スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台一押し、ラブリーなヴィーガンカフェ「ノワイヨ|Noyau」宮城県仙台

2010年06月14日

仙台での短い滞在中に、欲張りな私が訪ねてみようと狙っていたのは、
おひさまや」に加えて、こちらのもう一店。

2年前にこのお店をネットで発見したときは、完全ヴェジでない記憶があるのですが、


今回ホームページをよく見たら
「ヴェジタリアンカフェ ノワイヨの料理とお菓子は、
 肉、魚、卵、乳製品を使わずに植物だけでつくっています」

とのことなので、厳格ヴィーガンの方も安心です。



まだ開店していないと知りつつ、「おひさまや」に続いて偵察にいったら、
白い額縁に入ったエレガントなランチメニューがお出迎え。
大きく「ヴェジタリアンランチ」と書いてあるのを見て、
お昼はここ!と即決。



ややはしたないと思いつつ、開店前のお店の中を、窓越しにじろじろ偵察し、
その素敵さに感動!








ランチタイムに再訪して、今度はお店の人の許可をちゃんととった上で、
じっくり写真を撮らさせてもらいました。



アロマや雑貨のセンス良いブティックとして十分成り立っている上、
店内中央になんとも可愛いキッチンスペースがあります。
「屋根」とラティス枠に囲まれた白いカウンターは、
生クリームを塗ったパウンドケーキみたいにキュートでありながら、
料理のための空間の境界線を毅然と引いてる。





上の右の写真をよく見ると、奥にもう一つ部屋があるのが見えますか?
そこは、アロマのボトルがきれいに並べられていて、真ん中にテーブルがあり
アロマ教室などが開催されているとのことです。



雑貨売場とキッチンと教室と、そしてカフェを一つの空間にまとめあげた
そのセンスのよさに感心します。





月替わりの平日ランチがこちら。
玄米ピラフとチリビーンズとマチェドニアというフルーツポンチの
比較的シンプルなワンプレートですが、
ピラフの型といい、薄紫のプレートといい、
(そしてニッターの私としては、黒のレース編みコースターもツボ!)
ほどよい可愛らしさに「来てよかった!」とハッピー度アップ♪



チリビーンズの塩加減もマチェドニアの甘さ加減もちょうどよく、
文句のつけようなし。



そうそう、コーンポタージュもついてきて、
これが、ちゃんとトウモロコシの実を削ぎ落とすところから作った、
すごく丁寧な味と食感がして、じんわり幸せ。



追加で、チャイティーとビスコッティもいただきました。





ごちそうさま!




一歩外に出ると、実はかなり大きな交差点なのですが、店内は別世界です。
下の左の写真に3つ並ぶビルの一番右側、手前のベージュ色のビルの1階。
仙台駅から歩いて12分ほどです。






ランチと一緒に出された小さなメニューカードの裏に
素敵な信条が書かれていました。

「いろいろな国のベジタリアン料理をママの気持ちで手づくりします。
 たべられないものがある人も、ない人も、
 みんないっしょに楽しく食べられますように。」



ノワイヨ (カフェ / 五橋、あおば通、仙台)
★★★★ 4.0


スポンサーサイト

マクロビ食材&カフェで東北べジ文化にぬくもりを「おひさまや」宮城県仙台市

2010年06月09日

仙台への日帰り出張の前に、
「このサイトを一番活用しているのはおそらく私だわ」とほくそ笑みながら
Sweet Earthで仙台のべジ店をささっと調べました。

新幹線で一時間ちょっとなので、すごく近い感覚でいたのですが、
駅に降り立ったら、東京よりも格段に空気が冷たくて、そしてきれいでした。

朝から空いていて、仙台駅から徒歩範囲のこちらのお店が、
一番目のめあて。





開店と同時に到着したところ、朝は物販のみで
食事はランチタイム11:30~14:00からとのことで、残念。




お店のスタッフの方たちにとっては
朝の準備で一番忙しい時間帯だったのでしょうが、
店内の写真を撮らせてもらえるか聞いたところ、快諾してくれたので
雰囲気だけでもご紹介。



ここはリマの支店?と思うくらい、物販スペースに
見慣れたマクロビ系の食材が充実しているのが印象的でした。



店頭の野菜売場はまだ準備中だったけれど、
野菜の種類は下手するとリマよりも充実しているかも?

