FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透明感ただよう嵯峨野おうちカフェ 「MOMI CAFE」 京都

2008年10月26日

昔のピリピリした自分に比べれば、

今の自分はずいぶん丸くなったと思うし、

昔も今も、自分のこと別に嫌いではないけれど、

でも、超客観的に考えると、

もうちょっと透明感、すっきり感みたいなものが必要だよなあ、と思う。

つまり、

ごちゃごちゃ考えたり、ぺちゃくちゃしゃべったり、

そういうのをもう少し削ぎ落とせていければなあ、と思う。

(できれば、老化現象で思考や発話能力が低下するとかいう形ではなく・・・笑)


このお店のホームページ見たとき、

あ、私が自分に求めたいのは、こういう感じの透明感かも、と思った。



momi1.png

無機質すぎないシンプルさがいい。

さらっとした緑も、可憐なピンクも、少し孤独な青も、ほっとする。

ロゴのフォントも毅然としていて、好き。

momi2.png

そして、精進ランチの盛り付けも、鮮やかシンプルで印象に残る。




・・・と、珍しく神妙なベタ褒め調で書き綴っていたら、

なんと、

お店のブログ「ホームページがかわりました」というエントリーが目に入り、

新しいホームページがあることを発見。

こちらも素敵だけれど、前のホームペ-ジより絶対こっち!というほどではない気が。

(察するに、更新が簡単なブログベースのHPに乗り換えたかったのかな・・・。)


momi4.png


店内の写真がたくさん載っているので、リアル情報源としてはこちらの方が優れているけれどね。


↑結局ごちゃごちゃぺちゃくちゃモードじゃない、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

麩一筋320年 「半兵衛麸」 京都

2008年10月25日

創業元禄・・・って何年?

答えは1689年!!

(やっぱり、創業明治24年ていうのは、京都的には、まだまだベイビーだったのね。)

今の社長は、11代目だそうです。

お麩一途で320年って、すごすぎる。

「京麩」はこのお店の登録商標というのも、その歴史とコミットメントに敬意を表して、誰も異存なし!

hanbey1.png

「むし養い」という京麩・京ゆばフルコースが看板メニュー。

(「むし養い」とは、

空腹でお腹がキュッと鳴るのをおさえるための、簡単なお料理のことだそう。)

ヴィーガンもしくはベジタリアンかどうか、電話で確認してみたところ、

・お魚、お肉は具材として一切使ってない。

・出汁はかつお。

・生麩でんがくのお味噌に卵が少し入っている。

とのことでした。


↑麩の中でもお吸い物によく入っている鞠の麩がかわいいよね、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

煩悩と向き合うリアルな精進料理グランジカフェ&バー「彌光庵(みこうあん)」京都

2008年10月24日

浄土真宗の元お坊さん(女性!)が、お寺のお坊さんとしてではなく、

煩悩(飲酒含む★)と向き合いながら、一般の人と同じ目線で仏法を広めたい、という思いで

始めた一風独特な雰囲気の漂うお店。



mikoan1.png
mikoan2.png


お寺でいただく精進料理がクラシック音楽だとしたら、

ここは、オルタナティブ系ですね。



mikoan4.png

広く一般受けする心地よい音楽ではないかもしれないけれど、

そこに凝縮されている熱い思いを感じ取れる人には、ぐっとくる世界。

出される料理は、出汁なども含めて完全ベジタリアン。


「諸行無常カレー」が名物らしい。

「毎日の野菜が変化するから」というネーミング由来に、

画一的な質・味管理とはまったく逆の発想だわ、と目からうろこ。


そして、お店グッズのページで見つけた、「手作りおしゃかさま人形」に目がくぎづけ。

ピクチャ 3

奈良でマント君だかセント君だかが話題になっていましたが、

京都のマスコットキャラ候補として、この「手づくりおしゃかさま」にぜひ立候補してほしい。




↑女性の元お坊さんのRestaurant&Bartがあるとは、京都はやっぱりディープだ、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

精進駅弁 「萩乃家」 京都駅

2008年10月22日

さすが、京都!

スローフードだマクロビだ、と騒がれるずっと前から、

京都駅では精進弁当が定番駅弁だったことを知りました。



bento.png


しかも、この駅弁を作ってる会社は、

「創業明治24年以来、駅弁一筋。」


bento4.png


◆TV/雑誌で話題、その他、テレビで紹介されたお店です。
◆大変ご好評いただいております。
◆配達も致します。

という今どき(?)ぽいアピールの合間に、

◆明治より営んでおります。

という歴史が埋もれているのが、なんだか笑える。

京都だから、別に明治なんて超最近じゃん、てノリなんでしょうか。

しかし、明治時代から駅弁ってあったんだ。

日本人って、鉄道好きが多い国だもんねえ、、、


で、この精進弁当が、鉄道マニア(と思われる方)のホームページで紹介されていたのですが、

明らかに、ロハス・スローフード・ナチュラル・ベジタリアン女子とは違う、

その視点とプレゼン法に圧倒されてしまった。


bento2-1.jpg


なんか、もう食べた気分になりました・・・笑。


↑べジ駅弁が他にもあるか、鉄ちゃんサイトにもぐりこんで探してみればいいじゃん、と思ったらぽちっと。

↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

ぜんぶひらがなでどうだ! とろろごはん 「おからはうす」 京都

2008年10月21日

更新遅れ気味ですが、京都のネタ切れというわけではないのです。

いろいろ見つけているのですが、はっきりとベジタリアンもしくはヴィーガンメニューなのかどうか

確認がとれなくて、あっちこっち探しているうちに時間切れ(就寝タイム)みたいな感じ。


とりあえず、ほぼそうじゃないかと思えるところをご紹介して、

後日まとめて電話などで確認してみます。


同名の、ナチュラルハウスなどで売っているおからクッキーブランドがありますが、

このお店は無関係のようです。


okara.png


「五穀米のとろろごはんランチ」は、五穀米に、味噌汁とおからとおかず2品がつく、、、

って、ほぼ間違いなくヴィーガンだよね

こちらのブログ記事からしても、多分そうだし


お店にお電話して確認して、以下のことが分かりました。

五穀米のとろろごはんランチという定食一種類のみ。

出汁はかつお(+昆布など)でとっている。

事前予約でも出汁レベルからの対応は難しい。

おかずはお肉はほとんど使わないし、お魚もたまに。

一言いえば、お魚を冷や奴などに変えられるし、基本的にほとんど野菜。

つまり、ベジタリアンでもヴィーガンでもないけれど、かつお出汁さえOKなら、柔軟に対応してくれる、ということでした♪



私自身はともかく、

在日外国人向けのベジタリアンサイトなどを見ていると、

「厳密にヴィーガン、ベジタリアンかどうか分からないと困る」みたいな人が多いので、

できるだけそういう情報はきちんと収集していこうと思ってます。


↑アレルギーとか魚NGな宗教(そんなのってあるっけ?)とかでない限り、鰹出汁は問題ない気がするのだけどね、、、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。