スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルな見た目を侮ってはいけない濃厚ヴィーガン担々麺「T's レストラン」自由が丘

2012年02月27日

すごく久しぶりに自由が丘に降り立つ用事があったので、
以前から良い噂を耳にしていた完全ベジのレストランに
寄った。

腹時計がマイペースな私にとって、
ランチとディナーの間の時間帯も営業してくれるお店は、
それだけでポイント高い。

きらびやかなファッションビルの地下1階に
ヴィーガン専門飲食店があって、
しかも繁盛しているのが何とも嬉しい。

ちんげん菜と大豆挽肉がのった豆乳担々麺は、
見た目がかなりシンプルだけど、
思ったより器が大きい!
そして味は濃厚!



これはノンベジの人でも十分満足すること、間違いなし。

個人的に、細めの麺がとても好みだった。

隣のカップルが食べていたパフェが
美味しそうだったので、次回はそれ!

東京駅内にも店舗出しているから、
出張がえりなどで小腹が空いたとき用に覚えておいて
損はないわ。
スポンサーサイト

完全菜食の薬膳ラーメンで体ぽかぽか |ちゃぶ膳(下北沢)

2012年01月24日

しばらくベジ食べ歩きから遠ざかっている間に、近所の下北沢~代々木上原周辺に幾つかナイスなお店が出現していた!

まずは、下北沢北口方面の住宅街にいつのまにか現れた、薬膳のカレーとラーメンの小さなお店。

店主が薬膳にはまったのは、自身が肺気腫を患った際に出会った医師から薬膳について教わったのがきっかけだそう。

お店を始めてから、ツイッターやfacebookの声でヴィーガン(完全菜食主義)という概念を知り、 お客さんの要望に応えるために、スパイスを一から組み立て直して、 動物性食材なしでも濃厚感やスパイスの香りで負けぬよう、 ヴィーガンメニューを開発したそう。

下北沢経済新聞で「ビーガン向けのカレー&ラーメン 薬膳料理店が独自開発」という記事になってた!

確かに、かなりスパイスが効いていて、体が即効ぽかぽかしてくる! 麺も卵等を使用していない、完全ヴィーガンのものを使っているそう。

ノンヴィーガンのメニューと同じ値段で提供するのは、正直きついけれど、そこは踏ん張るだって!

偉い!

すっかりヴィーガン料理についても興味を持ち、いまや下北周辺の飲食店仲間に ヴィーガンメニューの宣伝(ベジ系女子が結構来るぞ!みたいなw)や コンサルをしているとか。

偉い!

店内にやたら宮崎あおいのポスターが貼ってあるのは、 「ファンなんです。なんとなく薬膳系って感じがして」だって。

完全に1人で切り盛りしているので、結構大変そうだけど マイペースに長く続けてほしいものです。

ベジおでんのメニューが気になり注文したら、 店先に出ていた保温鍋の中から具を取りに出て行った(笑)。

ちゃぶ膳、下北沢ちゃぶ膳、下北沢
ちゃぶ膳、下北沢

ありゃ、こんな「ある意味、史上最強」バージョンもあったのね。 今後頼みたいわ。

ちゃぶ膳、下北沢ちゃぶ膳、下北沢

下北沢北口の一番街から少し歩くけれど、 最近一番街もすっかりオシャレになったし、ぜひ足を伸ばして行ってみて欲しい。

15時半から17時半までお休み。 週末はこの時間帯もやってくれると有り難いなあ、と個人的には思うけれど、1人だからしょうがないか。

ちゃぶ膳、下北沢ちゃぶ膳、下北沢

天然酵母パンが美味しいジューススタンド「Frukutus|フルクタス」

2011年01月01日

明けましておめでとうございます。
こちらのブログを一年くらい放置していたと思っていたのですが、よく見たら6ヶ月でした。

気づけば2010年は後半、自分の台所でちまちま作っている方が楽しくなり、あまりベジ店の食べ歩きをしませんでした。

でも、巷のローフードブームで、ジュースやスムージーのことを少し気になった時に、こちらのお店のことを知り、何度か足を運んでみたときの写真を載せておきます。

1000001145.JPG

ジュースはもちろん、自家製のシロップや、天然酵母のパン、そして新鮮な野菜も買えます。

1000001151.JPG1000001162.JPG


初めて行ったときにテーブル席があった場所は今、シロップなどが綺麗に並べられた大きな棚が置いてあります。

1000001148.JPG1000001160.JPG


なので、イートインは、この丸いテーブル席のみですが、テイクアウトのお客さんが大半のようなので、私は週末のお昼に行っても座れました。

1000001146.JPG

1000001159.JPG1000001157.JPG


フルーツサンド、という響きが懐かしくて試してみたところ、天然酵母のパンがめちゃくちゃ美味しくて、具のフルーツとソースも甘すぎず、小さいのにお腹が大満足。

思わず、もう一つ別のパンもおやつのために買ってしまいました。

1000001166.JPG1000001174.JPG1000001172.JPG


しばらくたってから再訪したところ、ランチセット@1000円が始まってました。

ジャムサンドか、アボガド・トマトサンド。
フルーツかサラダ。
ドリンク。
バナナ。

1000001505.JPG

私はアボガドサンド、ジンジャードリンクを選びました。

1000001507.JPG

チーズが入っていたのでヴィーガンではないですが、パンがやっぱり美味しかった!
今更だけれど、天然酵母のパンって少し焼くと、もちっとして最高だね。
少しの量ですごく満腹感があるから、一度食べ慣れると、普通のふわっとした食パンでは物足りなく感じる。