いやはや、このお店は仙台周辺のベジタリアン・マクロビアンにとって
とっても心強い存在ですね。





次に仙台を訪れる機会があったら、ぜひランチかカフェタイムに食事したいな。


おひさまや (自然食 / あおば通、仙台、五橋)
★★★☆☆ 3.5

オーガニックでマクロビでした「おひさまや」宮城県仙台市

2008年07月28日

東北の中では、仙台のべジ系レストラン充実度が結構高いかも。


一般に、「オーガニック」=「ベジタリアン」なわけではないので、

ここもベジタリアンメニューは特にないかな、と思いつつ念のためのぞいたら、

ベジタリアンメニューが基本のお店であるらしく、

さらに、「マクロビオティック寄り」ということが判明。


sunny1.jpg


べジやマクロビをあまり前面に出さないのが、今のトレンドなのかも。

店内の写真は、こちらのブログにちらっと載ってました。

にんじんジュースが濃厚そう。




↑東京ではべジメニューを出す普通のお店がだんだん増えてきている気がするのだけれど、他県でのそういうお店情報もほしい、と思ったら、ぽちっと。

↓本家サイトはこちら。血圧が下がって半日ダウンしてしまった。でもコンピューターがダウンするよりましさ。アップグレード作業再開せねば。
sweetearth_logo.gif

食料庫のアーカイブスが巨大で超充実「フレデリックパントリー」宮城県仙台市

2008年07月27日

日中、街中を歩けば、

巨大オーブンの熱気にさらされるシミュレーション気分を味わいながら、

ヘンゼルとグレーテルって、オーブンの中に閉じ込められていたよなあ、

と、思考も目つきもまともに定まらない今日この頃だからこそ、


screenshot-01_20080728003401.jpg

こんな、秋・冬っぽいビジュアルに、癒される・・・。


screenshot-02_20080728003412.jpg

でも癒しでオシャレなだけじゃないです、このお店。

行ったことないけれど、ほぼ断言できる。

この↓「ベジタリアン(肉、魚、卵、乳製品使ってない)・ランチ・クロニクル」のようなページを

メンテするのって、相当の気合いと集中力がないと、無理。






11.jpg2_20080728003712.jpg3_20080728003716.jpg



圧巻、の一言。

ちなみに、これは2002年から2005年の記録で、

2006年から現在のは、こちら


以前ご紹介した、静岡「ラーメンどん」のラーメンブログと、

茨城「マリンのおやつ」のべジレシピのぺ-ジに匹敵するわ。




↑継続と積み重ねは力なり、と思ったら、ぽちっと。


↓本家サイトはこちら。アトピーも出ていないし、体調は悪くないと思うのだけれど、さすがに疲労気味で、アップグレード作業を今日もお休み。
sweetearth_logo.gif



一日一組限定の東北マクロビオティックレストラン「ポチマロン」宮城県仙台市

2008年07月24日

元祖ベジタリアン、宮沢賢治の地だから、岩手にはたくさんべジ系のお店があるかと思いきや、

いきなり大苦戦。


「岩手県 ベジタリアン」で検索して、一番最初に出てきたのが、

「ベジタリアンチキン」。

screenshot-03_20080725080455.jpg

もどき肉のことかと思ったら、なんと!

「野菜を中心に与えて育てている、癖のない旨味たっぷりの銘柄鶏」

のことでした。

食用肉となる動物が野菜しか食べていなければ、確かにベジタリアンだ。

その発想にしばし、絶句。

草食動物は皆、草食なんだから、ベジタリアンなわけで、そんなに驚くこともないのだけれどさ。。


気を取り直して、いろいろ探してみたものの、

見つかったのは「自然食」的なお店のみで、

ベジタリアン向けのメニューを用意しているところはなかなか見つからなかったので、

東北全体にサーチを拡大。


仙台に、創業14年、一日一組限定のマクロビオティックレストランを発見しました。

screenshot-04_20080725080502.jpg

一組といっても、2名から12名までOKなので、プチパーティができるね。


余談ですが、「仙台発!プチマクロビ生活」というブログの「井戸端会議」に、

こんな一行が。

福島県と岩手県のマクロビオティックのブログってのは見ないね?

なるほどー、土地柄ってあるのかな。


福島は、祖父母の出身地でたまに行くので、そのうちべジ店を探してみたいとは思っていたのだけれどね。


↑ベジタリアンがベジタリアンチキンを食べたら「共食い」? でもそしたらベジタリアンじゃなくなる、
  って、そんなどうでもいいこと考えちゃう私は暑さでヤラれていると思ったら、ぽちっと。


↓本家サイトはこちら。暑さで連日寝不足のため、昨夜はアップグレード作業に取り組めず。
sweetearth_logo.gif





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。