スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀閣寺のそばでヴィーガン無国籍料理 「Village」 京都

2008年10月31日

京都の地理、まったく理解していないので、

これまで京都のお店を地区別に分類してきませんでしたが、

こちらの京都ナビサイトでは、

このお店は「銀閣寺・岡崎」というエリア名で登録されていて、

東京の「代々木八幡」とかだって、似たようなことだけれど、

でも、やっぱり銀閣寺っていう響きは一味ちがうなあ、、、と

すっかり、京都コンプレックス持ちの東京人目線で、ため息。


さらにいえば、やっぱり「金閣寺」なんていうエリア名だったら、

すごいバリューありそうだけれど、なぜか「金閣寺」というエリアは登録されてなかった。


village1.png

このお店は、地域名のブランド力なんてことに気をとらわれず、

ヴィーガン料理を作り、ヨガイベントなどを開催し、明るくまっすぐ運営している感じ。

そして、

「使うお水は近くの神社まで汲みに」いってるんだって!

これこそ、(多分良い)念が入ってそう♪


↑京都で10月最後までつなげたね、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif
スポンサーサイト

開店数ヶ月でまだ初々しい「Vege Note」 京都

2008年10月30日

今年の夏にオープンしたばかりらしい、ベジタリアン・レストラン。

vegenote1.png

消しゴムはんこのようなロゴがとっても可愛くて、好印象。

ホームページが工事中で、しかもタイトルが「VEGINOTE」と、お店の名前がミススペルしているところが、

なんだか微笑ましい・・・(って失礼かな?)


お店に行かれた方のブログ記事に、お店の外観と、お料理が載っていました。

情報があまりまだないけれど、期待できそうだと直感したので、

(それから、間違いなくベジタリアンのお店なので)

ご紹介まで。

ぜひ、行ってみて、レポートしてください♪


↑データ収集係に徹するんだね、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

日本最大禅寺入ル湯葉引き上ル 「阿じろ」 京都

2008年10月29日

ベジタリアンになる前は、懐石料理も精進料理も、伝統的なハイソ(死語?)和食の一種、

というくらいにしか認識していなかったけれど、

どちらもそもそもの意図は高級ということではなく、

そして植物性のみで作っているのは精進料理の方、

ということをさすがに学習しました。


こちらは、日本最大級の禅寺御用達の精進料理店。


ajiro1.png

ajiro2.png

精進料理コースももちろん素晴らしそうだけれど、

わたし、この引き上げ湯葉がいい!

ちなみに、こういうDIY的な料理って外国人すごく喜びます。

(なんて偉そうに言っている私が一番喜んじまう。日本人じゃない、と言われるゆえん。

でもそんな素振りは見せずに、

「精進料理の眼目は、
旬の野菜を使うこと、
材料を生かしきること、
念をいれることの三点です」


とさらっと説明できたら、かっここいいかも。)






↑おー、京都と福岡がタイじゃん、と気づいたらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

お漬物が主役のお寿司 「割烹きよす」 京都

2008年10月28日

お寿司やに、お漬物を食べに行くというのは、

焼肉屋に野菜炒めを食べに行くようなことだから、

ちょっと恥ずかしいような気もするけれど、

でも、「つけもの寿司」が看板メニューのこのお店なら安心。

「ベテランドライバーがおすすめする京の旅」というJTBの記事で紹介されてました。


kiyosu1.png
kiyosu2.png


あ、でもおそらく最初に知ったのは、まるまさんのべジサイトの記事だわ。

そうそう、まるまさんでふと思い出した。

まるまさんのサイトの管理人のあか虫さんのブログに載っていた、台湾料理のすごいべジ中華料理ビュッフェ

べジお寿司、もどき料理が得意な台湾料理人たちに作ってもらったら、

鮮魚そっくりの食感のネタをうみだしそうな気がする・・・。

台湾、夏暑そうだから、冬に行きたいなあ。

(ちょっと疲労気味で、支離滅裂だ・・・。)


↑台湾じゃなくて京都の話にもっていかなくちゃダメでしょうが、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif

そばマクロビオティック 「「咲家(さくや)つる丸」 京都

2008年10月27日

マクロビオティックは決して、植物性以外のものを全否定しているわけではなく、

実は、解釈・応用の幅が結構広い。

(それだけ、逆に誤解もされやすいのかもしれないけれど。)

だから、

「そばマクロビオティック風」と言っても、完全ヴィーガンとは限らないと思い、

電話で確認してみた。


soba1.png



そしたら、厳密なヴィーガンではないとのこと。

たとえば今月の「そばマクロビオティック」は、

れんこん揚げもち、さつまいものサラダ、おそば、そば飯(オリジナルの玄米を使ったご飯)。

出汁はかつおが入っていて、

あと、そば飯にちりめんじゃこが少量。

それ以外は、全部植物性、とのことでした。


↑上の日経BPの記事、ビジネス視点でこのお店を紹介していて、新鮮。

マクロビオティックを、他のお店との差別化の手段として使っているのだけれど、

決して表面的な印象は受けないし、

繁盛しているということは、ノンべジの「ネクタイ族」でも満足する味になっているってことだよね。



↑個人的な思い入れがあって突っ走るより、冷静な分析のもと導入したほうが、結果的に多くの人に伝わるときってある、と思ったらぽちっと。


↓本家サイトはこちら。
sweetearth_logo.gif





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。