1000001510.JPG1000001508.JPG1000001515.JPG


サラダも、野菜がすごく新鮮で、ドレッシングが美味しかったので、スタッフに思わず「何を入れているんですか?」と聞いてしまった。

「自家製なんです。玉ねぎと人参をたっぷり入れてます♪」と嬉しそうに答えてくれました。

そっかー、玉ねぎと人参と酢とかを思いっきりフードプロセッサーにかければ、こんな感じになるのかな。今度試してみよう。

ローフード系は、ドレッシングのバリエーションが豊かで参考になる。

1000001411.JPG1000001412.JPG


千駄ヶ谷の駅前って、ごみごみしてるんだか、だだっ広いんだかよく分からない不思議な場所だけど、駅前の横断歩道をわたって、東京体育館を左に見ながらまっすぐ行くと、商店街らしき風景が見えてきて、そのすぐ手前の右側です。

1000001407.JPG1000001414.JPG


細く長く続けてきたベジタリアン生活も今年で7年目に突入するので、新たな刺激とインスピレーションを求めて、気になるお店に足を運んで、ゆるりとブログ更新もしようと思っています。

2011年が皆さんにとって、明るく楽しい年になりますように!

仙台一押し、ラブリーなヴィーガンカフェ「ノワイヨ|Noyau」宮城県仙台

2010年06月14日

仙台での短い滞在中に、欲張りな私が訪ねてみようと狙っていたのは、
おひさまや」に加えて、こちらのもう一店。

2年前にこのお店をネットで発見したときは、完全ヴェジでない記憶があるのですが、


今回ホームページをよく見たら
「ヴェジタリアンカフェ ノワイヨの料理とお菓子は、
 肉、魚、卵、乳製品を使わずに植物だけでつくっています」

とのことなので、厳格ヴィーガンの方も安心です。



まだ開店していないと知りつつ、「おひさまや」に続いて偵察にいったら、
白い額縁に入ったエレガントなランチメニューがお出迎え。
大きく「ヴェジタリアンランチ」と書いてあるのを見て、
お昼はここ!と即決。



ややはしたないと思いつつ、開店前のお店の中を、窓越しにじろじろ偵察し、
その素敵さに感動!








ランチタイムに再訪して、今度はお店の人の許可をちゃんととった上で、
じっくり写真を撮らさせてもらいました。



アロマや雑貨のセンス良いブティックとして十分成り立っている上、
店内中央になんとも可愛いキッチンスペースがあります。
「屋根」とラティス枠に囲まれた白いカウンターは、
生クリームを塗ったパウンドケーキみたいにキュートでありながら、
料理のための空間の境界線を毅然と引いてる。





上の右の写真をよく見ると、奥にもう一つ部屋があるのが見えますか?
そこは、アロマのボトルがきれいに並べられていて、真ん中にテーブルがあり
アロマ教室などが開催されているとのことです。



雑貨売場とキッチンと教室と、そしてカフェを一つの空間にまとめあげた
そのセンスのよさに感心します。





月替わりの平日ランチがこちら。
玄米ピラフとチリビーンズとマチェドニアというフルーツポンチの
比較的シンプルなワンプレートですが、
ピラフの型といい、薄紫のプレートといい、
(そしてニッターの私としては、黒のレース編みコースターもツボ!)
ほどよい可愛らしさに「来てよかった!」とハッピー度アップ♪



チリビーンズの塩加減もマチェドニアの甘さ加減もちょうどよく、
文句のつけようなし。



そうそう、コーンポタージュもついてきて、
これが、ちゃんとトウモロコシの実を削ぎ落とすところから作った、
すごく丁寧な味と食感がして、じんわり幸せ。



追加で、チャイティーとビスコッティもいただきました。





ごちそうさま!




一歩外に出ると、実はかなり大きな交差点なのですが、店内は別世界です。
下の左の写真に3つ並ぶビルの一番右側、手前のベージュ色のビルの1階。
仙台駅から歩いて12分ほどです。






ランチと一緒に出された小さなメニューカードの裏に
素敵な信条が書かれていました。

「いろいろな国のベジタリアン料理をママの気持ちで手づくりします。
 たべられないものがある人も、ない人も、
 みんないっしょに楽しく食べられますように。」



ノワイヨ (カフェ / 五橋、あおば通、仙台)
★★★★ 4.0


マクロビ食材&カフェで東北べジ文化にぬくもりを「おひさまや」宮城県仙台市

2010年06月09日

仙台への日帰り出張の前に、
「このサイトを一番活用しているのはおそらく私だわ」とほくそ笑みながら
Sweet Earthで仙台のべジ店をささっと調べました。

新幹線で一時間ちょっとなので、すごく近い感覚でいたのですが、
駅に降り立ったら、東京よりも格段に空気が冷たくて、そしてきれいでした。

朝から空いていて、仙台駅から徒歩範囲のこちらのお店が、
一番目のめあて。





開店と同時に到着したところ、朝は物販のみで
食事はランチタイム11:30~14:00からとのことで、残念。




お店のスタッフの方たちにとっては
朝の準備で一番忙しい時間帯だったのでしょうが、
店内の写真を撮らせてもらえるか聞いたところ、快諾してくれたので
雰囲気だけでもご紹介。



ここはリマの支店?と思うくらい、物販スペースに
見慣れたマクロビ系の食材が充実しているのが印象的でした。



店頭の野菜売場はまだ準備中だったけれど、
野菜の種類は下手するとリマよりも充実しているかも?

いやはや、このお店は仙台周辺のベジタリアン・マクロビアンにとって
とっても心強い存在ですね。





次に仙台を訪れる機会があったら、ぜひランチかカフェタイムに食事したいな。


おひさまや (自然食 / あおば通、仙台、五橋)
★★★☆☆ 3.5




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。