1.jpg

赤ちょうちんならぬ緑ちょうちん、という

アフターファイブのお●じ、、あ、いや、おじさまなノリが最高です。

↑こんな笑いが絶えなさそうな雰囲気で

ウェブコンテンツの管理から、提灯製作まで、いろんな立場の方たちが協力しています。


midori-chouchin2.jpg

日本の自給率が40%だから、

それを上回る割合(カロリーベース)で日本産食材を使用しているお店に★がつきます。

日本産食材の提供量が
50%超えたら、★
60%超えたら、★★
、、という具合で、
5つ星は国産食材の使用が90%以上のお店。


でも、

星の数を競うのが目的ではなく、

むしろ1つ星のお店に緑提灯をともしてほしい、

という思いに、共感。


そして、日本の自給率アップという目的だけでなく、

定年後も生涯現役で皆が何らかの形で社会に接する形で働くことで、

超高齢化社会の日本を活性化するべき!

という意味でも、

こういう活動は、すごく頼もしいな、と思います。


ベジ系のお店の多くは、国産の食材を使うよう心がけているから

この運動の対象になるのだけれど、

オシャレな女性向けのお店だと、ちょっと提灯はつらい・・・よね?

可愛いくデフォルメしたステッカーとかにして、入口に貼ってもらう、

とかだったら、どうだろう?


犬同伴OKのステッカーとかも最近結構みかけるけど、やっぱり可愛いもんね、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

季節限定・精進揚げ御膳 「ひさご@ウェスティンナゴヤキャッスル」愛知県名古屋市

2008年11月22日

揚げ物は、たまに美味しいお店でいただくのが一番、

と(揚げ物を料理するのが苦手・・・というか怖い)私は思う。

昨日紹介したウェスティンナゴヤキャッスルの限定プランページに、

精進揚げ御膳プランを発見。

hisago.png

hisago1.png

湯葉揚げひつまぶし、美味しそう。

11月限定だけれど、もしかして人気があれば、

予約限定メニュー、はたまた定番メニューへの昇格があったりして?


↑あったかいご飯にかりっとした天ぷらーーーー、と妄想が膨らんだらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

11階からお城の絶景とマクロビコースを堪能 「クラウン@ウェスティンナゴヤキャッスル」 愛知県名古屋市

2008年11月21日

東京や大阪の一流ホテルのレストランには、ちらほらと見かけるようになってきた

ベジタリアン・マクロビオティックの特別コース。

名古屋のウェスティンでも、通年メニューとして定着しているようです。


nagoyawestin1.png

crown1.png



お城のすごい絶景に甘んじず、

トレンドを汲み取って、新しいメニュー開発に勤しんでいるところが、一流。


nagoyawestin2.png



6000円のこのコースの、素敵な写真は、

こないだ紹介したEnjoy Cafe Ohanaブログのこの記事をぜひご覧あれ。

(同じ記事に、これまたつい最近紹介したSanbuも載っているので、私の情報源がバレちまいますが、

ま、こうやって、芋づる式に、いや電脳クモの巣的に、情報をちまちまと集めているわけです。)



↑お城の中で食事するよりお城を見ながら食事する方がいいや、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。