スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐賀県地元産の厳選食材でマクロビオティック「玄米食 おひさま」 佐賀県佐賀市

2009年05月15日


こちらのマクロビオティックレストランは、マクロビオティック歴20年弱のお母さんと、洋風マクロビレシピが得意の娘さんが一緒に運営しています。

お店のホームページには載っていないディテール情報を提供してくれたのは、そう、GWに発掘したこの本です。しばらく使い倒します。)


地元の有機農法の生産者とのつながりを大事にして、

野菜からお味噌、お醤油など、厳選したものを使っているそうです。


ホームページのリンゴタルト(かな)、シンプルだけれど華やかで素敵。




レストランだけでなく、料理教室やオーガニック食材の販売も行っていて、

佐賀県に4店舗あるニコーというショッピングセンターで、

こだわり自然食コーナーを展開しているあたり、なにげにヤリ手です。



レストランでマクロビオティックとかオーガニックの自然食系のお食事がおいしい、

と思ってもらうことも、もちろん大切だけれど、

自宅でも気軽に自然食にトライしてもらうためには、

食材を気軽に入手できるようになることが大切。

準大手のスーパーの店舗内で、こういったコーナーを始めるというのは、

そういったインフラ作りへの貢献大だなあ、と感心しました。



ホームページの「活動・レシピ」はリンク切れしていたのですが、

娘さんが書いているお店のブログがあり、

そちらで絶賛紹介されていた「無添加手作りリップクリーム」

Ombrage(オンブラージュ)という、手作りの自然派石けん&ハーブコスメのサイトに、

お店に込められたオーナー母娘さんの思いが引用されていました。


↑印刷媒体の方が形に残るけれど、ウェブ媒体も意外なところに情報が点在していて面白い、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif
save
スポンサーサイト

日祝限定の農家メニューバイキング 「農家レストラン 野の花」 佐賀県佐賀市

2009年04月30日

持ち寄りホームパーティにお呼ばれされたのですが、

ここのところどたばたと忙しく、仕事から直行したので(言い訳がましい・・・)

お料理を用意する余裕がなく、

でも長らく顔を合せていない面々に会いたくて、

手ぶら参加。

すみません、、、と恥ずかしくなりつつ、

料理上手な友人たちが作った、手まり寿司やベーグルや煮物やサラダを

たらふく食べて、赤ちゃんと遊んで、ひとしきり笑って、

ハッピーなひとときでした。


高級なレストランもウキウキするけれど、

おかずを持ち寄ってシェアするお食事って最高だな、と

(おかずを持ち寄っていないくせに)しみじみ。


こちら佐賀県のバイキング・レストランも、

おそらくそんな大らかな雰囲気な気がします。

農家の主婦の方たちが、日曜・祝日に

地元野菜をふんだんに使った30種類ほどの品々で腕をふるいます。




やまびこ交流館は、

「1930年建築の農家を移築・復元した建物」。


こちらのメニュー画像を見る限り、

天ぷらの衣などに卵がおそらく入っている以外は、

ほとんど野菜オンリーのようです。





平日も、30人ほどの団体であれば予約可能だそうです。

それこそ、ホームパーティモードで楽しめそう。



しかし、主婦の仕事だって忙しいだろうに、

農家の方ってすごい働き者!

「あら、こんなのいつもうちで作っている料理の延長よ」

とか言いながら、ちゃちゃっと作っちゃうんだろうなあ。


見習って、私ももう少しフットワーク軽く料理するようにしようっと。



↑料理が得意、の定義って、センスや技術よりも、料理するのが楽しくて面倒でないと感じることだろうな、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

アンティーク古伊万里でいただく精進料理 「むくの木」 佐賀県佐賀市

2009年04月08日

このブログで紹介してきたお店が所在する都道府県を数えてみたら、

37県、でした。

どうせなら全国制覇しちゃおう、ということで、

まだカバーしていない県を狙い撃ち(・・・物騒?)していきます。


佐賀県、伝照寺に伝わる精進料理(要予約)をいただけお店。

お寺もお店も、ホームページが見当たらないのですが、

風情ある外観と、凛と健やかなお料理の素敵な写真が

たっぷり載っているブログ記事を発見。

200-mukunoki-blog-comomo.jpg

日本庭園は必見らしく

お料理は、唐津や有田、古伊万里などの器(250年前のものなども!)に盛られてくるそうです。


↑使ってこその器とはいえ、数百年前の古伊万里を使うのは勇気いる!とドキドキしたら、ぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif


--------------------------------------------
【Sweet Earthの更新情報】

▼5軒追加登録。
 「へるしー堂生」は、これまで紹介してきた中で
 ダントツの強烈なインパクトを放っているお店ですが、
 店名は店主の芸名(?)でもあることが判明。
 店主の別サイトもついでに登録しておきました。
オーガニックカフェ メリッサ
シークレット&ヘルシーBAR
楓雅
麹町カフェ
Vivo Cafe



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。